DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.18) 結果

3位LG3連敗

 

KT 8-1 NC (昌原)

(勝)コ・ヨンピョ 11勝4敗  (敗)ルチンスキー 12勝8敗

本塁打) KT : ホイング 6号

 KTは2回表にNCの先発ルチンスキーから7番チョ・ヨンホと1番キム・ミンヒョクのタイムリーで4点を先制した。KTは7回表にNCの2番手ムン・ギョンチャンからチャンスを作ると、代わったNCの3番手アン・インサンから相手の暴投で1点を追加した。KTは8回表にNCの4番手イ・ウソクから8番ペ・ジョンデと9番シム・ウジュンのタイムリーで2点を追加した。

 KTは9回表にNCの5番手キム・テギョンから5番ホイングの本塁打で1点を返した。NCは9回裏にKTの先発コ・ヨンピョから途中出場の4番キム・テグンのタイムリーで1点を返したが、KTの2番手アン・ヨンミョンは無失点に抑え首位KTが勝利した。9回途中まで1失点に抑えたコ・ヨンピョは11勝目。KT打線ではホイングが3安打1本塁打1打点と活躍。先発ルチンスキーが6回4失点で降板した4位NCは連勝が6で止まった。

 

 

サムソン 9-4 SSG  (仁川)

(勝)ブキャナン 12勝4敗  (敗)イ・テヤン 4勝8敗

本塁打) サムソン : オ・ジェイル 18,19号、カン・ミンホ 15号  SSG : ロマック 20号、イ・ジョンボム 2号

 サムソンは1回表にSSGの先発イ・テヤンから3番オ・ジェイルの本塁打で1点を先制した。SSGは2回裏にサムソンの先発ブキャナン(元東京ヤクルト)から6番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で1-1の同点に追いついた。サムソンは3回表にオ・ジェイルの2打席連続本塁打、7番キム・ドンヨプと8番キム・ジチャンのタイムリーで4点を勝ち越した。SSGは3回裏に2番イ・ジョンボムの本塁打で1点を返した。サムソンは4回表に4番カン・ミンホの本塁打で2点を追加した。SSGは6回裏に1番チュ・シンスのタイムリーなどで2点を返した。SSGの3番手ソ・ドンミンは7回表途中まで追加点を与えず4番手シン・ジェウンに交代した。

 SSGの5番手キム・サンスは8回表に追加点を与えなかった。サムソンの2番手ノ・ソンホは8回裏を無失点に抑えた。サムソンは9回表にSSGの6番手シン・ジェヨンから1番ク・ジャウクのタイムリーなどで2点を追加した。サムソンの3番手ムン・ヨンイクは9回裏を無失点に抑え、2位サムソンが勝利した。7回を4失点に抑えたブキャナンは12勝目。サムソン打線ではオ・ジェイルが2本塁打3打点、キム・ドンヨプとキム・ジチャンが3安打1打点と活躍。6位SSGでは先発イ・テヤンが4回7失点で降板した。

 

 

キア 9-6 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ユン・ジュンヒョン 3勝1敗  (敗)イ・ウチャン 1敗

本塁打) キア : ファン・デイン 8,9号、タッカー 7号  LG : ボーア 3号、イ・ジェウォン 4号

 キアは1回表にLGの先発イ・ウチャンから4番ファン・デインの2試合連続本塁打で3点を先制した。LGは1回裏にキアの先発ユン・ジュンヒョンから3番ソ・ゴンチャンのタイムリー、相手のエラーなどで3-3の同点に追いついた。キアは4回表にイ・ウチャンからチャンスを作ると、代わったLGの2番手チェ・ソンフンから2番キム・ソンビンのタイムリーで1点を勝ち越した。キアは5回表にLGの3番手イ・ジョンヨンから6番タッカーの本塁打で1点を追加した。LGは5回裏に8番ボーア(元阪神)の本塁打で1点を返した。キアの2番手ホン・サンサムは無失点に抑えた。

