DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.11) 結果

KT3連勝で2位に浮上

 

 キア-ロッテ(釜山・社稷)は雨天順延、6月12日14時よりダブルヘッダー開催。

 

トゥサン 1-3 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)チョン・ウヨン 3勝2敗1S  (セーブ)コ・ウソク 3敗15S  (敗)イ・スンジン 1勝3敗2S

 トゥサンは2回表にLGの先発スアレスから7番カン・スンホのタイムリーで1点を先制した。LGは3回裏にトゥサンの先発パク・チョンギから5番イ・チョヌンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。トゥサンの2番手ユン・ミョンジュンは6回裏途中まで無失点に抑えた。LGの2番手ソン・ウンボムは7回表を無失点に抑えた。トゥサンの3番手キム・ミョンシンは7回裏まで無失点に抑えた。LGの3番手キム・デユは8回表から登板し途中で4番手チョン・ウヨンに交代した。

 LGは8回裏にトゥサンの4番手イ・スンジンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの5番手イ・ヒョンボムから9番の途中出場の高卒新人イ・ヨンビンへの押し出しの四球で1点を勝ち越し、さらに代わったトゥサンの6番手チャン・ウォンジュンから1番ホン・チャンギへの押し出しの四球で1点を追加した。LGの7番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、LGが勝利し単独首位に浮上した。トゥサンは6位に後退した。

 

 

ハンファ 5-6 KT  (水原)

(勝)キム・ジェユン 4勝1敗12S  (敗)チュ・ヒョンサン 1敗

本塁打) ハンファ : チョ・ハンミン 3号、ノ・シファン 12号  KT : シム・ウジュン 4号

 KTは1回裏にハンファの先発の高卒新人キム・ギジュンから5番ユ・ハンジュンのタイムリーで2点を先制し、2回裏に1番チョ・ヨンホのタイムリーで2点を追加した。KTの先発ソ・ヒョンジュンは5回表まで無失点に抑えた。ハンファは6回表にKTの2番手アン・ヨンミョンから8番チョ・ハンミンの本塁打で3点を返した。KTの3番手イ・チャンジェは無失点に抑えた。ハンファの2番手キム・ジニョンは6回裏途中まで無失点に抑えた。ハンファは7回表にKTの4番手イ・ボグンから4番ノ・シファンの本塁打で4-4の同点に追いつき、代わったKTの5番手キム・ミンスから7番チャン・ウンホのタイムリーで5-4と逆転した。ハンファの3番手ユン・ホソルは7回裏途中まで無失点に抑えた。

 KTの6番手チュ・グォンは8回表に追加点を与えなかった。 ハンファの4番手カン・ジェミンは8回裏を無失点に抑えた。KTの7番手シム・ジェミンは9回表に追加点を与えなかった。KTは9回裏にハンファの5番手チョン・ウラムから9番シム・ウジュンの本塁打で5-5の同点に追いつき、試合は延長に突入した。KTの8番手キム・ジェユンは11回表まで無失点に抑えた。KTは11回裏にハンファの6番手チュ・ヒョンサンから6番チャン・ソンウのタイムリーでサヨナラ勝ちし、3連勝でSSGと同率2位に浮上した。KT打線ではシム・ウジュンが3安打1本塁打1打点と活躍。9位ハンファは一時逆転するも9回裏に追いつかれてしまった。ハンファ打線では3番ハ・ジュソクが3安打、チャン・ウンホが4安打1打点と活躍。

 

 

キウム 6-8 SSG  (仁川)

(勝)オ・ウォンソク 4勝5敗  (敗)チェ・ウォンテ 3勝4敗

本塁打) キウム : パク・トンウォン 10号、パク・ピョンホ 9号  SSG : キム・ガンミン 4号、チェ・ジュファン 5号、ハン・ユソム 7,8号

 SSGは1回裏にキウムの先発チェ・ウォンテから4番チェ・ジョンのタイムリー、6番ハン・ユソムの犠牲フライ、7番キム・ガンミンの本塁打で5点を先制した。SSGは3回裏に5番チェ・ジュファンの本塁打で1点を返した。キウムは5回表にSSGの先発オ・ウォンソクから1番キム・ヘェソンの内野ゴロの間に1点を返した。SSGの2番手キム・テフンは6回表を無失点に抑えた。SSGは6回裏にキウムの2番手オ・ジュウォンからハン・ユソムの本塁打で1点を追加し、3番手チェ・ミンジュンは7回表を無失点に抑えた。

 キウムの3番手ムン・ソンヒョンは7回裏に追加点を与えなかった。キウムは8回表にSSGの4番手キム・サンスから2番パク・トンウォンとパク・ピョンホの本塁打で3点を返した。SSGは8回裏にキウムの4番手ヤン・ヒョンからハン・ユソムの2打席連続本塁打で1点を追加した。キウムは9回表にSSGの5番手ソ・ジニョンからパク・トンウォンのタイムリー、5番孫・ウヒョクへの押し出しの四球で2点を返したが、SSGが勝利しKTと同率2位に浮上した。5回を1失点に抑えたオ・ウォンソクは4勝目。SSG打線ではハン・ユソムが2本塁打3打点、キム・ガンミンが3安打1本塁打2打点と活躍。7位キウムでは先発チェ・ウォンテが5回6失点で降板した。

f:id:takefumif:20210612030527j:plain

SSGのオ・ウォンソクは4勝目を記録 https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=109&aid=0004422634

 

 

NC 5-4 サムソン  (大邱

(勝)ソン・ミョンギ 4勝2敗  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 1敗11S  (敗)オ・スンファン 2敗18S

本塁打) NC : キム・テグン 4号  サムソン : イ・ウォンソク 4号、ピレラ 15号、オ・ジェイル 9号

 サムソンは2回裏にNCの先発ソン・ミョンギから5番イ・ウォンソクの本塁打で1点を先制した。NCは3回表にサムソンの先発チェ・チェフンから3番ナ・ソンボムのタイムリーで1-1の同点に追いついた。ロッテは4回裏に2番ピレラ(元広島)の2試合連続本塁打、4番オ・ジェイルの本塁打で3点を勝ち越した。NCは5回表に9番キム・テグンの本塁打で1点を返した。サムソンの2番手の高卒新人イ・スンヒョン(背番号54)は6回表途中から登板した。サムソンの3番手イム・ヒョンジュンと4番手チェ・ジグァンは7回表を無失点に抑えた。

 NCは8回表にサムソンの5番手ウ・ギュミンから1番パク・ミヌと2番イ・ミョンギのタイムリーで4-4の同点に追いついた。NCは9回表にサムソンの6番手オ・スンファン(元阪神)から7番ノ・ジンヒョクのタイムリーで1点を勝ち越した。NCの2番手イム・ジョンホと3番手ウォン・ジョンヒョンは9回裏を無失点に抑え、NCが勝利し単独5位に浮上した。8回を4失点に抑えたソン・ミョンギは4勝目。NC打線ではイ・ミョンギとナ・ソンボムが3安打1打点と活躍。サムソンは4位に後退。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月11日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.LG     56  32  24  0  .571

2.KT     53  30  23  0  .566

2.SSG    53  30  23  0  .566

4.サムソン   56  31  25  0  .554

5.NC     55  29  25  1  .537

6.トゥサン   54  28  26  0  .519

7.キウム    57  27  30  0  .474

8.キア     53  22  31  0  .415

9.ハンファ      55  23  32    0     .400

10.ロッテ    54  21  32    1   .396

 

 (文責 : ふるりん