DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

ベテラン左腕コ・ヒョジュン投手と契約

 SSGランダースは1月21日、コ・ヒョジュン投手(38)と2022年シーズンの選手契約を結んだ。

 左腕コ・ヒョジュンは高校卒業後の2002年にロッテジャイアンツへ入団し一軍で登板するも、同年限りで自由契約となった。2003年にSKワイバーンスへ移籍、2004年に一軍初勝利をあげた。2009年に自身最多の11勝と先発で活躍、2012年から2013年まで兵役のため軍へ入隊するも、2014年にSKへ復帰しリリーフとして起用された。2016年シーズン途中の7月にトレードでキアタイガーズへ移籍した。

 2017年はリリーフで活躍しキアの韓国シリーズ優勝に貢献したが、同年シーズン終了後の余剰戦力を対象とした2次ドラフトでロッテより指名され15年ぶりに復帰した。2019年にリーグ最多の75試合に登板し自身最多の15ホールドを記録した。2020年シーズン終了後にロッテから自由契約となり、2021年はLGツインスと契約するも3試合のみの登板で、シーズン終了後に自由契約となった。プロ20年間の通算成績は457試合に登板、40勝52敗4セーブ31ホールド、防御率5.32。2021年にSKからSSGへ球団が譲渡されため、コ・ヒョジュンにとっては2016年7月以来5年半ぶりの古巣復帰となった。

 

(文責 : ふるりん

ユ・ヒィグァン投手、現役引退

 トゥサンベアースは1月18日、ユ・ヒィグァン投手(35)の現役引退を発表した。

 左腕ユ・ヒィグァンは大学卒業後の2009年にトゥサンへ入団。一軍には定着できず2010年シーズン終了後に軍へ入隊し尚武に所属した。軍から除隊され復帰した2013年には一軍初勝利を含む10勝を記録、技巧派の先発として活躍するようになった。2015年には自身最多の18勝を記録、韓国シリーズ優勝に貢献した。以降2020年まで8年連続10勝以上を記録し2016年、2019年の韓国シリーズ優勝にも貢献した。2021年は15試合に登板、4勝7敗、防御率7.71の成績だった。プロ13年間の通算成績は281試合に登板、101勝69敗1セーブ4ホールド、防御率4.58。

 

(文責 : ふるりん

フューチャースリーグFAのカン・ドンヨン投手と再契約

 NCダイノスは1月14日、2022年のフューチャースリーグFA(フリーエージェント)選手だったカン・ドンヨン投手(29)と年俸4200万ウォンで再契約した。

 右腕カン・ドンヨンは高校卒業後の2011年にトゥサンベアースへ入団するも一軍に定着できなかった。2019年シーズン終了後、この年限りで廃止となった余剰戦力対象の2次ドラフトでNCに移籍し、2020年はリリーフで起用され自身最多の22試合に登板した。2021年は先発、リリーフで起用され11試合に登板、3勝2敗1ホールド、防御率7.83の成績だった。一軍での出場機会に恵まれない選手の移籍を活発化させるため、2021年のシーズン終了後に初めて導入されたフューチャースリーグFAを申請、前所属球団のNCを含む全球団との契約交渉が可能になったが、他球団と契約した場合は前年の年俸と同額の補償金を前所属球団に支払う必要があるためか、前年比200万ウォン減でNCと再契約に至った。

 

(文責 : ふるりん

イ・デウン(元千葉ロッテ)現役引退

 KTウィズは1月13日、イ・デウン投手(32)の現役引退を発表した。

 右腕イ・デウンは高校卒業後の2007年にMLBシカゴカブスと契約し、傘下のマイナーリーグに所属していた。2015年から2016年まで日本プロ野球千葉ロッテに所属、2015 WBSCプレミア12、2017 WBCワールドベースボールクラシック)に韓国代表として出場した。2017年から2018年まで兵役のため軍へ入隊、警察野球団(2019年解散)に所属した。除隊後は2019年新人2次ドラフトで指名されたKTと契約、主にリリーフとして起用された。2021年は31試合に登板、3勝2敗1セーブ9ホールド、防御率3.48の成績だった。韓国でのプロ3年間の通算成績は95試合に登板、7勝8敗19セーブ9ホールド、防御率4.31。

