DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.17) 結果

首位KT、2位LGとサムソンがゲーム差なしで並ぶ

 

KT 1-9 NC  (昌原)

(勝)ルチンスキー 7勝3敗  (敗)デスパイネ 6勝5敗

本塁打) KT : クォン・ドンジン 1号  NC : ヤン・ウィジ 14号

 KTは3回表にNCの先発ルチンスキーから9番の大卒新人クォン・ドンジンのプロ初本塁打で1点を先制した。NCは6回裏にKTの先発デスパイネから4番ヤン・ウィジの2試合連続本塁打で3-1と逆転した。KTの2番手シム・ジェミンは7回裏から登板した。NCの2番手イ・ヨンチャンは8回表から登板した。NCは8回裏にKTの3番手チョ・ヒョヌからチャンスを作り、代わったKTの4番手イ・ガンジュンから6番パク・ソンミンへの押し出しの四球、さらに代わったKTの5番手イ・チャンジェから7番ノ・ジンヒョクと8番カン・ジンソンのタイムリーなど6点を追加した。

 NCの3番手ウォン・ジョンヒョンは9回表を無失点に抑え、5位NCが勝利し3連敗から脱出した。7回を1失点に抑えたルチンスキーは7勝目。NC打線ではヤン・ウィジが3安打1本塁打3打点。先発デスパイネが6回を3失点に抑えるも首位KTは連勝が6で止まり、同率2位のLG、サムソンとゲーム差なしで並ばれた。

 

 

LG 6-5 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)チョン・ウヨン 4勝2敗1S  (セーブ)コ・ウソク 3敗18S  (敗)キム・ソンジン 1勝1敗

本塁打) LG : チェ・ウンソン 8号

 LGは1回表にキウムの先発チェ・ウォンテから3番キム・ヒョンスのタイムリーで1点を先制した。キウムは2回裏にLGの先発スアレスから6番パク・ピョンホの犠牲フライで1-1の同点に追いついた。LGは3回表に4番チェ・ウンソンと5番キム・ミンソンのタイムリーで2点を勝ち越した。キウムは4回裏に7番パク・チュホンのタイムリーで1点を返した。LGは5回表に6番オ・ジファンのタイムリーで1点を追加した。キウムは5回裏にパク・ピョンホの走者一掃となる3点タイムリーで5-4と逆転し、2番手イ・スンホは6回表を無失点に抑えた。LGの3番手キム・ユンシクは6回裏に追加点を与えなかった。

 LGは7回表にキウムの3番手キム・ソンミンから4番チェ・ウンソンの本塁打で4-4の同点に追いつき、8回表にキウムの4番手の大卒新人キム・ソンジンから2番イ・チョヌンの犠牲フライで5-4と逆転した。LGの4番手チョン・ウヨンは8回裏途中まで無失点に抑え、5番手チン・ヘスに交代した。キウムの5番手キム・テフンは9回表まで追加点を与えなかった。LGの6番手コ・ウソクは9回裏を無失点に抑え、LGが勝利しサムソンと同率2位に並んだ。LG打線ではチェ・ウンソンが3安打1本塁打2打点と活躍。7位キウムでは投打ともに決め手を欠いた。キウム打線ではパク・ピョンホが4打点、2番キム・ヘェソンと5番イ・ヨンギュが3安打と活躍。

 

 

サムソン 2-6 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)チェ・ウォンジュン 7勝  (セーブ)チャン・ウォンジュン 1敗1S  (敗)チェ・チェフン 1勝4敗

 トゥサンは2回裏にサムソンの先発チェ・チェフンから8番パク・ケェボムのタイムリーなどで3点を先制し、5回裏に4番フェルナンデスのタイムリーで1点を追加した。トゥサンの先発チェ・ウォンジュンは7回表途中まで無失点に抑えた。サムソンの2番手イ・スンヒョン(背番号20)は7回裏に追加点を与えなかった。サムソンは8回表にトゥサンの2番手パク・チグクから2番ピレラ(元広島)の内野ゴロの間に1点を返した。

 トゥサンは8回裏にサムソンの3番手ホン・ジョンウから9番チャン・スンヒョンと1番ホ・ギョンミンのタイムリーで2点を追加した。サムソンは9回表にトゥサンの3番手チャン・ウォンジュンから6番カン・ハヌルの内野ゴロの間に1点を返したが、6位トゥサンが勝利し3連敗から脱出した。チェ・ウォンジュンは開幕7連勝。チャン・ウォンジュンはプロ18年目にして初セーブ。先発チェ・チェフンが6回4失点で降板したサムソンはLGと同率2位に並ばれた。

