DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.25) 結果

首位SSG、4位キア3連勝

NC 1-8 SSG  (仁川)

(勝)キム・グァンヒョン 8勝1敗  (敗)ソン・ミョンギ 2勝5敗

本塁打) SSG : イ・ジェウォン 1号

 SSGは1回裏にNCの先発ソン・ミョンギから3番チェ・ジョンと6番チョン・ウィサンのタイムリーで2点を先制し、3回裏に4番ハン・ユソムのタイムリーで1点、4回裏に9番キム・ソンヒョンのタイムリーで1点を追加した。SSGの先発キム・グァンヒョンは6回表まで無失点に抑えた。SSGは6回裏にNCの2番手キム・ジンホから8番イ・ジェウォンの本塁打、2番チェ・ジフンのタイムリー、代わったNCの3番手ウォン・ジョンヒョンからハン・ユソムのタイムリーなどで計4点を追加した。

 SSGの2番手チェ・ミンジュンは7回表、3番手キム・テッキョンは8回表を無失点に抑えた。NCの4番手イ・ヨンチャンは追加点を与えなかった。NCは9回表にSSGの4番手チャン・ジフンから7番ノ・ジンヒョクの内野ゴロの間に1点を返したが、首位SSGが勝利し3連勝となった。キム・グァンヒョンは8勝目。SSG打線ではチェ・ジョンが3安打1打点と活躍。9位NCでは先発ソン・ミョンギが5回4失点で降板した。

 

 

キウム 13-5 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)チョン・チャンホン 4勝3敗   (敗)キム・ジヌク 2勝3敗

本塁打) ロッテ : イ・デホ 9号、イ・ホヨン 1号

 ロッテは1回裏にキウムの先発チョン・チャンホンからキウムは4番チョン・ジュヌのタイムリーで1点を先制した。キウムは3回表にロッテの先発キム・ジヌクから3番イ・ジョンフと4番ソン・ソンムンのタイムリー、7番イ・ジヨンと8番チョン・ビョンウへの連続の押し出しの四死球で5-1と逆転しキム・ジヌクをノックアウトした。キウムは4回表にロッテの2番手カン・ユングからチャンスを作ると、代わったロッテの3番手の高卒新人チン・スンヒョンから相手のエラーで1点を追加した。キウムは5回表にソン・ソンムンと5番キム・ヘェソンのタイムリーで2点を追加した。

 ロッテは5回裏に3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で2点を返した。キウムは6回表にロッテの4番手ムン・ギョンチャンから9番キム・ジュンテ、イ・ジョンフのタイムリーで2点を追加した。ロッテは6回裏にキウムの2番手キム・テフンから6番イ・ホヨンのプロ5年目での初本塁打で1点を返した。キウムは7回表にチョン・ビョンウの内野ゴロの間に1点を追加した。ロッテは7回裏にキウムの3番手の高卒新人イ・ミョンジョンから4番チョン・ジュヌの犠牲フライで1点を返した。キウムは8回表にロッテの5番手キム・ユヨンから相手の暴投などで2点を追加した。

 キウムの4番手イ・ヨンジュンは8回裏を無失点に抑えた。ロッテの6番手キム・ドギュは9回表まで追加点を与えなかった。キウムの5番手パク・スンジュは9回裏を無失点に抑え、2位キウムが勝利した。5回を3失点に抑えたチョン・チャンホンは4勝目。キウム打線ではイ・ジョンフが3安打3打点、キム・ヘェソンが4安打1打点と活躍。先発キム・ジヌクが3回途中5失点で降板したロッテはトゥサンと同率7位に後退した。

 

 

LG 7-2 KT  (水原)

(勝)プルトコ 7勝2敗1S  (敗)デスパイネ 3勝8敗

本塁打) LG : チェ・ウンソン 5号、ムン・ソンジュ 3号  KT : パク・ピョンホ 21号 

 KTは2回裏にLGの先発プルトコから4番パク・ピョンホの本塁打で1点を先制した。LGは3回表にKTの先発デスパイネから4番チェ・ウンソンの満塁本塁打で4-1と逆転した。KTは4回裏に5番キム・ジュンテのタイムリーで1点を返した。KTの2番手シム・ジェミンは7回表に追加点を与えなかった。LGの2番手チョン・ウヨンは7回裏を無失点に抑えた。LGは8回表にKTの3番手イ・チェホから6番ムン・ボギョンのタイムリー、代わったKTの4番手の高卒新人パク・ヨンヒョンから7番ムン・ソンジュの本塁打で3点を追加した。

