DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.3) 結果

3位サムソン4連勝 

 

KT 11-1 キウム   (ソウル・高尺)

(勝)クエバス 7勝3敗  (敗)ヨキシュ 12勝7敗

本塁打) KT : ペ・ジョンデ 8号

 KTは3回表にキウムの先発ヨキシュから8番チャン・ソンウのタイムリーで1点を先制した。キウムは3回裏にKTの先発クエバスから相手のエラーで1-1の同点に追いついた。KTは5回表にチャン・ソンウのタイムリー、代打カン・ベッコの犠牲フライで2点を勝ち越した。KTは7回表にキウムの2番手の大卒新人キム・ソンジンからカン・ベッコの犠牲フライで1点を追加し、2番手イ・デウン(元千葉ロッテ)は7回裏を無失点に抑えた。KTは8回表にキウムの3番手ヤン・ヒョンから3番ペ・ジョンデの本塁打、7番の新外国人ホイングとカン・ベッコのタイムリーで3点を追加した。

 KTの3番手パク・シヨンは8回裏を無失点に抑えた。KTは9回表にキウムの4番手キム・ジョンインからホイングのタイムリーで3点を追加した。KTの4番手キム・ミンスは9回裏を無失点に抑え、首位KTが勝利した。6回を1失点に抑えたクエバスは7勝目。KT打線ではホイングが3安打5打点、カン・ベッコが3打点と活躍。先発ヨキシュが6回を3失点に抑えるも打線がつながらなかったキウムは6位に後退。

 

 

NC 5-2 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ホン・ソンミン 2勝2敗  (セーブ)イ・ヨンチャン 1敗4S  (敗)チョン・ウヨン 6勝3敗2S

 LGは4回裏にNCの先発ソン・ミョンギから相手のエラーで1点を先制した。LGは6回裏にNCの2番手リュ・ジヌクから9番ムン・ボギョンのタイムリーで1点を追加した。NCは7回表にLGの先発ケリーから3番ナ・ソンボムのタイムリーで2-2の同点に追いついた。NCの2番手イム・ジョンホと3番手ホン・ソンミンは7回裏を無失点に抑えた。NCは8回表にLGの2番手チョン・ウヨンから代打ユン・ヒョンジュンと途中出場の9番ト・テフンのタイムリーで3点を勝ち越し逆転した。

 LGの3番手チェ・ソンフンは追加点を与えなかった。NCの4番手ウォン・ジョンヒョンは8回裏を無失点に抑えた。LGの4番手イム・ジュンヒョンは9回表に追加点を与えなかった。NCの5番手イ・ヨンチャンは9回裏を無失点に抑え、NCが勝利し5位に浮上した。先発ケリーが7回途中まで2失点に抑えるも打線の援護に恵まれず、2位LGは連勝が6で止まった。

f:id:takefumif:20210903214906j:plain

イ・ヨンチャン(NC)は4セーブ目 https://www.xportsnews.com/?ac=article_view&entry_id=1470058

 

 

サムソン 9-3 キア   (光州)

(勝)チェ・チェフン 3勝6敗  (敗)キム・ヒョンス 1勝3敗

 サムソンは1回表にキアの先発キム・ヒョンスから3番ピレラ(元広島)、6番キム・サンスのタイムリーで3点を先制し、4回表に1番パク・ヘミンのタイムリーで1点を追加しキム・ヒョンスをノックアウトした。サムソンはこの回代わったキアの2番手イ・ジュニョンからピレラのタイムリーなどで2点を追加した。サムソンは5回表にキアの3番手キム・ジェヨルから9番キム・ドファンへの押し出しの四球、パク・ヘミンの犠牲フライ、2番ク・ジャウクのタイムリーで3点を追加した。サムソンの先発チェ・チェフンは5回裏まで無失点に抑えた。

 キアは6回裏にサムソンの2番手パク・セウンから6番キム・テジンの犠牲フライ、7番パク・チャンホのタイムリーで3点を返した。サムソンの3番手ノ・ソンホは7回裏を無失点に抑えた。キアの4番手ソ・ドグォンは8回表まで追加点を与えなかった。サムソンの4番手ホン・ジョンウは8回裏を無失点に抑えた。キアの5番手ハン・スンヒョクは9回表に追加点を与えなかった。サムソンの5番手ムン・ヨンイクは9回裏を無失点に抑え、3位サムソンが勝利し4連勝となった。チェ・チェフンは3勝目。サムソン打線ではピレラが3打点、ク・ジャウクが3安打1打点と活躍。9位キアでは先発キム・ヒョンスが4回途中5失点で降板した。

