DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

示範競技(3.26) 結果

キウム 7-7 NC  (昌原)

本塁打) キウム : キム・スファン 2号   NC : キム・チャンヒョン 1号

 キウムは2回表にNCの先発ルチンスキーから8番イ・ジヨンのタイムリーで1点を先制した。NCは2回裏にキウムの先発イ・スンホから9番クォン・ヒィドンと2番イ・ミョンギのタイムリーで3-1と逆転した。NCは5回裏にキウムの2番手キム・ドンヒョクから5番モ・チャンミンと6番パク・ソンミンのタイムリーで2点を追加した。NCの2番手ノ・シフンは6回表、キウムの3番手キム・テフンは6回裏を無失点に抑えた。キウムは7回表にNCの3番手キム・テヒョンから2番の新外国人フレイタスのタイムリーで1点を返した。NCは7回裏にキウムの4番手の高卒新人チャン・ジェヨンから途中出場の7番チョン・ミンスのタイムリー、8番パク・チュニョンの犠牲フライで2点を追加した。

 キウムは8回表にNCの4番手イ・ドヒョンから途中出場の4番キム・スファンの本塁打で1点を返し、5番手パク・チュソンは8回裏を無失点に抑えた。キウムは9回表にNCの5番手ムン・ギョンチャンから途中出場の2番ムン・チャンジョンのタイムリー、3番ピョン・サングォンの犠牲フライ、途中出場の5番チョン・ビョンウのタイムリーで3点を返すと、代わったNCの6番手パク・チファンから途中出場の7番キム・ヒィジプへの押し出しの四球で7-7の同点に追いついた。キウムの6番手パク・クァンジンは9回裏を無失点に抑え、試合は引き分けで終了した。NC打線ではイ・ミョンギが3安打2打点と活躍。

 

 

トゥサン 7-3 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ホン・ゴンヒィ 1勝  (敗)イ・サンヨン 1敗

本塁打) LG : オ・ジファン 2号

 LGは1回裏にトゥサンの先発イ・ヨンハから3番キム・ヒョンスの内野ゴロの間に1点を先制した。トゥサンは2回表にLGの先発チョン・チャンホンから7番パク・セヒョクのタイムリーで1-1の同点に追いつき、4回表に6番カン・スンホの犠牲フライで2-1と逆転した。LGは4回裏に9番オ・ジファンの本塁打で2-2の同点に追いついた。トゥサンの2番手ホン・ゴンヒィは5回裏まで無失点に抑えた。トゥサンは6回表にLGの2番手イ・サンヨンからカン・スンホのタイムリーなどで3点を勝ち越した。

 トゥサンは7回表に4番キム・ジェファンのタイムリーで2点を追加し、3番手パク・チグクは7回裏途中まで無失点に抑えた。トゥサンの4番手キム・ガンニュルは8回裏途中まで無失点に抑えた。LGの3番手チン・ヘスは9回表を無失点に抑えた。LGは9回裏にトゥサンの5番手イ・スンジンから途中出場の5番チョン・ジュヒョンの犠牲フライで1点を返したが、トゥサンが示範競技初勝利をあげた。トゥサン打線ではカン・スンホが3打点と活躍。

 

 

ハンファ 6-5 KT  (水原)

(勝)カーペンター 1勝  (セーブ)チャン・ミンジェ 2S  (敗)コ・ヨンピョ 1敗

本塁打) ハンファ : ノ・シファン 1号

 ハンファは4回表にKTの先発コ・ヨンピョから6番チョン・ジンホと7番チャン・ウンホのタイムリーなどで3点を先制した。KTの2番手ハ・ジュンホは5回表途中から登板し無失点に抑えた。ハンファの先発の新外国人カーペンターは5回裏まで無失点に抑えた。ハンファは6回表にKTの3番手チョ・ヨンウから5番ノ・シファンの本塁打、8番イ・へチャンのタイムリーで2点を追加した。KTは6回裏にハンファの2番手キム・ジヌクから1番チョ・ヨンホのタイムリーで1点を返した。

