DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.22) 結果

キア4連勝
 

ハンファ 5-3 NC  (昌原)

(勝)サーポルド 2勝1敗  (セーブ)チョン・ウラム 1敗4S  (敗)キム・ヨンギュ 1敗

本塁打) ハンファ : キム・ムンホ 1,2号、ノ・シファン 2号  NC : パク・ソンミン 4号 

 ハンファは1回表にNCの先発キム・ヨンギュから2番キム・ムンホのロッテからの移籍後初本塁打で2点を先制した。NCは2回裏にハンファの先発サーポルドから6番カン・ジンソンのタイムリー、8番キム・テグンの犠牲フライで2-2の同点に追いついた。ハンファは4回表に8番ノ・シファンの2試合連続本塁打で2点を勝ち越し、5回表にキム・ムンホのこの試合2本目の本塁打で1点を追加した。NCは6回裏に4番パク・ソンミンの本塁打で1点を返した。NCの2番手キム・ゴンテは7回表途中まで追加点を与えなかった。

 ハンファの2番手キム・ジニョンは7回裏を無失点に抑えた。NCの3番手カン・ユングは8回表まで追加点を与えなかった。ハンファの3番手パク・サンウォンは8回裏を無失点に抑えた。NCの4番手カン・ドンヨンは9回表に追加点を与えなかった。4番手チョン・ウラムは9回裏に相手の反撃を断ち、ハンファが勝利した。6回を3失点に抑えたサーポルドは2勝目。ハンファ打線ではキム・ムンホが2本塁打3打点と活躍。首位NCでは先発キム・ヨンギュが5回5失点で降板した。

 

 

KT 5-6 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・デヒョン 1勝  (敗)イ・デウン 3敗1S

 (本塁打) LG : チェ・ウンソン 3号

 KTは1回表にLGの先発ケリーから5番パク・キョンスの走者一掃となるタイムリーで3点を先制し、7番チャン・ソンウの内野ゴロの間に1点を追加した。LGは4回裏にKTの先発の新外国人デスパイネから4番の新外国人ラモスのタイムリーで1点を返した。KTは7回表にLGの2番手チン・ヘスから3番チョ・ヨンホのタイムリーで1点を追加した。LGは7回裏に8番ユ・ガンナムの内野ゴロの間に1点を返し、3番手ヨ・ゴヌクは8回表に追加点を与えなかった。

 LGは8回裏にKTの2番手チュ・グォンから3番チェ・ウンソンの2試合連続本塁打で2点を返し、4番手チェ・ドンファンと5番手キム・デヒョンは9回表に追加点を与えなかった。LGは9回裏にKTの4番手イ・デウン(元千葉ロッテ)からチャンスを作ると、代わった5番手キム・ジェウンから途中出場の9番キム・ミンソンのタイムリーで5-5の同点に追いつき、2番キム・ヒョンスのタイムリーで逆転サヨナラ勝ちした。KTはまたもやリリーフが機能しなかったが、KT打線ではチョ・ヨンホが3安打1打点と活躍。

 

 

トゥサン 12-7 サムソン  (大邱

 (勝)イ・ヨンチャン 1勝1敗  (セーブ)ハム・トクチュ 1敗2S  (敗)キム・ユンス 1敗

本塁打) トゥサン : フェルナンデス 3号  サムソン : イ・ハクチュ 1号

 サムソンの先発ライブリーは1回表に1アウトを取っただけで足の故障により降板した。サムソンは1回裏にトゥサンの先発イ・ヨンチャンから5番イ・ウォンソクのタイムリーで1点を先制し、2回裏に9番キム・ホンゴンのタイムリーで1点を追加した。トゥサンは3回表にサムソンの2番手キム・ユンスから2番フェルナンデスのタイムリーで2-2の同点に追いつき、代わった3番手イム・ヒョンジュンから5番オ・ジェウォンの犠牲フライで3-2と逆転した。トゥサンは4回表にサムソンの4番手チャン・ジフンから9番リュ・ジヒョクのタイムリー、1番パク・コヌへの押し出しの四球、フェルナンデスの犠牲フライで3点、5回表にチャン・ジフンから8番チョン・スビンのタイムリー、代わったサムソンの5番手ノ・ソンホからリュ・ジヒョクの併殺打の間に計2点を追加した。