 LGの3番手チン・ヘスは8回裏を無失点に抑えた。KTの5番手チョ・ヒョヌは9回表に追加点を与えなかった。LGの4番手キム・デユは9回裏を無失点に抑え、3位LGが勝利した。6回を1失点に抑えたプルトコは7勝目。LG打線では1番ホン・チャンギが3安打と活躍。5位KTでは先発デスパイネが6回4失点で降板した。

 

 

キア 8-6 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)イ・ジュニョン 1勝  (セーブ)チョン・ヘヨン 2勝3敗20S  (敗)パク・チグク 2敗

本塁打) トゥサン : キム・ジェファン 12号

 キアは1回表にトゥサンの先発ミランダ(元福岡ソフトバンク)から5番ファン・デインへの押し出しの四球、7番キム・ソンビン、8番パク・トンウォン、9番リュ・ジヒョクへの3者連続の押し出しの四死球で4点を先制しミランダをノックアウトした(1回7与四死球プロ野球新記録)。トゥサンは1回裏にキアの先発ロニーから4番キム・ジェファンと5番ヤン・ソックァンのタイムリー、6番パク・セヒョクの犠牲フライで3点を返した。キアは3回表にトゥサンの2番手パク・シンジから2番イ・チャンジンの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンは3回裏にキム・ジェファンの本塁打で1点を返し、5回裏にキアの2番手キム・ジョンビンからチャンスを作ると、代わったキアの3番手コ・ヨンチャンからヤン・ソックァンのタイムリーで5-5の同点に追いついた。

 トゥサンの3番手チェ・スンヨンは7回表途中まで無失点に抑えた。キアは7回表にトゥサンの4番手パク・チグクからチャンスを作ると、代わったトゥサンの5番手イム・チャンミンから1番パク・チャンホとイ・チャンジンのタイムリーで3点を追加した。トゥサンは7回裏にキアの4番手イ・ジュニョンからチャンスを作ると、代わったキアの5番手パク・チュンピョからヤン・ソックァンの犠牲フライで1点を返した。キアの6番手チャン・ヒョンシクは8回裏から登板した。トゥサンの6番手キム・ミョンシンは9回表まで追加点を与えなかった。キアの7番手チョン・ヘヨンは9回裏まで無失点に抑え、4位キアが勝利し3連勝となった。トゥサンは3連敗でロッテと同率7位に後退した。トゥサン打線ではヤン・ソックァンが3安打3打点と活躍。

 

 

サムソン 5-2 ハンファ  (大田)

(勝)スアレス 4勝5敗  (セーブ)オ・スンファン 2敗18S  (敗)キム・ミヌ 3勝6敗

本塁打) サムソン : チェ・ヨンジン 1号

 サムソンは1回表にハンファの先発キム・ミヌから5番キム・ジェソンのタイムリーで1点を先制した。ハンファは1回裏にサムソンの先発スアレス(元東京ヤクルト)から4番キム・インファンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。サムソンは3回表に8番イ・ヘスンのタイムリーなどで2点を勝ち越し、5回表に7番チェ・ヨンジンの本塁打で1点を追加した。ハンファの2番手イ・ミヌは6回表に追加点を与えなかった。サムソンの2番手イ・スンヒョン(背番号54)は6回裏を無失点に抑えた。ハンファの3番手ユン・ホソルは7回表に追加点を与えなかった。

 ハンファは7回裏にサムソンの3番手チャン・ピルジュンからチャンスを作ると、代わったサムソンの4番手ウ・ギュミンから8番パク・チョンヒョンのタイムリーで1点を返した。ハンファの4番手キム・ジョンスは8回表に追加点を与えなかった。サムソンの5番手キム・ユンスは8回裏まで無失点に抑えた。サムソンは9回表にハンファの5番手チュ・ヒョンサンから3番ピレラ(元広島)のタイムリーで1点を追加した。サムソンの6番手オ・スンファン(元阪神)は9回裏を無失点に抑え、サムソンが勝利し4連敗から脱出し6位に浮上した。5回を1失点に抑えたスアレスは4勝目。最下位ハンファでは先発キム・ミヌが5回4失点で降板した。

サムソンは3回表にイ・ヘスンのタイムリーで勝ち越し https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202206250100184470011778&servicedate=20220625

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月25日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   72  45  24  3  .652

2.キウム   72  43  28  1  .606

.LG    71  41  29  1  .586

4.キア    70  38  31  1  .551

5.KT    71  34  35  2  .493

6.サムソン  71  33  38  0  .465

7.トゥサン  69  31  37  1  .456

.ロッテ   70  31  37  2  .456

9.NC    70  27  41  2  .397

10.ハンファ  70  23  46    1   .333

 

(文責 : ふるりん