 ハンファは7回表にKTの4番手イ・サンドンから代打チェ・ジェフンのタイムリーで1点を追加し、3番手キム・ボムスは7回裏途中まで無失点に抑えた。KTの5番手チュ・グォンは8回表を無失点に抑えた。ハンファの4番手キム・ジョンスは8回裏まで無失点に抑えた。KTの5番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑えた。KTは9回裏にハンファの5番手ユン・デギョンから代打キム・ミンヒョクの犠牲フライ、代わった6番手ソ・ギュンから8番ペ・ジョンデ、シム・ウジュンへの連続の押し出しの四球、7番手チャン・ミンジェから途中出場の2番チョ・ヨンホへの押し出しの四球で計4点を返したが、ハンファが勝利した。

 

 

ロッテ 4-9 キア  (光州)

(勝)チャン・ミンギ 1勝  (敗)ソ・ジュヌォン 1敗

 キアは3回裏にロッテの先発の高卒新人キム・ジヌクから相手のエラーで2点を先制した。ロッテは4回表にキアの先発チャン・ヒョンシクから6番チョン・フン、8番キム・ジュンテのタイムリーで2-2の同点に追いつくと、代わったキアの2番手の高卒新人チャン・ミンギから1番の高卒新人ナ・スンヨプへの押し出しの四球で3-2と逆転した。キアは4回裏にロッテの2番手ソ・ジュヌォンからチャンスを作ると、代わった3番手キム・ユヨンから2番キム・ソンビンの内野ゴロの間に3-3の同点に追いつき、3番タッカー、4番チェ・ヒョンウ、5番ナ・ジワンのタイムリーで6-3と逆転した。ロッテの4番手キム・デウは5回裏、キアの3番手キム・ヒョンジュンは6回表を無失点に抑えた。

 キアは6回裏にロッテの5番手チン・ミョンホ、代わった6番手イ・インボクから途中出場の4番イ・ジニョンのタイムリーなどで3点を追加した。ロッテは7回表にキアの4番手イ・ジュニョンから途中出場の3番チュ・ジェヒョンのタイムリーで1点を返した。この回途中から登板したキアの5番手キム・ジェヨルは無失点に抑えた。キアの6番手コ・ヨンチャンは8回表を無失点に抑えた。ロッテの7番手キム・ゴングクは8回裏まで無失点に抑えた。キアの7番手チョン・ヘヨンは9回表を無失点に抑え、キアが勝利した。

 

 

サムソン 10-10 SSG  (仁川)

本塁打) SSG : チェ・ジョン 1号

 SSGは1回裏にサムソンの先発ヤン・チャンソプから4番チェ・ジョンの本塁打で2点を先制し、2回裏に9番キム・ソンヒョンのタイムリーで1点を追加した。サムソンは4回表にSSGの先発ムン・スンウォンから9番キム・ホンゴンのタイムリーで2点を返すと、2番手イム・ヒョンジュンは4回裏途中まで無失点に抑えた。サムソンは5回表にSSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンから4番の新外国人ピレラ、6番キム・ジチャン、8番イ・ハクチュのタイムリーで6-3と逆転した。SSGの3番手チェ・ミンジュンは6回表を無失点に抑えた。サムソンの3番手キム・デウは6回裏まで無失点に抑えた。

 サムソンは7回表にSSGの4番手の大卒新人チョ・ヨハンから途中出場の9番イ・ソンゴンへの押し出しの四球、途中出場の1番パク・スンギュのタイムリーなどで4点を追加した。この回途中から登板したSSGの5番手キム・テッキョンは無失点に抑えた。サムソンの4番手ホン・ジョンウは7回裏、SSGの6番手キム・ジュオンは8回表を無失点に抑えた。SSGは8回裏にサムソンの5番手チャン・ピルジュンから途中出場の5番パク・ソンハンの内野ゴロ、相手の暴投の間に2点を返し、7番手イ・チェホは9回表を無失点に抑えた。SSGは9回裏にサムソンの6番手キム・ユンスから途中出場の3番コ・ジョンウク、途中出場の6番オ・ジュンヒョクのタイムリーで10-10の同点に追いつき、試合は引き分けで終了した。 

(文責 : ふるりん