 サムソンは5回裏に3番イ・ハクチュの本塁打で2点を返した。トゥサンの2番手クォン・ヒョクは6回裏途中から登板した。トゥサンは8回表にサムソンの5番手イ・スンヒョンからフェルナンデスの本塁打で1点を追加した。サムソンは8回裏にトゥサンの3番手パク・チグクからチャンスを作ると、代わった4番手ユン・ミョンジュンからキム・ホンゴンと1番キム・サンスのタイムリー、5番手ハム・トクチュから2番ク・ジャウクの犠牲フライで計3点を返した。トゥサンは9回表にサムソンの6番手ウ・ギュミンからフェルナンデスと3番チェ・ジュファンのタイムリーで3点を追加した。

  ハム・トクチュは相手の反撃を断ち、トゥサンが勝利した。6回途中まで4失点に抑えたイ・ヨンチャンは2020年シーズン初勝利。トゥサン打線ではフェルナンデスが3安打1本塁打6打点、リュ・ジヒョクが4安打1打点と活躍。サムソンはライブリーが1回表途中で降板したのが響いた。

 

 

キウム 7-9 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)パク・チンヒョン 1勝  (セーブ)キム・ウォンジュン 1S  (敗)キム・ジェウン 1敗

本塁打) キウム : パク・トンウォン 4号

 ロッテは1回裏にキウムの先発ブリガム(元東北楽天)から相手のエラーで1点を先制した。キウムは3回表にロッテの先発ノ・ギョンウンから3番パク・トンウォンのタイムリー、3番イ・ジョンフと4番パク・ピョンホの犠牲フライで3-1と逆転した。ロッテは3回裏に4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の2点タイムリーで3-3の同点に追いついた。キウムは4回表に9番キム・ギュミンのタイムリーで1点を勝ち越し、5回表にロッテの2番手パク・シヨンからパク・トンウォンの本塁打で1点を追加した。

 ロッテは5回裏にイ・デホの犠牲フライで1点を返し、3番手パク・チンヒョンは6回表に追加点を与えなかった。ロッテは6回裏にキウムの2番手キム・ジェウンから3番ミン・ビョンホンの走者一掃となる3点タイムリーで7-5と逆転し、代わった3番手キム・ソンミンから2番ソン・アソプのタイムリーで1点を追加した。キウムは7回表にロッテの4番手チン・ミョンホからパク・ピョンホへの押し出しの四球、代わった5番手オ・ヒョンテクから途中出場の5番イ・ジヨンの併殺打の間に計2点を返し、4番手シン・ジェヨンは7回裏に追加点を与えなかった。ロッテの6番手ク・スンミンは8回表を無失点に抑えた。

 ロッテは8回裏にキウムの5番手キム・サンスから6番の新外国人マチャドのタイムリーで1点を追加し、7番手キム・ウォンジュンは9回表に相手の反撃を断ち勝利し4連敗から脱出した。キム・ウォンジュンはプロ9年目にして初セーブ。ロッテ打線ではソン・アソプが3安打1打点と活躍。キウムはまたもリリーフが機能せず逆転負けを喫した。

f:id:takefumif:20200523003655j:plain

ロッテは6回裏にミン・ビョンホンのタイムリーで逆転した。 https://www.yna.co.kr/view/PYH20200522179000051?input=1196m

 

  

キア 2-1 SK  (仁川)

(勝)ヤン・ヒョンジョン 3勝1敗  (セーブ)ムン・ギョンチャン 3S  (敗)パク・ヒィス 1敗

 キアは1回表にSKの先発キム・ジュハンから4番チェ・ヒョンウのタイムリーで1点を先制した。SKは1回裏にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから3番チェ・ジョンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。キアは6回表にSKの2番手パク・ヒィスからチャンスを作ると、代わった3番手パク・ミンホから代打ユ・ミンサンへの押し出しの四球で1点を勝ち越した。

 キアの2番手パク・チュンピョと3番手キム・ミョンチャンは7回裏を無失点に抑えた。SKの4番手イ・ウォンジュンは8回表まで追加点を与えなかった。キアの4番手チョン・サンヒョンは8回裏を無失点に抑えた。SKの5番手キム・ジュオンは9回表に追加点を与えなかった。5番手ムン・ギョンチャンは9回裏に相手の反撃を断ち、キアが勝利し4連勝となった。6回を1失点に抑えたヤン・ヒョンジョンは3勝目。最下位SKは継投で勝機を見出そうとしたが打線がつながらなかった。

 

(文責 : ふるりん