DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.8) 結果

LG2位浮上 

 

 キウム-KT(水原)は雨天で10月24日14時に順延。

 

サムソン 0-6 NC  (昌原)

(勝)シン・ミンヒョク 8勝6敗  (敗)モンゴメリー 1勝3敗

本塁打) NC : ナ・ソンボム 31号、カン・ジンソン 7号

 NCは2回裏にサムソンの先発モンゴメリーから9番の高卒新人キム・ジュウォンのタイムリー、1番チョン・ヒョンへの押し出しの四球、3番ヤン・ウィジの犠牲フライで3点を先制し、3回裏に5番ナ・ソンボムの本塁打で1点を追加した。サムソンの2番手チェ・チェフンは5回裏まで追加点を与えなかった。NCは6回裏にサムソンの3番手チェ・ジグァンからナ・ソンボムのタイムリーで1点を追加した。NCの先発シン・ミンヒョクは7回表まで無失点に抑えた。

 サムソンの3番手キム・ユンスは7回裏に追加点を与えなかった。NCの2番手キム・ジンソンは8回表を無失点に抑えた。NCは8回裏にサムソンの4番手ムン・ヨンイクから2番カン・ジンソンの本塁打で1点を追加した。NCの3番手ムン・ギョンチャンは9回表を無失点に抑え、7位NCが完封リレーで勝利した。シン・ミンヒョクは8勝目。サムソンは先発モンゴメリーが3回途中4失点で降板し、打線が沈黙して3位に後退した。

f:id:takefumif:20211009023704p:plain

NCの先発シン・ミンヒョクは8勝目 https://osen.mt.co.kr/article/G1111669329

 

 

LG 2-2 キア (光州)

 キアは2回裏にLGの先発ケリーから9番パク・チャンホの内野ゴロの間に1点を先制した。LGは3回表にキアの先発メンデンから3番ソ・ゴンチャンのタイムリーで2-1と逆転した。キアは3回裏に6番タッカーのタイムリーで2-2の同点に追いついた。キアの2番手チャン・ヒョンシクは8回表を無失点に抑えた。LGの2番手キム・デユは8回裏途中まで無失点に抑えた。

 LGの3番手チョン・ウヨンも無失点に抑えた。キアの3番手チョン・ヘヨンは9回表、LGの4番手コ・ウソクは9回裏をそれぞれ無失点に抑え、試合は9回を終えても同点だったが引き分けとなった。LGは2位に浮上した。9位キアでは打線がつながらなかった。

 

 

ロッテ 5-14 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)チェ・ウォンジュン 12勝2敗 (敗)ソ・ジュヌォン 1勝3敗

本塁打) ロッテ : キム・ミンス 3号

 ロッテは2回表にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンから4番チョン・ジュヌのタイムリーで2点を先制した。トゥサンは4回裏にロッテの先発ソ・ジュヌォンから4番フェルナンデスのタイムリー、5番ヤン・ソックァンへの押し出しの四球で2-2の同点に追いつくと、6番パク・ケェボムの内野ゴロの間に3-2と逆転した。ロッテの2番手カン・ユングは5回裏に追加点を与えなかった。トゥサンは6回裏にロッテの3番手チェ・ヨンファンからフェルナンデスのタイムリー、この回代わったロッテの4番手キム・ドギュからパク・ケェボムの内野ゴロの間に計3点を追加した。

 トゥサンは7回裏にロッテの5番手キム・ユヨンから1番チョン・スビン、2番キム・インテ、この回代わったロッテの6番手キム・ドンウから7番カン・スンホのタイムリーなどで計5点を追加した。トゥサンの2番手イ・ヨンハは8回表まで無失点に抑えた。トゥサンは8回裏にロッテの7番手ナ・ウォンタクから途中出場の3番アン・グォンスのタイムリーなどで3点を追加した。ロッテは9回表にトゥサンの3番手イ・ギョフンから途中出場の9番キム・ミンス本塁打で3点を返したが、4位トゥサンが勝利した。6回を2失点に抑えたチェ・ウォンジュンは12勝目。トゥサン打線ではフェルナンデスが3打点と活躍。8位ロッテでは先発ソ・ジュヌォンが4回3失点で降板した。

 

 

SSG 7-3 ハンファ  (大田)

(勝)ガビグリオ 4勝4敗  (敗)ナム・ジミン 1敗

本塁打) SSG : チェ・ジュファン 17号

 SSGは1回表にハンファの先発ナム・ジミンから2番チェ・ジュファンの本塁打で1点を先制し、3回表に5番ハン・ユソムへの押し出しの四球で1点を追加しナム・ジミンをノックアウトした。さらにこの回代わったハンファの2番手ファン・ヨングクから8番イ・ヒョンソクのタイムリーで2点を追加した。SSGは5回表にハンファの3番手ユン・サンフムからイ・ヒョンソクのタイムリーで1点を追加した。ハンファは5回裏にSSGの先発ガビグリオから7番チャン・ウンホの併殺打の間に1点を返した。SSGは6回表にハンファの4番手イ・スングァンから相手のエラーで1点を返した。ハンファの5番手キム・イファンは7回表まで追加点を与えなかった。

 ハンファは7回裏に4番ノ・シファンのタイムリー、5番ぺレスの犠牲フライで2点を返した。SSGの2番手ソ・ジニョンは無失点に抑えた。ハンファの6番手キム・ギタクは8回表に追加点を与えなかった。SSGの3番手パク・ミンホと4番手キム・テフンは8回裏を無失点に抑えた。SSGは9回表にハンファの7番手オ・ドンウクから相手のエラーで1点を追加した。SSGの5番手シン・ジェヨンは9回裏を無失点に抑え、6位SSGが勝利した。7回途中まで3失点に抑えたガビグリオは4勝目。SSG打線ではイ・ヒョンソクが3打点と活躍。最下位ハンファでは先発ナム・ジミンが3回途中4失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(10月8日時点)

            試合   勝   敗   分   勝率

1.KT     126  70  49  7      .588

2.LG     123  65  51  7   .560

3.サムソン   130  68  54  8   .557

4.トゥサン   125  62  58  5   .517

5.キウム    128  61  61  6   .500

6.SSG    130  59  60  11  .496

7.NC     124  58  59  7   .496

8.ロッテ       129    60     64    5      .484

9.キア        123    47     68       8      .409

10.ハンファ     130     47       73     10     .392

 

 (文責 : ふるりん