DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.4) 結果

新球団SSG初勝利

 

LG 2-1 NC  (昌原)

(勝)ハム・トクチュ 1勝  (セーブ)コ・ウソク 1S  (敗)イム・ジョンホ 1敗

本塁打) NC : ナ・ソンボム 1号

 NCは1回裏にLGの先発ケリーから3番ナ・ソンボムの本塁打で1点を先制した。LGは3回表にNCの先発ルチンスキーから3番キム・ヒョンスのタイムリーで1-1の同点に追いついた。NCの2番手ホン・ソンミンは6回表から登板した。LGは7回表にNCの3番手イム・ジョンホからチャンスを作ると、代わった4番手イム・チャンミンからキム・ヒョンスのタイムリーで1点を勝ち越した。LGの2番手ハム・トクチュは7回裏途中まで無失点に抑えた。

 NCの5番手キム・ジンソンは8回表に追加点を与えなかった。LGの3番手チョン・ウヨンは8回裏まで無失点に抑えた。NCの6番手ウォン・ジョンヒョンは9回表に追加点を与えなかった。4番手コ・ウソクは9回裏を無失点に抑え、LGが開幕戦でシーズン初勝利、リュ・ジヒョン新監督にとっても初勝利をあげた。ハム・トクチュはトゥサンからの移籍後初勝利。2020年の韓国シリーズ優勝チームであるNCは5回を1失点に抑えた先発ルチンスキーを打線が援護できなかった。

 

 

キア 1-4 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)パク・チグク 1勝  (セーブ)キム・ガンニュル 1S  (敗)ブルックス 1敗

本塁打) トゥサン : パク・コヌ 1号

 キアは3回表にトゥサンの先発の新外国人ロケットから2番キム・ソンビンのタイムリーで1点を先制した。トゥサンの2番手イ・スンジンは6回表途中から、3番手ナム・ホは7回表途中から登板し追加点を与えなかった。トゥサンの4番手パク・チグクは8回表に追加点を与えなかった。トゥサンは8回裏にキアの先発ブルックスから1番ホ・ギョンミンのタイムリーで1-1の同点に追いつくと、代わった2番手イ・ジュニョンからさらにチャンスを拡大し、3番手チャン・ヒョンシクから3番パク・コヌの本塁打で3点を勝ち越し逆転した。

 キアの4番手チョン・ヘヨンは追加点を与えなかった。5番手キム・ガンニュルは9回表に相手の反撃を断ちトゥサンが開幕戦でシーズン初勝利をあげた。キム・ガンニュルは2018年5月以来のセーブ。キアでは先発ブルックスが8回途中2失点も打線の援護に恵まれなかった。キア打線ではキム・ソンビンが3安打1打点と活躍。

 

 

ハンファ 2-3 KT  (水原)

(勝)キム・ジェユン 1勝  (敗)キム・ボムス 1敗

本塁打) KT : チャン・ソンウ 1号

 ハンファは1回表にKTの先発ソ・ヒョンジュンから4番の新外国人ヒーリーの韓国初打点となるタイムリーで1点を先制した。KTは5回裏にハンファの先発キム・ミヌから6番チャン・ソンウの本塁打で1-1の同点に追いつき、9番シム・ウジュンの犠牲フライで2-1と逆転した。ハンファは6回表に6番イム・ジョンチャンのタイムリーで2-2の同点に追いついた。KTの2番手チョン・ユスは7回表途中で3番手チュ・グォンに交代した。

 ハンファの2番手キム・ジニョンは7回裏途中まで、3番手カン・ジェミンは8回裏途中まで無失点に抑えた。KTの3番手キム・ミンスは9回表途中まで無失点に抑えたが、4番手キム・ジェユンに交代した。KTは9回裏にハンファの4番手キム・ボムスから8番ペ・ジョンデのタイムリーでサヨナラ勝ちし、開幕戦でシーズン初勝利をあげた。ハンファは9回表の勝ち越しのチャンスを生かせなかった。

