DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.16) 結果

首位KT6連勝  サムソン4連勝で単独2位浮上

 

KT 7-3 NC  (昌原)

(勝)コ・ヨンピョ 6勝2敗  (敗)イ・ジェハク 2敗

本塁打) KT : ファン・ジェギュン 3号。キム・ビョンヒィ 4号  NC : ヤン・ウィジ 13号

 KTは1回表にNCの先発イ・ジェハクから3番カン・ベッコのタイムリーで1点を先制した。NCは1回裏にKTの先発コ・ヨンピョから3番ナ・ソンボムのタイムリー、4番ヤン・ウィジの本塁打で3-1と逆転した。KTは2回表に2番ファン・ジェギュンのタイムリーで1点を返した。KTは5回表にファン・ジェギュンの本塁打で3-3の同点に追いつくと、代わったNCの2番手キム・ジンソンから7番キム・テフンのタイムリー、8番キム・ビョンヒィの本塁打で7-3と勝ち越した。

 KTの2番手キム・ミンスは7回裏を無失点に抑えた。NCの3番手パク・チヌは8回表までに追加点を与えなかった。KTの3番手チュ・グォンは8回裏を無失点に抑えた。NCの4番手ソン・ジョンウクは9回表まで追加点を与えなかった。KTの4番手キム・ジェユンは9回裏を無失点に抑え、首位KTが勝利し6連勝となった。6回を3失点に抑えたコ・ヨンピョは6勝目。KT打線ではカン・ベッコが3安打1打点と活躍。先発イ・ジェハクが5回途中5失点で降板した5位NCは3連敗。

 

 

LG 3-6 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)キム・ソンジン 1勝  (セーブ)チョ・サンウ 1勝4敗10S  (敗)ソン・ウンボム 2勝2敗

本塁打) LG : ムン・ボギョン 3号  キウム : ソ・ゴンチャン 2号

 キウムは1回裏にLGの先発イ・サンヨンから相手のエラーで1点を先制し、5回裏にLGの2番手イ・ジョンヨンから3番イ・ジョンフのタイムリーで1点を追加した。LGは6回表にキウムの先発ハン・ヒョンヒィから7番ムン・ボギョンの本塁打で3-2と逆転した。キウムの2番手の大卒新人キム・ソンジンは7回表に追加点を与えなかった。キウムは7回裏にLGの3番手ソン・ウンボムからチャンスを作ると、代わったLGの4番手チョン・ウヨンから2番パク・トンウォンのタイムリーで3-3の同点に追いつき、代わったLGの5番手キム・デユからイ・ジョンフのタイムリーで4-3と逆転した。

 キウムの3番手キム・テフンは8回表を無失点に抑えた。キウムは8回裏にLGの6番手チン・ヘスから1番ソ・ゴンチャンの本塁打で2点を追加した。キウムの4番手チョ・サンウは9回表を無失点に抑え、7位キウムが勝利した。キム・ソンジンはプロ初勝利。LGは3位に後退。LG打線では1番ホン・チャンギが3安打と活躍。

f:id:takefumif:20210617031526j:plain

プロ初勝利をあげたキウムのキム・ソンジン http://stoo.asiae.co.kr/article.php?aid=72992292374

 

 

サムソン 5-3 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ブキャナン 8勝2敗  (セーブ)オ・スンファン 2敗21S  (敗)イ・ヨンハ 1勝4敗

本塁打) サムソン : ピレラ 16号  トゥサン : ヤン・ソックァン 13号

 トゥサンは1回裏にサムソンの先発ブキャナン(元東京ヤクルト)から3番フェルナンデスの内野ゴロの間に1点を先制した。サムソンは3回表にトゥサンの先発イ・ヨンハから2番ピレラ(元広島)の満塁本塁打で4-1と逆転した。サムソンは7回表に相手の送球判断ミスで1点を追加しイ・ヨンハをノックアウトした。トゥサンは7回裏に5番ヤン・ソックァンの本塁打で1点を返し、代わったサムソンの2番手シム・チャンミンから7番パク・セヒョクのタイムリーでもう1点を返した。

 トゥサンの2番手イ・ヒョンスンは8回表途中まで追加点を与えず、3番手パク・チグクに交代した。サムソンの3番手イム・ヒョンジュンと4番手ウ・ギュミンは8回裏を無失点に抑えた。トゥサンの4番手ホン・ゴンヒィは9回表に追加点を与えなかった。サムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)は9回裏を無失点に抑え、サムソンが勝利し4連勝で単独2位に浮上した。7回途中まで3失点に抑えたブキャナンは最多勝争いトップタイの8勝目。先発イ・ヨンハが7回途中4失点で降板した6位トゥサンは3連敗。

 

 

SSG 10-1 キア  (光州:ダブルヘッダー第1戦)

(勝)イ・テヤン 4勝1敗  (敗)チェ・ヨンジュン 1敗

本塁打) キア : ファン・デイン 4号  SSG : チェ・ジュファン 6号

 キアは2回裏にSSGの先発イ・テヤンから5番ファン・デインの本塁打で1点を先制した。SSGは3回表にキアの先発チェ・ヨンジュンから5番チェ・ジュファンの本塁打、9番パク・ソンハンへの押し出しの四球で3-1と逆転しチェ・ヨンジュンをノックアウトすると、代わったキアの2番手の高卒新人チャン・ミンギから1番チェ・ジフンへの押し出しの四球、2番ロマック(元横浜DeNA)のタイムリー、4番チェ・ジョンの犠牲フライ、6番ハン・ユソムへの押し出しの四球で5点を追加した。SSGは5回表にキアの3番手キム・ジェヨルからハン・ユソムの犠牲フライで1点を追加し、2番手キム・テッキョンは6回裏を無失点に抑えた。

