DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.7) 結果

8位ロッテ、5位以内に接近

 

キウム 2-9 KT (水原)

(勝)オム・サンベク 4勝1敗  (敗)チェ・ウォンテ 8勝10敗  

本塁打) キウム : パク・ピョンホ 18号  KT : ホイング 9号

  KTは1回裏にキウムの先発チェ・ウォンテから4番ユ・ハンジュンと8番ぺ・ジョンデのタイムリーで4点を先制し、3回裏に7番シン・ボンギの犠牲フライで1点を追加した。キウムは6回表にKTの先発オム・サンベクから4番パク・ピョンホの本塁打で2点を返し、2番手チョ・サンウは6回裏に追加点を与えなかった。KTの2番手チュ・グォンは7回表を無失点に抑えた。KTは7回裏にキウムの3番手キム・ジェウンから5番ホイングの2試合連続本塁打となる満塁本塁打で4点を追加した。

 キウムの4番手キム・ソンジンは追加点を与えなかった。KTの3番手チョ・ヒョヌは8回表を無失点に抑えた。キウムの5番手キム・ドンヒョクは8回裏に追加点を与えなかった。KTの4番手シム・ジェミンは9回表に相手の反撃を断ち、首位KTが勝利した。6回を2失点に抑えたオム・サンベクは4勝目。KT打線ではホイングが3安打1本塁打4打点と活躍。5位キウムでは先発チェ・ウォンテが5回5失点で降板した。キウム打線では2番キム・ヘェソンが3安打と活躍。

 

 

サムソン 5-4 NC  (昌原)

(勝)ムン・ヨンイク 2勝  (セーブ)オ・スンファン 2敗38S  (敗)キム・ヨンギュ 5勝3敗

本塁打) NC : ヤン・ウィジ 26号

 サムソンは5回表にNCの先発パーソンズから3番オ・ジェイルのタイムリーで1点を先制した。NCは5回裏にサムソンの先発ウォン・テインから5番ノ・ジンヒョクのタイムリーで1-1の同点に追いついた。NCの2番手キム・ゴンテと3番手イム・ジョンホは7回表を無失点に抑えた。NCは7回裏に7番パク・チュニョンのタイムリーで2-1と勝ち越した。NCの4番手キム・ジンソンは8回表を無失点に抑えた。NCは8回裏にサムソンの2番手ムン・ヨンイクから3番ヤン・ウィジの本塁打で2点を追加した。

 サムソンは9回表にNCの5番手イム・チャンミンからチャンスを作ると、代わったNCの6番手キム・ヨンギュから2番ク・ジャウクへの押し出しの四球で1点を返した。さらに代わったNCの7番手ウォン・ジョンヒョンからオ・ジェイルへの押し出しの四球、代打キム・ジチャンのタイムリーで5-4と逆転した。サムソンの3番手オ・スンファン(元阪神)は9回裏を無失点に抑え、2位サムソンが勝利した。サムソン打線では1番パク・ヘミンが3安打と活躍。7位NCではリリーフが機能しなかった。

 

 

LG 8-1 キア (光州)

(勝)ぺ・ジェジュン 2勝1敗  (敗)タカハシ 1勝1敗

本塁打) LG : ムン・ソンジュ 1号

 LGは3回表にキアの先発の新外国人タカハシから9番ムン・ソンジュのプロ4年目での初打点となるタイムリー、2番キム・ヒョンス、5番オ・ジファンのタイムリーで4点を先制し、4回表に相手のエラーで1点を追加した。LGは6回表にムン・ソンジュのプロ初本塁打で3点を追加した。キアの2番手コ・ヨンチャンは6回表途中から登板した。キアの3番手キム・ヒョンジュンは7回表、4番手ソ・ドグォンは8回表に追加点を与えなかった。

 キアは8回裏にLGの先発ぺ・ジェジュンから8番ハン・スンテクのタイムリーで1点を返した。LGの2番手キム・ユンシクは無失点に抑えた。キアの5番手チャン・ジスは9回表に追加点を与えなかった。LGの3番手イ・サンギュは9回裏を無失点に抑え、3位LGが勝利した。8回途中まで1失点に抑えたぺ・ジェジュンは2勝目。LG打線ではムン・ソンジュが3安打1本塁打4打点と活躍。9位キアでは先発タカハシが6回途中8失点で降板した。

f:id:takefumif:20211008005159j:plain

プロ初打点、初本塁打など3安打4打点のムン・ソンジュ(LG) https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202110070100051510003239&servicedate=20211007

 

 

ロッテ 7-6 トゥサン  (ソウル・蚕室:6月27日サスペンデッドゲーム

(勝)パク・セウン 4勝5敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 2勝3敗12S  (敗)パク・チョンス 3勝3敗