 

(文責 : ふるりん

新外国人選手ショーン・ノリン投手(元埼玉西武)と契約  メンデンとは再契約せず

 キアタイガーズは1月9日、2022年シーズンの新外国人選手としてション・ノリン投手(32)と契約金25万ドル、年俸35万ドル、オプション30万ドルの総額最大90万ドルで契約した。

 アメリカ合衆国出身の左腕ショーン・ノリンは2010年にMLBトロントブルージェイスと契約、2013年にブルージェイスでメジャーリーグに初めて昇格した。2015年にトレードでオークランドアスレティックスに移籍しメジャーリーグ初勝利をあげた。2016年から2019年までミルウォーキーブルワース、コロラドロッキース、シカゴホワイトソックス、シアトルマリナース傘下のマイナーリーグなどに所属、2020年は日本プロ野球埼玉西武と契約していた。2021年はワシントンナショナルスと契約、メジャーリーグで10試合に登板、0勝2敗、防御率4.39の成績だった。メジャーリーグ4年間の通算成績は18試合に登板、1勝5敗、防御率6.05。マイナーリーグ9年間の通算成績は166試合に登板、41勝29敗1セーブ、防御率3.85。

 また2021年シーズン終了時点でキアと契約していた外国人選手ダニエル・メンデンは外国人選手の枠の関係で再契約されないことになった。2021年は21試合に登板、8勝3敗、防御率3.60の成績だった。これで2022年シーズン当初の外国人選手3名はショーン・ノリンとすでに契約したソクラテスブリトー外野手、ロニー・ウィリアムス投手で、すべて新外国人選手となった。

 

(文責 : ふるりん

2022年レギュラーシーズン日程発表 4月2日開幕

 KBO韓国野球委員会)は1月6日、2022年レギュラーシーズンの詳細な日程を発表した。開幕は4月2日(土)で、サムソン-KT(水原)、ハンファ-トゥサン(ソウル・蚕室)、LG-キア(光州)、ロッテ-キウム(ソウル・高尺)、SSG-NC(昌原)の5試合の開幕戦が行われる。プロ野球10チームは他チームと16試合ずつ対戦し全144試合の勝率で順位を競い、例年通りだと上位5チームがポストシーズンへ進出、韓国シリーズで年間優勝を決める。

 2020年、2021年と開催されなかったオールスター戦は7月16日(土)に開催され(場所未定)、その前後の7月15日(金)から21日(木)は休息期間となりレギュラーシーズンの試合は行われない。また優勝すれば兵役免除の恩典が得られるため主にプロ選手が出場する韓国代表はアジア競技大会野球で2010年、2014年、2018年と3連覇を達成しているが、2014年、2018年と異なり2022年9月に中国・杭州で予定されているアジア競技大会野球の期間中のレギュラーシーズンの中断はない(同大会野球韓国代表の監督・コーチ陣は未定)。

 現時点では9月23日までの日程が発表されている。それ以降の日程は雨天中止になった試合を再編成して追加日程として後日に発表される。また、2022年は1982年のプロ野球開始から40周年となり、40周年記念オールスター戦など特別な行事や試合が計画されている。

 

(文責 : ふるりん

FAチョン・フン内野手と再契約

 ロッテジャイアンツは1月5日、2022年のFA(フリーエージェント)選手だったチョン・フン内野手(34)と契約期間3年、契約金5億ウォン、年俸総額11億5000万ウォン、オプション1億5000万ウォンの総額最大18億ウォンで再契約した。

 右打者のチョン・フンは高校卒業後の2006年に現代ユニコーンスに入団するも一軍出場はなく、2010年よりロッテと契約し初の一軍出場を果たした。2013年よりレギュラーの二塁手として活躍、2016年まで4年連続で規定打席に達した。その後外野に転向したが内野のユーティリティとして起用されるようになり、2021年は主に一塁手で135試合に出場、打率.292、14本塁打、79打点、8盗塁の成績だった。プロ16年間の通算成績は1119試合に出場、打率.277、899安打、60本塁打、69盗塁。

 

(文責 : ふるりん