DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

ポストシーズン速報(11.5)

プレーオフ第2戦、LGが勝利し1勝1敗に

2021年 準プレーオフ 第2戦


LG 9-3 トゥサン  (ソウル・蚕室)
(勝)ケリー 1勝  (敗)クァク・ピン 1敗

 トゥサンが第1戦で勝利した準プレーオフ第2戦は、蚕室野球場で2万1000人以上の観客を集めて盛大に開始された。

 

 トゥサンは1回裏にLGの先発ケリーから2番フェルナンデスの二塁打などでチャンスを作るが、4番キム・ジェファンが併殺打に倒れ無得点だった。LGは2回表にトゥサンの先発クァク・ピンから先頭の4番チェ・ウンソンが二塁打で出塁すると、7番キム・ミンソンのタイムリーで1点を先制した。トゥサンは3回裏にフェルナンデスがまたも二塁打でチャンスを作るが、ケリーにより牽制死となった。LGは4回表にキム・ミンソンの2打席連続タイムリー、8番ムン・ソンジュのプロ4年目にしてのポストシーズン初打点となるタイムリーで2点を追加した。トゥサンの2番手の高卒新人チェ・スンヨンは5回表から登板した。

 トゥサンは5回裏にチャンスを作るもフェルナンデスが三振して無得点に終わった。トゥサンの3番手クォン・ヒィは6回表途中まで追加点を与えなかった。トゥサンは6回裏に相手のエラーでチャンスを作ると4番キム・ジェファンのタイムリーで1点を返した。LGは7回表にトゥサンの4番手イ・ギョフンから相手のエラー、代わったトゥサンの5番手イ・スンジンから6番ムン・ボギョンのプロ3年目にしてのポストシーズン初打点となるタイムリー、キム・ミンソンとムン・ソンジュのタイムリーで計5点を追加した。トゥサンは7回裏にLGの2番手キム・デユからチャンスを作ると、代わったLGの3番手チョン・ウヨンからキム・ジェファンの犠牲フライで1点を追加した。

 トゥサンは8回裏にLGの3番手イ・ジョンヨンから9番カン・スンホのタイムリーで1点を返したが、LGの4番手チェ・ソンフンは無失点に抑えた。LGは9回表にトゥサンの6番手ユン・ミョンジュンから5番ユ・ガンナムのタイムリーで1点を追加した。トゥサンの7番手パク・チョンギは追加点を与えなかった。LGの5番手コ・ウソクは9回裏を無失点に抑え、LGが勝利し対戦成績を1勝1敗とし、決着は11月7日の第3戦にもつれ込んだ。LGがポストシーズンでトゥサンに勝利したのは2013年プレーオフ第2戦以来8年ぶり。6回途中まで1失点に抑えたケリーが勝利投手。LG打線ではキム・ミンソンが4安打3打点、ムン・ソンジュが3打点と活躍。トゥサンは先発クァク・ピンが4回3失点で降板しプレーオフ進出を決められなかった。トゥサン打線では2番フェルナンデスが3安打と活躍。

f:id:takefumif:20211105211913j:plain

キム・ミンソン(LG)は4安打3打点 https://www.news1.kr/photos/view/?5056115

 

(文責:ふるりん