 

 

SSG 6-3 キア  (光州)

(勝)キム・テッキョン 1勝  (セーブ)ソ・ジニョン 4勝6S  (敗)パク・チュンピョ 2勝2敗

本塁打) SSG : チェ・ジュファン 7号、チェ・ジョン 15号、ハン・ユソム 9号

 SSGは1回表にキアの先発イム・ギヨンから4番チェ・ジョンのタイムリーで1点を先制した。キアは1回裏にSSGの先発オ・ウォンソクから3番キム・テジンの犠牲フライで1-1の同点に追いついた。SSGは3回表に5番チェ・ジュファンの本塁打で1点を勝ち越し、4回表に1番コ・ジョンウクのタイムリーで1点を追加した。キアは5回裏に8番イ・ウソンの内野ゴロの間に1点を返し、6回裏にSSGの2番手キム・テッキョンから4番ファン・デインの犠牲フライで3-3の同点に追いついた。

 SSGは7回表にキアの2番手パク・チュンピョから4番チェ・ジョンの本塁打で1点を勝ち越し、3番手キム・サンスは7回裏を無失点に抑えた。キアの3番手の大卒新人イ・スンジェは8回表まで追加点を与えなかった。SSGの4番手キム・テフンは8回裏を無失点に抑えた。SSGは9回表にキアの4番手パク・チンテから6番ハン・ユソムの本塁打で2点を追加した。SSGの5番手ソ・ジニョンは9回裏を無失点に抑え、4位SSGが勝利した。SSG打線では8番イ・ジェウォンが3安打と活躍。8位キアでは先発イム・ギヨンが6回を3失点に抑えるも打線が機能しなかった。 

 

 

ロッテ 9-2 ハンファ  (大田)

(勝)チン・ミョンホ 1勝1敗  (敗)キム・ギジュン 2敗

本塁打) ロッテ : シン・ヨンス 1号、キム・ミンス 2号、ぺ・ソングン 1号、オ・ユンソク 2号  ハンファ : チョ・ハンミン 4号 

 ロッテは2回表にハンファの先発の高卒新人キム・ギジュンから6番キム・ミンスの犠牲フライで1点を先制した。ロッテの先発チェ・ヨンファンは4回裏まで無失点に抑えた。ロッテは5回表に2番シン・ヨンスの2019年5月以来となる本塁打で2点を追加し、2番手チン・ミョンホは5回裏を無失点に抑えた。ロッテは6回表にキム・ミンス本塁打で2点を追加しキム・ギジュンをノックアウトすると、代わったハンファの2番手チョン・ウンジョンから9番ぺ・ソングンのプロ8年目にしての初本塁打でさらに2点を追加した。ハンファは6回裏にロッテの3番手キム・ゴングクから5番チョン・ジンホのタイムリーで1点を返した。

 ロッテは7回表に7番オ・ユンソクの本塁打で2点を追加した。ハンファは7回裏に8番チョ・ハンミンの本塁打で1点を返した。ロッテの4番手キム・デウは8回裏を無失点に抑えた。ハンファの4番手キム・ジニョンは9回表に追加点を与えなかった。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、最下位ロッテが勝利し4連敗から脱出した。チン・ミョンホは2019年8月以来の勝利。ロッテ打線ではキム・ミンスが1本塁打3打点、4番チョン・フンと5番ソン・アソプが3安打と活躍。先発キム・ギジュンが5回5失点で降板した9位ハンファは連勝が3で止まった。

f:id:takefumif:20210617113202j:plain

ロッテのキム・ミンスは1本塁打3打点 http://mksports.co.kr/view/2021/589388/

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月17日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.KT     57  33  24  0  .579

2.LG     61  35  26  0  .574

2.サムソン   61  35  26  0  .574

4.SSG    58  33  25  0  .569

5.NC     59  30  28  1  .517

6.トゥサン   59  30  29  0  .508

7.キウム    62  29  33  0  .468

8.キア     58  24  34  0  .414

9.ハンファ     61  25  36    0      .410

10.ロッテ      60  23  36    1   .390

 

 (文責 : ふるりん