 この試合は当初6月27日に開始された。トゥサンは4回裏にロッテの先発パク・セウンから4番ヤン・ソックァンと6番チェ・ヨンジェのタイムリーで2点を先制した。ロッテは7回表にトゥサンの先発イ・ヨンハからチャンスを作ると、代わったトゥサンの2番手パク・チョンスから代打イ・デホ(元福岡ソフトバンク)のタイムリーで1点を返した。ロッテはこの回さらに代わったトゥサンの3番手イ・ヒョンスンから2番ソン・アソプのタイムリー、4番手ホン・ゴンヒィから3番チョン・ジュヌのタイムリーで3-2と逆転した。この回途中で雨天により中断となり、サスペンデッドゲームが宣告され10月7日に再開された。

 ロッテは再開後の7回表に5番アン・チホンのタイムリーで2点を追加した。トゥサンは7回裏にロッテの2番手ク・スンミンから相手の暴投で1点を返した。トゥサンの5番手イ・スンジンと6番手ユン・ミョンジュンは8回表に追加点を与えなかった。トゥサンは8回裏にロッテの3番手チェ・ジュニョンから3番キム・インテのタイムリーで1点を返した。ロッテは9回表にトゥサンの7番手キム・ガンニュルからアン・チホンのタイムリーで2点を追加した。トゥサンの8番手クォン・ヒィは追加点を与えなかった。

 トゥサンは9回裏にロッテの4番手キム・ウォンジュンから2番パク・ケェボムのタイムリーで2点を返したが、8位ロッテが勝利した。6回を2失点に抑えたパク・セウンが勝利投手。ロッテ打線ではチョン・ジュヌが3安打1打点、アン・チホンが4打点と活躍。4位トゥサンではリリーフが機能しなかった。トゥサン打線ではキム・インテが3安打1打点と活躍。

 

 

ロッテ 7-2 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ドギュ 2勝1敗  (敗)ホン・ゴンヒィ 5勝6敗2S

本塁打) ロッテ : イ・デホ 18号  トゥサン : チョ・スヘン 1号

 ロッテは6回表にトゥサンの先発ミランダ(元福岡ソフトバンク)から相手のエラーで1点を先制した。トゥサンは6回裏にロッテの先発イ・インボクから2番フェルナンデスのタイムリーで1-1の同点に追いついた。ロッテの2番手キム・ドギュは無失点に抑えた。ロッテは7回表にトゥサンの2番手ホン・ゴンヒィから3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)のプロ野球史上4人目となる韓国通算350本塁打で1点を勝ち越した。ロッテの3番手ク・スンミンは7回裏を無失点に抑えた。

 ロッテは8回表にトゥサンの3番手キム・ミョンシンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの4番手イ・ヒョンスンから代打アン・ジュンヨルのタイムリー、さらに代わったトゥサンの5番手クォン・ヒィから1番マチャドと2番ソン・アソプのタイムリーで計4点を追加した。トゥサンは8回裏にロッテの3番手フランコから途中出場の2番チョ・スヘンの2018年6月以来となる本塁打で1点を返した。8位ロッテは9回表にトゥサンの6番手ユン・ミョンジュンからアン・ジュンヨルの犠牲フライで1点を追加し勝利した。ロッテ打線ではマチャドが3安打1打点、4番チョン・ジュヌが3安打と活躍。4位トゥサンではリリーフが機能せず打線がつながらなかった。

 

 

SSG 3-4 ハンファ  (大田)

(勝)チュ・ヒョンサン 2勝1敗  (敗)キム・テッキョン 5勝1敗3S

本塁打) ハンファ : ぺレス 5号

 ハンファは1回裏にSSGの先発の高卒新人チョ・ビョンヒョンから5番ぺレスのタイムリー、相手のエラーで2点を先制した。SSGは3回表にハンファの先発キム・ミヌから3番チュ・シンスのタイムリーで1点を返し、2番手キム・サンスは3回裏途中まで追加点を与えなかった。SSGの3番手の大卒新人チャン・ジフンは5回裏途中まで追加点を与えなかった。ハンファの2番手ユン・デギョンは6回表を無失点に抑えた。SSGの4番手パク・ミンホと5番手ソ・ジニョンは追加点を与えなかった。ハンファの3番手ユン・ホソルは7回表を無失点に抑えた。

 SSGは8回表にハンファの4番手キム・ボムスからチュ・シンスのタイムリー、相手のボークで3-2と逆転した。ハンファは8回裏にSSGの6番手キム・テフンからぺレスの本塁打で3-3の同点に追いついた。ハンファの5番手チュ・ヒョンサンは9回表まで無失点に抑えた。最下位ハンファは9回裏にSSGの7番手キム・テッキョンから4番ノ・シファンの犠牲フライでサヨナラ勝ちした。ハンファ打線ではぺレスが3安打1本塁打2打点と活躍。6位SSGでは打線がつながらなかった。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(10月7日時点)

            試合   勝   敗   分   勝率

1.KT     126  70  49  7      .588

2.サムソン   129  68  53  8   .562

3.LG     122  65  51  6   .560

4.トゥサン   124  61  58  5   .513

5.キウム    128  61  61  6   .500

6.SSG    129  58  60  11  .492

7.NC     123  57  59  7   .491

8.ロッテ       128    60     63    5      .488

9.キア        122    47     68       7      .409

10.ハンファ     129     47       72     10     .395

 

 (文責 : ふるりん