DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.18) 結果

KT3連勝で同率3位浮上

 

キウム 15-3 サムソン  (大邱

(勝)ハン・ヒョンヒィ 3勝  (敗)ペク・チョンヒョン 3勝4敗

本塁打) キウム : パク・ピョンホ 5号、チョン・ビョンウ 2号、キム・ヘェソン 3号  サムソン : オ・ジェイル 3号

 サムソンは1回裏にキウムの先発ハン・ヒョンヒィから相手のエラー、5番カン・ミンホのタイムリーで2点を先制した。キウムは3回表にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから2番ソ・ゴンチャンのタイムリー、3番イ・ジョンフの犠牲フライで2-2の同点に追いついた。サムソンは3回裏に4番オ・ジェイルの本塁打で1点を勝ち越した。キウムは5回表に4番パク・ピョンホの本塁打で4-3と逆転した。キウムは6回表にサムソンの2番手キム・デウからチャンスを作り、代わったサムソンの3番手イム・ヒョンジュンから9番キム・ヘェソンと1番イ・ヨンギュのタイムリー、4番手チャン・ピルジュンから5番チョン・ビョンウと6番ソン・ウヒョンのタイムリー、8番チョン・ビョンウの満塁本塁打で計9点を追加した。

 キウムの2番手キム・テフンは6回裏、3番手キム・ジョンインは7回裏を無失点に抑えた。サムソンの5番手イ・スンヒョンは8回表に追加点を与えなかった。キウムの4番手の大卒新人キム・ソンジンは8回裏を無失点に抑えた。キウムは9回表にサムソンの6番手チェ・ジグァンからキム・ヘェソンの本塁打、パク・ピョンホのタイムリーで2点を追加した。キウムの5番手イ・スンホは9回裏を無失点に抑え、7位キウムが勝利し3連勝で勝率5割に戻した。5回を2失点に抑えたハン・ヒョンヒィは3勝目。キウム打線ではパク・ピョンホが1本塁打3打点、キム・ヘェソンが3安打2打点と活躍。首位サムソンでは先発ペク・チョンヒョンが5回4失点で降板するとリリーフ陣が失点を重ねた。

 

 

NC 0-1 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)スアレス 5勝1敗  (セーブ)コ・ウソク 2敗9S  (敗)ルチンスキー 3勝2敗

 LGは5回裏にNCの先発ルチンスキーから3番キム・ヒョンスのタイムリーで1点を先制した。NCの2番手イム・ジョンホと3番手ムン・ギョンチャンは6回裏に追加点を与えなかった。LGの先発スアレスは7回表まで無失点に抑えた。NCの4番手イム・チャンミンは7回裏に追加点を与えなかった。LGの2番手チョン・ウヨンと3番手キム・デユは8回表を無失点に抑えた。

 NCの5番手キム・ジンソンは8回裏に追加点を与えなかった。LGの4番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、LGが完封リレーで勝利し2位に浮上した。スアレスは5勝目。先発ルチンスキーが5回を1失点に抑えるも打線が沈黙したNCは連勝が5で止まり、KTと同率3位に後退した。

 

 

トゥサン 0-1 KT  (水原)

(勝)デスパイネ 4勝3敗  (セーブ)キム・ジェユン 2勝1敗8S  (敗)ロケット 3勝3敗

 KTは3回裏にトゥサンの先発ロケットから3番カン・ベッコのタイムリーで1点を先制した。KTの先発デスパイネは6回表まで無失点に抑えた。KTの2番手アン・ヨンミョンは7回表、3番手キム・ミンスは8回表を無失点に抑えた。トゥサンの2番手イ・スンジンは8回裏まで追加点を与えなかった。

 KTの4番手チョ・ヒョヌは9回表途中で5番手キム・ジェユンに交代するも、KTは完封リレーで勝利し3連勝となりNCと同率3位に並んだ。デスパイネは4勝目。KT打線ではカン・ベッコが3安打1打点と活躍。先発ロケットが6回を1失点に抑えるも打線が沈黙したトゥサンはSSGと同率5位に後退した。

