DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.16) 結果

サムソン2位浮上  SSG3連勝で5位浮上

 

ハンファ 2-11 KT (水原)

(勝)デスパイネ 12勝7敗  (敗)キンガム 10勝7敗

 KTは1回裏にハンファの先発キンガムから5番ホイングの内野ゴロの間に1点を先制し、5回裏に3番カン・ベッコのタイムリーで2点、6回裏に9番チョ・ヨンホのタイムリーで1点を追加しキンガムをノックアウトした。KTは7回裏にハンファの2番手ユン・ホソルからチャンスを作ると、代わったハンファの3番手ユン・サンフムから4番ユ・ハンジュンのタイムリーと6番パク・キョンスへの押し出しの四球、さらに代わったハンファの4番手イ・チュンホから7番シン・ボンギのタイムリーで計3点を追加した。

 ハンファは8回表にKTの先発デスパイネから2番チェ・ジェフンのタイムリーで2点を返した。KTの2番手イ・デウン(元千葉ロッテ)は無失点に抑えた。KTは8回裏にハンファの5番手キム・イファンから代打チャン・ソンウのタイムリー、ホイングの犠牲フライ、シン・ボンギのタイムリー、相手の暴投で4点を追加した。KTの3番手アン・ヨンミョンは9回表を無失点に抑え、首位KTが勝利した。8回途中まで2失点に抑えたデスパイネは12勝目。KT打線ではシン・ボンギが3安打2打点と活躍。先発キンガムが6回途中4失点で降板した最下位ハンファは5連敗。

 

 

LG 1-2 NC (昌原)

(勝)イ・ヨンチャン 1勝3敗11S  (敗)コ・ウソク 1勝4敗28S

本塁打) LG : オ・ジファン 8号

 LGは2回表にNCの先発ソン・ミョンギから5番オ・ジファンの本塁打で1点を先制した。LGの先発イム・ジュンヒョンは5回裏まで無失点に抑えた。NCの2番手ウォン・ジョンヒョンは6回表に追加点を与えなかった。NCの3番手キム・ジンソンと4番手キム・ヨンギュは7回表に追加点を与えなかった。NCは7回裏にLGの2番手チョン・ウヨンから代打チョン・ジンギのタイムリーで1-1の同点に追いついた。

 NCの5番手イム・チャンミン、6番手イム・ジョンホ、7番手ホン・ソンミンは8回表を無失点に抑えた。LGの3番手キム・デユは8回裏、NCの8番手イ・ヨンチャンは9回表をそれぞれ無失点に抑えた。NCは9回裏にLGの4番手コ・ウソクから6番ノ・ジンヒョクのタイムリーで逆転サヨナラ勝ちし3連勝となるも、勝率の関係で6位に後退した。イ・ヨンチャンはトゥサンからの移籍後初勝利。NC打線ではノ・ジンヒョクが3安打3打点と活躍。LGは3位に後退。

 

 

キウム 5-7 サムソン (大邱ダブルヘッダー第1戦)

(勝)イ・サンミン 1勝1敗  (セーブ)オ・スンファン 2敗41S  (敗)キム・ドンヒョク 5敗1S

本塁打) キウム : パク・ピョンホ 19号  サムソン : ピレラ 28号

 サムソンは2回裏にキウムの先発キム・ソンギから5番ピレラ(元広島)の本塁打で1点を先制した。キウムは3回表にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから2番キム・ヘェソンの犠牲フライで1-1の同点に追いつき、4回表に6番パク・ピョンホの本塁打で3-1と逆転した。サムソンは5回裏にキウムの2番手キム・ジェウンから2番ク・ジャウクの犠牲フライ、ピレラへの押し出しの四球で3-3の同点に追いついた。キウムは6回表にサムソンの2番手シム・チャンミンから7番ピョン・サングォンのタイムリーで4-3と逆転した。サムソンの3番手イ・サンミンは7回表まで追加点を与えなかった。

 サムソンは7回裏にキウムの3番手キム・ドンヒョクから4番カン・ミンホ、代打キム・ホジェ、7番キム・サンスのタイムリーで7-4と逆転した。キウムは8回表にサムソンの4番手キム・ユンスからチャンスを作ると、代わったサムソンの5番手ウ・ギュミンからパク・ピョンホの併殺打の間に1点を返した。キウムの4番手ユン・ジョンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。サムソンの6番手オ・スンファン(元阪神)は9回表を無失点に抑え、3位サムソンが勝利した。イ・サンミンはプロ9年目にして初勝利。5位キウムではピョン・サングォンが3安打1打点と活躍。

 

 

キウム 4-5 サムソン (大邱ダブルヘッダー第2戦)

(勝)チェ・ジグァン 7勝1敗  (セーブ)オ・スンファン 2敗42S  (敗)キム・ソンジン 1勝3敗

本塁打) キウム : パク・ピョンホ 20号

 サムソンは1回裏にキウムの先発ハン・ヒョンヒィから4番オ・ジェイルのタイムリーで1点を先制し、3回裏に2番キム・ジチャン、オ・ジェイル、6番キム・ドンヨプのタイムリーで3点を追加した。キウムは4回表にサムソンの先発の高卒新人イ・ジェヒィから6番パク・ピョンホの2試合連続本塁打で2点を返した。キウムは6回表にサムソンの2番手ノ・ソンホからチャンスを作ると、代わったサムソンの3番手ムン・ヨンイクから代打キム・ウンビンへの押し出しの四球で1点を返し、2番手チョ・サンウは6回裏に追加点を与えなかった。キウムは7回表にサムソンの4番手チェ・ジグァンから5番ピョン・サングォンの内野ゴロの間に4-4の同点に追いついた。

