DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(7.8) 結果

サムソン3位に後退

  NC-トゥサン(ソウル・蚕室)、キア-ハンファ(大田)は防疫上の理由により中止。LG-ロッテ(釜山・社稷)は雨天中止。 

 

KT 3-2 サムソン  (大邱

(勝)クエバス 5勝5敗  (セーブ)キム・ジェユン 4勝1敗20S  (敗)ブキャナン 9勝3敗

本塁打) KT : ペ・ジョンデ 5号、チャン・ソンウ 9号  サムソン : ク・ジャウク 11号

 KTは2回表にサムソンの先発ブキャナン(元東京ヤクルト)から4番ペ・ジョンデの本塁打で1点を先制し、3回表にペ・ジョンデのタイムリーで1点、6回表に5番チャン・ソンウの本塁打で1点を追加した。サムソンの2番手チェ・ジグァンは7回表に追加点を与えなかった。KTの先発クエバスは7回裏まで無失点に抑えた。サムソンの3番手シム・チャンミンは8回表に追加点を与えなかった。 サムソンは8回裏にKTの2番手チュ・グォンから1番パク・ヘミンのタイムリーで1点を返した。

 KTの3番手パク・シヨンは無失点に抑えた。サムソンの4番手の高卒新人イ・スンヒョン(背番号54)は追加点を与えなかった。サムソンは9回裏にKTの4番手キム・ジェユンから3番ク・ジャウクの本塁打で1点を返したが、首位KTが勝利した。クエバスは5勝目。先発ブキャナンが6回を3失点に抑えるも打線の援護に恵まれなかったサムソンは連勝が3で止まり3位に後退した。

f:id:takefumif:20210709035940j:plain

KTのクエバスは7回無失点で5勝目 https://www.yna.co.kr/view/AKR20210708176251007?input=1195m

 

 

SSG 9-3 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)キム・テッキョン 4勝  (敗)イ・スンホ 1敗

本塁打) SSG : イ・フンニョン 2号
 キウムは2回裏にSSGの先発チェ・ミンジュンから9番チョン・ビョンウのタイムリーで1点を先制した。SSGは5回表にキウムの先発ヨキシュから8番イ・フンニョンの本塁打で1-1の同点に追いついた。キウムは5回裏にSSGの2番手キム・テフンからチャンスを作ると、代わったSSGの3番手の大卒新人チャン・ジフンから5番ソン・ウヒョンの2点タイムリーで3-1と勝ち越した。キウムの2番手キム・テフンは7回表途中から登板した。

 SSGは8回表にキウムの3番手イ・スンホから3番チェ・ジュファンのタイムリー、代わったキウムの4番手キム・ソンミンから4番チョン・ウィユンの犠牲フライ、7番キム・ソンヒョンのタイムリーで5-3と逆転した。キウムの5番手キム・ドンヒョクは追加点を与えなかった。SSGの4番手キム・テッキョンは8回裏まで無失点に抑えた。SSGは9回表にKTの6番手の大卒新人キム・ソンジンからチェ・ジュファン、5番ハン・ユソム、6番キム・ガンミンのタイムリー、キム・ソンヒョンの犠牲フライで4点を追加した。

 SSGの5番手パク・ミンホは9回裏を無失点に抑え、4位SSGが勝利した。SSG打線ではキム・ソンヒョンが3打点、1番オ・テゴンが3安打と活躍。リリーフが機能しなかったキウムは連勝が3で止まり6位に後退した。

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(7月8日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.KT     73  45  28  0  .616

2.LG     75  43  32  0     .573

3.サムソン   77  43  33  1  .566

4.SSG    77  41  34  2  .547

5.NC     74  37  35  2  .514 

6.キウム    80  41  39  0  .513

7.トゥサン   74  36  38  0  .486

8.ロッテ       74     31    42    1      425

9.キア        72  29     43    0     .403

10.ハンファ      76  27  49   0     . 355

 

 (文責 : ふるりん