DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.2) 結果

 

LGとサムソン、同率3位に浮上

 

サムソン 8-7 SSG  (仁川)

(勝)チェ・ジグァン 3勝  (セーブ)オ・スンファン 1敗15S  (敗)チョ・ヨンウ 2勝5敗1S

本塁打) サムソン : オ・ジェイル 8号、キム・ジチャン 1号  SSG : オ・テゴン 4号、ロマック 10号、チェ・ジフン 3号

 サムソンは1回表にSSGの先発チョン・スミンから3番オ・ジェイルの内野ゴロの間に1点を先制した。SSGは2回裏にサムソンの先発ク・ジュンボムから1番オ・テゴンの満塁本塁打、2番ロマック(元横浜DeNA)の2者連続本塁打で5-1と逆転した。サムソンは3回表にオ・ジェイルの本塁打で2点を返した。サムソンは4回表にSSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンからオ・ジェイル、4番キム・ドンヨプ、6番キム・ホンゴンのタイムリーで6-5と逆転した。SSGの3番手チェ・ミンジュンは5回表に追加点を与えなかった。

 SSGは5回裏にサムソンの2番手キム・デウからチャンスを作ると、代わったサムソンの3番手の高卒新人イ・スンヒョン(背番号54)から3番チュ・シンスのタイムリーで6-6の同点に追いついた。SSGの4番手キム・テッキョンは6回表を無失点に抑えた。サムソンの4番手チェ・ジグァンは6回裏途中から登板した。サムソンは7回表にSSGの5番手チョ・ヨンウから1番キム・ジチャンの本塁打で2点を勝ち越した。SSGの6番手キム・テフンは追加点を与えなかった。サムソンの6番手シム・チャンミンは7回裏を無失点に抑えた。SSGの7番手ソ・ドンミンは8回表に追加点を与えなかった。

 SSGは8回裏にサムソンの7番手ウ・ギュミンから7番チェ・ジフンの本塁打で1点を返し、8番手キム・サンスは9回表に追加点を与えなかった。サムソンの8番手オ・スンファン(元阪神)は9回裏を無失点に抑え、サムソンが勝利しLGと同率3位に浮上した。サムソン打線ではオ・ジェイルが3安打1本塁打4打点、2番ピレラ(元広島)が3安打と活躍。首位SSGは連勝が4で止まった。

 

 

KT 5-6 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・デユ 2勝1敗  (セーブ)コ・ウソク 3敗12S  (敗)アン・ヨンミョン 1敗

本塁打) KT : カン・ベッコ 7号  LG : ユ・ガンナム 5号

 LGは2回裏にKTの先発ペ・ジェソンから6番ムン・ボギョンの内野ゴロの間に1点を先制し、8番ユ・ガンナムの本塁打で2点を追加した。KTは3回表にLGの先発チョン・チャンホンから9番シム・ウジュン、1番チョ・ヨンホ、2番ファン・ジェギュンのタイムリー、3番カン・ベッコの本塁打で5-3と逆転した。LGの2番手イ・ジョンヨンは5回表まで追加点を与えなかった。LGは6回裏に7番キム・ミンソンの犠牲フライから1点を返すと、KTの2番手キム・ミンスからチャンスを作り、代わったKTの3番手チョ・ヒョヌから9番ラモスのタイムリーで5-5の同点に追いついた。

 LGの3番手ソン・ウンボムは7回表途中まで、4番手キム・デユは8回表まで無失点に抑えた。LGは8回裏にKTの4番手アン・ヨンミョンからユ・ガンナムの内野ゴロの間に1点を勝ち越した。LGの5番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、LGが勝利しサムソンと同率3位に浮上した。LG打線ではユ・ガンナムが3打点と活躍。2位KTは連勝が3で止まった。

f:id:takefumif:20210603005313j:plain

LGのユ・ガンナムは2回裏の本塁打など3打点と活躍 https://www.yna.co.kr/view/PYH20210602228500013?input=1196m

 

 

トゥサン 5-9 NC  (昌原)

(勝)ホン・ソンミン 1勝1敗  (敗)チャン・ウォンジュン 1勝1敗

本塁打) トゥサン : キム・インテ 4号、ヤン・ソックァン 10号  NC : ノ・ジンヒョク 5号

 NCは3回裏にトゥサンの先発クァク・ピンから1番パク・ミヌの犠牲フライで1点を先制した。トゥサンは4回表にNCの先発パーソンズから2番キム・インテの3試合連続本塁打で1-1の同点に追いついた。トゥサンは4回裏に6番パク・ソンミンの犠牲フライで2-1と勝ち越した。トゥサンは6回表にキム・インテのタイムリーで2-2の同点に追いつくと、3番フェルナンデスの内野ゴロの間に3-2と逆転した。NCは6回裏にトゥサンの2番手イ・スンジンから7番ノ・ジンヒョクの本塁打で3-3の同点に追いついた。