 

 

トゥサン 1-3 SSG   (仁川)

(勝)フォント 7勝3敗  (セーブ)キム・テッキョン 4勝1S  (敗)ロケット 7勝8敗

本塁打) SSG : チェ・ジョン 26号

 SSGは3回裏にトゥサンの先発ロケットから4番チェ・ジュファンのタイムリーで1点を先制した。トゥサンは7回表にSSGの先発フォントから5番ヤン・ソックァンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。SSGは7回裏に3番チェ・ジョンの3試合連続本塁打で2点を勝ち越しロケットをノックアウトした。

 トゥサンの2番手イ・スンヒョンは7回裏、3番手クォン・ヒィは8回裏に追加点を与えなかった。SSGの2番手キム・テッキョンは9回表を無失点に抑え、4位SSGが勝利し3連勝となった。8回を1失点に抑えたフォントは7勝目。キム・テッキョンはプロ7年目にして初セーブ。先発ロケットが7回途中まで3失点に抑えるも打線がつながらなかった7位トゥサンは3連敗。

 

 

ハンファ 3-6 ロッテ   (釜山・社稷ダブルヘッダー第1戦)

(勝)フランコ 8勝5敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 3勝3敗19S  (敗)カーペンター 5勝9敗

本塁打) ハンファ : イ・ソンゴン 1号  ロッテ : チョン・ジュヌ 5号

 ロッテは2回裏にハンファの先発カーペンターから7番ハン・ドンヒィのタイムリーで1点を先制した。ハンファは4回表にロッテの先発フランコから5番の新外国人ぺレスのタイムリーで1-1の同点に追いついた。ロッテは4回裏に4番チョン・ジュヌの本塁打で1点を勝ち越した。ハンファは5回表に8番イ・ソンゴンのサムソンからの移籍後初本塁打で3-2と逆転した。ロッテは5回裏に3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)と5番チョン・フンのタイムリーで5-3と逆転し、2番手キム・デウは6回表を無失点に抑えた。

 ロッテの3番手の高卒新人キム・ジヌクは7回表を無失点に抑えた。ハンファの2番手キム・ジョンスは7回裏に追加点を与えなかった。ロッテの4番手チェ・ジュニョンは8回表を無失点に抑えた。ロッテは8回裏にハンファの3番手ユン・ホソルからハン・ドンヒィのタイムリーで1点を追加した。ハンファの4番手キム・ギタクは追加点を与えなかった。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは9回表を無失点に抑え、8位ロッテが勝利した。5回を3失点に抑えたフランコは8勝目。最下位ハンファでは先発カーペンターが6回5失点で降板した。

 

 

ハンファ 0-2 ロッテ   (釜山・社稷ダブルヘッダー第2戦)

(勝)ソ・ジュヌォン 1勝  (セーブ)キム・ウォンジュン 3勝3敗20S  (敗)キンガム 7勝5敗

 ロッテは4回裏にハンファの先発キンガムから6番アン・チホンの犠牲フライで1点を先制した。ロッテの先発ソ・ジュヌォンは5回表まで無失点に抑えた。ロッテの2番手キム・ドギュは7回表途中まで無失点に抑え、3番手カン・ユングに交代した。ロッテは7回裏にハンファの2番手キム・ボムスから3番チョン・ジュヌのタイムリーで1点を追加した。

 ロッテの4番手ク・スンミンは8回表まで無失点に抑えた。ハンファの3番手カン・ジェミンは8回裏に追加点を与えなかった。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは9回表を無失点に抑え、8位ロッテが完封リレーで勝利した。ソ・ジュヌォンは2021年シーズン初勝利。先発キンガムが6回を1失点に抑えるも打線が沈黙した最下位ハンファは3連敗。

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(9月3日時点)

            試合   勝   敗   分  勝率

1.KT     96   57  38  1     .600

2.LG     93   53  38  2  .582

3.サムソン   100  55  42  3  .567

4.SSG    99   49  46  4  .516

5.NC     93   45  44  4  .506

6.キウム    100  50  49  1  .505

7.トゥサン   94   43  49  2  .467

8.ロッテ       95     42     50     3     457

9.キア        92   37    51     4     .420

10.ハンファ     100   36    60     4     .375

 

 (文責 : ふるりん