 SSGの3番手パク・ミンホは7回裏を無失点に抑えた。SSGは8回表にチェ・ジフンの内野ゴロの間に1点を追加し、4番手ソ・ドンミンは8回裏を無失点に抑えた。キアの4番手キム・ユシンは9回表に追加点を与えなかった。SSGの5番手ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)は9回裏を無失点に抑え、4位SSGが勝利した。5回を1失点に抑えたイ・テヤンはハンファ在籍時の2017年6月以来となる先発勝利の4勝目。8位キアでは先発チェ・ヨンジュンが3回途中6失点で降板した。

 

 

SSG 0-2 キア  (光州:ダブルヘッダー第2戦)

(勝)イ・ウィリ 3勝2敗  (セーブ)チョン・ヘヨン 4勝3敗11S  (敗)チョン・スミン 1勝2敗

 キアは4回裏にSSGの先発チョン・スミンからチャンスを作ると、代わったSSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンから1番チェ・ウォンジュンと2番キム・ソンビンのタイムリーで2点を先制した。キアの先発の高卒新人イ・ウィリは6回表途中まで無失点んに抑えた。キアの2番手の大卒新人イ・スンジェも無失点に抑えた。SSGの3番手チェ・ミンジュンは6回裏に追加点を与えなかった。

 キアの3番手パク・チュンピョは7回表を無失点に抑えた。SSGの4番手キム・テフンは7回裏に追加点を与えなかった。キアの4番手チャン・ヒョンシクは8回表を無失点に抑えた。SSGの5番手キム・サンスは8回裏に追加点を与えなかった。キアの5番手チョン・ヘヨンは9回表を無失点に抑え、8位キアが完封リレーで勝利した。イ・ウィリは3勝目。4位SSGでは先発チョン・スミンが4回途中1失点で降板し打線が沈黙した。

 

 

ロッテ 4-9 ハンファ  (大田:ダブルヘッダー第1戦)

(勝)ユン・デギョン 1勝1敗  (敗)パク・セウン 3勝4敗

本塁打) ハンファ : ノ・シファン 13号 

 ハンファは1回裏にロッテの先発パク・セウンから4番ノ・シファンのタイムリーで1点を先制し、3回裏に3番ハ・ジュソクのタイムリーで1点を追加した。ハンファの先発ユン・デギョンは5回表まで無失点に抑えた。ハンファは5回裏にハ・ジュソクのタイムリーで2点を追加しパク・セウンをノックアウトした。ロッテの2番手チン・ミョンホは追加点を与えなかった。ロッテは7回表にハンファの2番手キム・ボムスからチャンスを作ると、代わったハンファの3番手キム・ジニョンから途中出場の9番キム・ジェユのタイムリーで1点を返した。

 ハンファは7回裏にロッテの3番手の高卒新人ソン・ジェヨンからチャンスを作ると、代わったロッテの4番手ソ・ジュヌォンからノ・シファンの本塁打で2点を追加した。ロッテは8回表にハンファの4番手シン・ジョンナクから7番の高卒新人ナ・スンヨプの犠牲フライで1点を返した。ハンファは8回裏にソ・ジュヌォンから7番イ・ソンヨルと8番ノ・スグァンのタイムリー、代わったロッテの5番手イ・スンホンから相手の暴投で計3点を追加した。ロッテは9回表に3番チョン・ジュヌの犠牲フライで1点を返したが、9位ハンファが勝利した。

 ユン・デギョンはプロ9年目にして先発初勝利。ハンファ打線ではハ・ジュソクが3安打3打点、ノ・シファンが1本塁打3打点と活躍。3連敗となった最下位ロッテでは先発パク・セウンが5回途中4失点で降板した。

 

 

ロッテ 3-4 ハンファ  (大田:ダブルヘッダー第2戦)

(勝)ユン・ホソル 3勝  (セーブ)チョン・ウラム 1勝8S  (敗)キム・ジヌク 1勝4敗

本塁打) ロッテ : キム・ジェユ 1号  ハンファ : ヒーリー 5号

 ロッテは2回表にハンファの先発チョン・イヌクから8番キム・ジェユの本塁打で3点を先制した。ハンファは2回裏にロッテの先発ノ・ギョンウンから7番チャン・ウンホの併殺打の間に1点を返した。ハンファの2番手チュ・ヒョンサンは4回表まで追加点を与えなかった。ハンファは4回裏に6番ヒーリーの本塁打で3-3の同点に追いついた。ロッテの2番手キム・ゴングクは6回裏を無失点に抑えた。ハンファの3番手イ・チュンホは7回表途中まで無失点に抑えた。

 ハンファは7回裏にロッテの3番手の高卒新人キム・ジヌクから4番ノ・シファンのタイムリーで4-3と逆転した。ハンファの4番手ユン・ホソルは8回表まで無失点に抑えた。ロッテの4番手ク・スンミンは8回裏に追加点を与えなかった。ハンファの5番手チョン・ウラムは9回表を無失点に抑え、9位ハンファが勝利し3連勝となった。最下位ロッテは4連敗。 

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月16日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.KT     56  33  23  0  .589

2.サムソン   60  35  25  0  .583

3.LG     60  34  26  0  .567

4.SSG    57  32  25  0  .561

5.NC     58  29  28  1  .509

6.トゥサン   58  29  29  0  .500

7.キウム    61  29  32  0  .475

8.キア     57  24  33  0  .421

9.ハンファ     60  25  35    0      .417

10.ロッテ      59  22  36    1   .379

 

 (文責 : ふるりん