 トゥサンは7回表にNCの2番手ホン・ソンミンから相手のエラーで1点を勝ち越した。NCは7回裏にトゥサンの3番手チャン・ウォンジュンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの4番手パク・チグクから4番ヤン・ウィジのタイムリー、相手のエラーで6-4と逆転し、さらに代わったトゥサンの5番手キム・ミョンシンからノ・ジンヒョクのタイムリーで1点を追加した。NCの3番手イム・ジョンホは8回表を無失点に抑えた。NCは8回裏にトゥサンの6番手パク・チョンギから途中出場の6番パク・チュニョンのタイムリーで2点を追加した。

 トゥサンは9回表にNCの4番手ムン・ギョンチャンから5番ヤン・ソックァンの本塁打で1点を返したが、NCが勝利しトゥサンと同率5位に並んだ。トゥサンではリリーフ陣が機能しなかった。

 

 

ロッテ 4-2 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)フランコ 3勝3敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 3敗8S  (敗)ブリガム 2勝2敗

 (本塁打) ロッテ : キム・ミンス 1号、カン・ロハン 1号

  キウムは1回裏にロッテの先発フランコから3番イ・ジョンフのタイムリーで1点を先制し、2回裏に2番ソ・ゴンチャンの犠牲フライで1点を追加した。ロッテは3回表にキウムの先発の新外国人ブリガム(元東北楽天)から1番マチャドのタイムリーで1点を返し、4回表に7番キム・ミンスのプロ5年目にしての初本塁打で3-2と逆転した。ロッテは5回表に9番カン・ロハンの2019年9月以来となる本塁打で1点を追加した。ロッテの2番手の高卒新人ソン・ジェヨンと3番手ソ・ジュヌォンは7回裏を無失点に抑えた。

 キウムの2番手オ・ジュウォンは8回表に追加点を与えなかった。ロッテの4番手キム・デウは8回裏を無失点に抑えた。キウムの3番手の大卒新人キム・ソンジンは9回表に追加点を与えなかった。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、最下位ロッテが勝利した。6回を2失点に抑えたフランコは3勝目。7位キウムでは先発ブリガムが7回4失点で降板し3連敗。

 

 

キア 5-3 ハンファ  (大田)

(勝)イ・ウィリ 2勝1敗  (セーブ)チョン・ヘヨン 3勝3敗8S  (敗)キム・ミヌ 6勝3敗

 (本塁打) ハンファ : チョン・ウヌォン 1号

 ハンファは2回裏にキアの先発の高卒新人イ・ウィリから8番ホ・グァンフェの犠牲フライで1点を先制した。キアは4回表にハンファの先発キム・ミヌから7番キム・ソンビンのタイムリーで1-1の同点に追いつき、5回表に4番チェ・ヒョンウと5番イ・ジョンフンのタイムリーで4-1と逆転した。キアの2番手パク・チンテは6回裏を無失点に抑えた。キアは7回表にハンファの2番手チョン・イヌクから6番ファン・デインのタイムリーで1点を追加した。ハンファは7回裏にキアの3番手の大卒新人イ・スンジェから1番チョン・ウヌォンの本塁打で2点を返した。

 ハンファの3番手ユン・ホソルは8回表に追加点を与えなかった。キアの4番手チャン・ヒョンシクは8回裏まで無失点に抑えた。ハンファの4番手チョン・ウラムは9回表に追加点を与えなかった。キアの5番手チョン・ヘヨンは9回裏を無失点に抑え、8位キアが勝利し3連敗から脱出した。5回を1失点に抑えたイ・ウィリは2勝目。キア打線ではキム・ソンビンが3安打1打点と活躍。9位ハンファでは先発キム・ミヌが5回3失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月2日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG    47  28  19  0  .596

2.KT     47  26  21  0  .553

3.LG     49  27  22  0  .551

3.サムソン   49  27  22  0  .551

5.NC     48  25  22  1  .532

5.トゥサン   47  25  22  0  .532

7.キウム    49  24  25  0  .490

8.キア     47  20  27  0  .426

9.ハンファ      48  19  29    0     .396

10.ロッテ    47  17  29   1   .370

 

 (文責 : ふるりん