 

 

サムソン 4-7 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)キム・ソンギ 1勝  (セーブ)オ・ジュウォン 1S  (敗)ライブリー 1敗

本塁打) キウム : キム・スファン 1号、パク・ピョンホ 1号

 サムソンは3回表にキウムの先発アン・ウジンから相手のエラー、7番カン・ミンホのタイムリーで3点を先制した。キウムの2番手キム・ジェウンは4回表、3番手キム・ソンギは5回表に追加点を与えなかった。キウムは5回裏にサムソンの先発ライブリーから8番キム・スファンのプロ4年目にしての初本塁打、2番キム・ヘェソンのタイムリー、6番の新外国人フレイタスの韓国初打点となるタイムリーで4-3と逆転すると、代わったサムソンの2番手シム・チャンミンからキム・スファンと9番パク・トンウォンのタイムリーで2点を追加した。サムソンの3番手イム・ヒョンジュンは追加点を与えなかった。

 キウムの4番手キム・ソンミンは6回表を無失点に抑えた。キウムは6回裏にサムソンの4番手イ・スンヒョンから4番パク・ピョンホの本塁打で1点を追加した。キウムの5番手ヤン・ヒョンは7回表を無失点に抑えた。サムソンの5番手キム・ユンスは7回裏に追加点を与えなかった。サムソンは8回表にキウムの6番手キム・テフンから1番パク・ヘミンの犠牲フライで1点を返し、6番手チェ・ジグァンは8回裏を無失点に抑えた。7番手オ・ジュウォンは9回表に相手の反撃を断ちキウムが勝利した。キム・ソンギは2019年8月以来の勝利。キウム打線ではキム・ヘェソンが3安打1打点と活躍。サムソンでは先発ライブリーが5回途中6失点で降板した。

 

 

ロッテ 3-5 SSG  (仁川)

(勝)ルウィキ 1勝  (セーブ)キム・サンス 1S  (敗)ストレイリー 1敗

本塁打) ロッテ : キム・ジュンテ 1号、チョン・フン 1号  SSG : チェ・ジョン 1,2号、チェ・ジュファン 1,2号

 この試合は新球団SSGランダースにとって初のレギュラーシーズン開幕戦となった。SSGは2回裏にロッテの先発ストレイリーから4番チェ・ジョンの本塁打で1点を先制した。ロッテは4回表にSSGの先発の新外国人ルウィキから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)のタイムリーで1-1の同点に追いついた。SSGは4回裏に5番チェ・ジュファンのトゥサンからの移籍後初本塁打で2点を勝ち越した。ロッテは5回表に7番キム・ジュンテの本塁打で1点を返した。SSGの2番手キム・テフンは7回表を無失点に抑えた。

 ロッテの2番手ク・スンミンは7回裏に追加点を与えなかった。SSGの3番手イ・テヤンは8回表を無失点に抑えた。SSGは8回裏にロッテの3番手チェ・ジュニョンからチェ・ジョンとチェ・ジュファンの2者連続本塁打で2点を追加した。ロッテは9回表にSSGの4番手キム・サンスから5番チョン・フンの本塁打で1点を返したが、新球団SSGがチーム史上初勝利、キム・ウォンヒョン新監督にとっても初勝利をあげた。6回を2失点に抑えたルウィキは韓国初勝利。キム・サンスはキウムからの移籍後初セーブ。SSG打線ではチェ・ジュファンが3安打2本塁打3打点、チェ・ジョンが3安打2本塁打2打点と活躍。ロッテでは先発ストレイリーが6回を3失点に抑えるも主導権を握れなかった。

f:id:takefumif:20210404230207j:plain

2本塁打を記録したチェ・ジュファンとチェ・ジョン(SSG) http://www.munhwa.com/news/view.html?no=20210404MW18230813157

 

(文責 : ふるりん