 キアは7回表にLGの4番手キム・デユからファン・デインのこの試合2本目の本塁打、代わったLGの5番手オ・ソクチュから8番ハン・スンテクと代打イ・チャンジンのタイムリーで計4点を追加した。LGの6番手イ・サンヨンは9回表まで追加点を与えなかった。LGは9回裏にキアの3番手イ・ジュニョンから5番イ・ジェウォンの2試合連続本塁打で2点を返したが、キアの4番手チョン・ヘヨンは無失点に抑え9位キアが勝利した。6回途中まで4失点に抑えたユン・ジュンヒョンは3勝目。キア打線ではファン・デインが2本塁打5打点と活躍。先発イ・ウチャンが4回途中4失点で降板した3位LGは3連敗。

 

 

トゥサン 3-3 キウム  (ソウル・高尺)

本塁打) トゥサン : ヤン・ソックァン 24号

 キウムは1回裏にトゥサンの先発パク・チョンギから2番クレイグ、4番パク・トンウォンの犠牲フライで2点を先制し、3回裏に7番イ・ジヨンの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンの2番手イ・スンジンは6回裏に追加点を与えなかった。トゥサンは7回表にキウムの先発キム・ソンギから5番ヤン・ソックァンの本塁打で1点を返した。キウムの2番手キム・ジェユンは無失点に抑えた。トゥサンの3番手クォン・ヒィは7回裏に追加点を与えなかった。

 トゥサンは8回表にキウムの3番手チョ・サンウから4番キム・ジェファンのタイムリーで1点を返した。トゥサンの4番手イ・ヨンハは8回裏に追加点を与えなかった。トゥサンは9回表にキウムの4番手キム・テフンから代打キム・インテのタイムリーで3-3の同点に追いついた。トゥサンの5番手キム・ガンニュルは9回裏を無失点に抑え、試合は9回を終えて同点だったが規定により引き分けとなった。4連敗中の5位キウムでは3番イ・ジョンフが3安打と活躍。6位トゥサンでは7番パク・ケェボムが3安打と活躍。

f:id:takefumif:20160321052454j:plain

トゥサンは9回表にキム・インテのタイムリーで追いつき引き分け http://mksports.co.kr/view/2021/901995/

 

 

ロッテ 2-13 ハンファ   (大田)

(勝)ユン・デギョン 2勝4敗  (敗)ソ・ジュヌォン 1勝2敗

本塁打) ハンファ : チェ・インホ 3,4号

 ハンファは1回裏にロッテの先発ソ・ジュヌォンから5番ぺレスと6番ノ・シファンのタイムリーで2点を先制した。ロッテは2回表にハンファの先発チャン・ミンジェから6番チョン・フンのタイムリー、9番チェ・ミンジェのプロ9年目にしての初打点となるタイムリーで2-2の同点に追いついた。ハンファは2回裏に8番チェ・インホの本塁打、4番キム・テヨン、ぺレス、7番イ・ソンゴンのタイムリーで5点を勝ち越した。ハンファの2番手イム・ジュンソプは3回表途中で3番手ユン・デギョンに交代した。ハンファは4回裏にロッテの2番手チョン・ソンジョンからチェ・インホの満塁本塁打で4点を追加した。ロッテの3番手カン・ユングは6回裏まで追加点を与えなかった。

 ハンファの4番手の大卒新人ぺ・ドンヒョンは7回表まで無失点に抑えた。ロッテの4番手イ・ガンジュンは7回裏に追加点を与えなかった。ハンファの5番手オ・ドンウクは8回表を無失点に抑えた。ハンファは8回裏にロッテの5番手キム・ユヨンから途中出場の1番イ・ウォンソクのタイムリー、相手の暴投で2点を追加した。ハンファの6番手ソン・ユンジュンは9回表を無失点に抑え、最下位ハンファが勝利した。先発全員安打の20安打を記録したハンファ打線ではチェ・インホが2本塁打5打点、ぺレスが3安打2打点、2番チェ・ジェフンが3安打と活躍。8位ロッテでは先発ソ・ジュヌォンが2回途中7失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(9月18日時点)

            試合   勝   敗   分  勝率

1.KT     109  64  41  4     .610

2.サムソン   114  60  47  7  .561

3.LG     106  56  46  4  .549

4.NC     107  53  50  4  .515

5.キウム    113  56  54  3  .509

6.トゥサン   107  51  51  5  .500

7.SSG    112  52  54  6  .491

8.ロッテ       110    50     57    3      467

9.キア        106    41     59       6     .410

10.ハンファ     114    41      65    8     .387

 

 (文責 : ふるりん