 

 

SSG 7-5 キア  (光州)

(勝)チョン・スミン 1勝1敗  (セーブ)ソ・ジニョン 1勝4S  (敗)メンデン 2勝2敗

本塁打) SSG : チェ・ジョン 10号、ハン・ユソム 4号

 SSGは1回表にキアの先発メンデンから3番チェ・ジョンのタイムリーなどで3点を先制し、5回表にチェ・ジョンと5番ハン・ユソムのタイムリーで2点を追加した。キアは5回裏にSSGの先発チョン・スミンから2番キム・ソンビンのタイムリーで1点を返した。キアは6回裏にSSGの2番手イ・テヤンから8番イ・チャンジンと9番パク・チャンホのタイムリーで2点を返した。SSGは7回表にキアの2番手ユン・ジュンヒョンからチェ・ジョンとハン・ユソムの本塁打で2点を追加した。

 キアは7回裏にSSGの3番手キム・テフンから6番ファン・デインと7番リュ・ジヒョクのタイムリーで2点を返した。キアの3番手の大卒新人イ・スンジェは8回表に追加点を与えなかった。SSGの4番手チェ・ミンジュンは8回裏まで無失点に抑えた。キアの4番手パク・チンテは9回表に追加点を与えなかった。SSGの5番手ソ・ジニョンは9回裏を無失点に抑え、SSGが勝利し3連敗から脱出、トゥサンと同率5位に並んだ。5回を1失点に抑えたチョン・スミンはシーズン初勝利。SSG打線ではプロ野球新記録となる16年連続シーズン10本塁打以上を達成したチェ・ジョンが4安打1本塁打2打点と活躍。先発メンデンが5回5失点で降板した8位キアは4連敗。

f:id:takefumif:20210519001257j:plain

SSGのチェ・ジョンは16年連続シーズン10本塁打以上のプロ野球新記録を達成 https://www.yna.co.kr/view/PYH20210518212100054?input=1196m

 

 

ロッテ 4-3 ハンファ  (大田)

(勝)ストレイリー 3勝3敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 2敗6S  (敗)ぺ・ドンヒョン 2敗

本塁打) ロッテ : チ・シワン 1号、イ・デホ 8号

 ロッテは1回表にハンファの先発の大卒新人ぺ・ドンヒョンから4番アン・チホンの内野ゴロの間に1点を先制すると、7番の高卒新人ナ・スンヨプのタイムリーで1点を追加した。ロッテは3回表に8番チ・シワンのハンファ在籍時の2019年8月以来となる本塁打で1点、4回表に3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で1点を追加した。ハンファの2番手ユン・ホソルは6回表まで追加点を与えなかった。ロッテの先発ストレイリーは6回裏まで無失点に抑えた。ハンファの3番手キム・ボムスは7回表に追加点を与えなかった。

 ハンファは7回裏にロッテの2番手の大卒新人チョン・ウジュンからチャンスを作ると、代わったロッテの3番手キム・デウから9番イム・ジョンチャンのタイムリー、途中出場の1番イ・ソンヨルの犠牲フライで3点を返した。ハンファの4番手カン・ジェミンは8回表に追加点を与えなかった。ロッテの4番手ク・スンミンは8回裏を無失点に抑えた。ハンファの5番手ユン・デギョンは9回表に追加点を与えなかった。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、ロッテが勝利し9位に浮上した。ストレイリーは3勝目。先発ぺ・ドンヒョンが5回途中4失点で降板したハンファは3連敗で最下位に転落した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(5月18日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.サムソン   38  22  16  0  .579

2.LG     37  21  16  0  .568

3.NC     36  20  16  0  .556

3.KT     36  20  16  0  ,556

5.トゥサン   36  19  17  0  .528

5.SSG    36  19  17  0  .528

7.キウム    38  19  19  0  .500

8.キア     36  15  21  0  .417

9.ロッテ    36  14  22  0  .389

10.ハンファ      37  14  23    0     .378

 

 (文責 : ふるりん