DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.26) 結果

5位SSG3連勝

 

LG 4-0 ハンファ (大田)

(勝)イム・ジュンヒョン 1勝  (敗)キム・ミヌ 14勝10敗

 LGは1回表にハンファの先発キム・ミヌから4番チェ・ウンソンのタイムリーで1点を先制し、6回表に3番キム・ヒョンスの犠牲フライ、チェ・ウンソンのタイムリーで2点を追加した。LGの先発イム・ジュンヒョンは6回裏まで無失点に抑えた。LGの2番手チョン・ウヨンは7回裏、3番手キム・デユは8回裏を無失点に抑えた。

 LGは9回表にハンファの2番手キム・ジョンスから6番キム・ミンソンの犠牲フライで1点を追加した。ハンファの3番手チョン・ウラムは追加点を与えなかった。LGの4番手コ・ウソクは9回裏を無失点に抑え、3位LGが完封リレーで勝利し引き分け4つを挟んでの3連敗から脱出した。イム・ジュンヒョンはプロ3年目にして初勝利。チェ・ウンソンは3安打2打点。先発キム・ミヌが7回を3失点に抑えるも打線が沈黙した最下位ハンファは引き分け1つを挟み4連敗。

f:id:takefumif:20211026235655j:plain

イム・ジュンヒョン(LG)は6回無失点でプロ初勝利 https://sports.donga.com/article/all/20211026/109925707/1

 

 

キウム 2-7 トゥサン (ソウル・蚕室)

(勝)イ・ヒョンスン 3勝1敗  (敗)チェ・ウォンテ 9勝11敗

本塁打) トゥサン : チョン・スビン 3号

 キウムは3回表にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンから3番イ・ジョンフのタイムリーで1点を先制した。トゥサンは4回裏にキウムの先発チェ・ウォンテから6番パク・ケェボムのタイムリーで1-1の同点に追いつき、5回裏に1番チョン・スビンの本塁打で3-1と逆転しチェ・ウォンテをノックアウトした。トゥサンの2番手イ・ヒョンスンは6回表途中まで無失点に抑えた。トゥサンは6回裏にキウムの2番手イ・スンホからチャンスを作ると、代わったキウムの3番手の大卒新人キム・ソンジンから8番パク・セヒョクへの押し出しの四球、さらに代わったキウムの4番手の高卒新人キム・ソンジンから9番カン・スンホと途中出場の2番アン・グォンスのタイムリーで計4点を追加した。

 トゥサンの3番手イ・ヨンハは7回表まで無失点に抑えた。キウムの5番手ユン・ジョンヒョンは7回裏に追加点を与えなかった。キウムは8回表にトゥサンの4番手キム・ミョンシンからイ・ジョンフのタイムリーで1点を返し、6番手パク・チュソンは8回裏に追加点を与えなかった。トゥサンの5番手イ・スンジンは9回表を無失点に抑え、4位トゥサンが勝利した。6位キウムでは先発チェ・ウォンテが5回途中3失点で降板した。

 

 

SSG 7-5 NC (昌原)

(勝)キム・サンス 4勝3敗6S  (セーブ)キム・テッキョン 5勝1敗6S  (敗)ホン・ソンミン 3勝4敗

本塁打) SSG : チュ・シンス 21号  NC : アルテール 31号、キム・ジュウォン 4号

 NCは2回裏にSSGの先発チェ・ミンジュンから4番アルテールの本塁打で1点を先制した。SSGは3回表にNCの先発シン・ミンヒョクから相手の暴投で1-1の同点に追いついた。NCは3回裏に9番の高卒新人キム・ジュウォンの本塁打で3-1と勝ち越した。SSGの2番手キム・サンスは5回裏まで追加点を与えなかった。SSGは6回表にNCの2番手ホン・ソンミンからチャンスを作ると、代わったNCの3番手キム・ジンソンから9番キム・チャンヒョンのタイムリーなどで3-3の同点に追いつき、さらに代わったNCの4番手ソン・ジョンウクから1番チェ・ジフンのタイムリー、代打キム・ガンミンの犠牲フライ、3番チュ・シンス本塁打で7-3と逆転した。

 SSGの3番手パク・ミンホは6回裏から登板した。NCの5番手ウォン・ジョンヒョンは7回表に追加点を与えなかった。NCは7回裏にSSGの4番手の大卒新人チャン・ジフンからチャンスを作ると、代わったSSGの5番手ソ・ジニョンから代打チョン・ミンスのタイムリーなどで2点を返した。NCの6番手イム・ジョンホは8回表、7番手イム・チャンミンは9回表に追加点を与えなかった。SSGの6番手キム・テッキョンは9回裏を無失点に抑え、5位SSGが勝利し引き分け1つを挟み3連勝となった。SSG打線ではチェ・ジフンが3安打2打点、7番パク・ソンハンが3安打と活躍。7位NCではリリーフが機能しなかった。NC打線ではキム・ジュウォンが3安打1本塁打2打点と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(10月26日時点)

            試合   勝   敗   分   勝率

1.サムソン   141  75  57  9   .568

2.KT     139  74  57  8      .565

3.LG     140  70  57  13  .551

4.トゥサン   140  68  64  8   .515

5.SSG    141  65  62  14  .512

6.キウム    141  67  67  7   .500

7.NC     139  65  66  8   .496

8.ロッテ       140    64     68     8      .485

9.キア        140    56     74        10    .431

10.ハンファ      141    49       81     11     .377

 

 (文責 : ふるりん