 サムソンは7回裏にサムソンの3番手の大卒新人キム・ソンジンから3番ク・ジャウクのタイムリーで5-4と勝ち越した。サムソンの5番手キム・ユンスと6番手イ・サンミンは8回表を無失点に抑えた。キウムの4番手の高卒新人キム・ジュンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。サムソンの6番手オ・スンファン(元阪神)は9回表を無失点に抑え、サムソンが勝利し3位に浮上した。サムソン打線ではオ・ジェイルが3安打2打点と活躍。キウムは7位に後退。

 

 

キア 6-4 トゥサン (ソウル・蚕室)

(勝)イム・ギヨン 6勝8敗  (セーブ)チョン・ヘヨン 5勝4敗28S  (敗)キム・ミョンシン 3勝2敗

本塁打) キア : ファン・デイン 10号

 キアは2回表にトゥサンの先発の高卒新人チェ・スンヨンから8番ハン・スンテクのタイムリー、9番パク・チャンホへの押し出しの四球、1番チェ・ウォンジュンのタイムリーで3点を先制した。トゥサンは3回裏にキウムの先発イム・ギヨンから5番キム・インテの犠牲フライ、6番カン・スンホと7番ホ・ギョンミンのタイムリーで4-3と逆転した。キアは5回表にトゥサンの2番手キム・ミョンシンから4番ファン・デインの本塁打で6-4と逆転した。トゥサンの3番手イ・ギョフンは追加点を与えなかった。キアの2番手イ・ジュニョンは6回裏を無失点に抑えた。

 トゥサンの4番手イ・ヨンハは7回表途中まで追加点を与えず、5番手イ・ヒョンスンに交代した。キアの3番手パク・チンテと4番手ホン・サンサムは7回裏を無失点に抑えた。トゥサンの6番手ホン・ゴンヒィは8回表に追加点を与えなかった。キアの5番手チャン・ヒョンシクは8回裏を無失点に抑えた。トゥサンの7番手キム・ガンニュルは9回表に追加点を与えなかった。キアの6番手チョン・ヘヨンは9回裏を無失点に抑え、9位キアが勝利した。5回を4失点に抑えたイム・ギヨンは6勝目。4位トゥサンは3連敗。トゥサン打線では2番フェルナンデスが3安打と活躍。

 

 

SSG 8-4 ロッテ (釜山・社稷

(勝)パク・ミンホ 4勝  (敗)チェ・ジュニョン 3勝2敗1S

本塁打) SSG : ハン・ユソム 28号、オ・テゴン 8号  ロッテ : ソン・アソプ 2号

 ロッテは1回裏にSSGの先発フォントから4番チョン・ジュヌのタイムリーで1点を先制した。SSGは3回表にロッテの先発フランコから1番チュ・シンスのタイムリーで1-1の同点に追いつき、4回表に5番ハン・ユソムの2試合連続本塁打、7番パク・ソンハンのタイムリーで3-1と逆転した。ロッテの2番手キム・ジヌクは5回表途中から登板した。ロッテは5回裏に2番ソン・アソプの本塁打で3-3の同点に追いつき、3番手キム・ユヨンは6回表を無失点に抑えた。SSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンと3番手ソ・ジニョンは6回裏を無失点に抑えた。

 ロッテの4番手ク・スンミンは7回表を無失点に抑えた。ロッテは7回裏にSSGの4番手キム・テフンからチャンスを作ると、代わったSSGの5番手パク・ミンホから6番チョン・フンのタイムリーで1点を勝ち越した。SSGは8回表にロッテの5番手チェ・ジュニョンからハン・ユソムと8番イ・ジェウォンのタイムリーで5-4と逆転し、代わったロッテの6番手キム・ドギュから9番チェ・ジフンのタイムリーで1点を追加した。SSGの6番手キム・サンスは8回裏を無失点に抑えた。SSGは9回表にロッテの7番手チェ・ヨンファンから6番オ・テゴンの本塁打で2点を追加した。

 SSGの7番手キム・テッキョンは9回裏を無失点に抑え、SSGは引き分け1つを挟み3連勝で単独5位に浮上した。SSG打線ではオ・テゴンが3安打1本塁打2打点と活躍。8位ロッテではリリーフが機能しなかった。

f:id:takefumif:20211017042900j:plain

オ・テゴン(SSG)は3安打1本塁打2打点 https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202110160100108860007195&servicedate=20211016

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(10月16日時点)

            試合   勝   敗   分   勝率

1.KT     133  73  52  8      .584

2.サムソン   136  72  56  8   .563

3.LG     130  67  54  9   .554

4.トゥサン   131  64  62  5   .508

5.SSG    133  61  60  12  .504

6.NC     130  62  61  7   .504

7.キウム    134  64  64  6   .500

8.ロッテ       134    61     67    6      .477

9.キア        131    52     70       9      .426

10.ハンファ     134     47       77    10     .379

 

 (文責 : ふるりん