DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.27) 結果

首位NC8連勝  KT、再び単独3位に浮上 

 

NC 5-4 ハンファ  (大田)

(勝)イ・ジェハク 5勝6敗  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 3勝4敗26S  (敗)チャン・シファン 4勝13敗

本塁打) NC : アルテール 25号

 NCは1回表にハンファの先発チャン・シファンから6番パク・ソンミンのタイムリーなどで2点を先制し、2回表に8番アルテールの本塁打で1点、3回表に相手の暴投で1点を追加した。ハンファの2番手キム・ジニョンは6回表に追加点を与えなかった。NCの先発イ・ジェハクは6回裏途中まで無失点に抑え、2番手キム・ジンソンに交代した。NCは7回表にハンファの3番手パク・サンウォンから5番ナ・ソンボムのタイムリーで1点を追加した。

 ハンファは7回裏にNCの3番手イム・チャンミンから途中出場の7番チョン・ギフンへの押し出しの四球、代わった4番手ムン・ギョンチャンから途中出場の8番チェ・インホの併殺打の間に計2点を返した。ハンファの4番手チャン・ミンジェは8回表、5番手パク・チュホンは9回表に追加点を与えなかった。ハンファは9回裏にNCの5番手ウォン・ジョンヒョンから途中出場の6番イ・へチャンのタイムリーで2点を返したが、首位NCが勝利し8連勝となった。イ・ジェハクは5勝目。最下位ハンファでは先発チャン・シファンが5回4失点で降板した。

 

 

キウム 7-3 トゥサン  (ソウル・蚕室:ダブルヘッダー第1戦)

 (勝)アン・ウジン 2勝1敗2S  (セーブ)ヤン・ヒョン 7勝3敗2S  (敗)イ・スンヒョン 2勝1敗2S

本塁打) キウム : キム・ハソン 27号、ピョン・サングォン 1号

 キウムは2回表にトゥサンの先発フレクセンから5番キム・ハソンの本塁打で2点を先制し、先発ハン・ヒョンヒィは6回裏途中まで無失点に抑えた。トゥサンは7回裏にキウムの2番手キム・サンスからチャンスを作ると、代わった3番手アン・ウジンから代打パク・コヌのタイムリー、1番チョン・スビンの犠牲フライで2-2の同点に追いついた。キウムは8回表にトゥサンの2番手イ・ヒョンスンからチャンスを作ると、代わった3番手イ・スンジンから3番ソ・ゴンチャン、4番イ・ジョンフのタイムリーで2点を勝ち越し、4番手キム・ガンニュルから途中出場の7番ピョン・サングォンのプロ3年目にしての初本塁打で3点を追加した。

 トゥサンは8回裏にキウムの5番手キム・テフンから6番パク・セヒョクのタイムリーで1点を返し、5番手クォン・ヒィは9回表に追加点を与えなかった。5番手ヤン・ヒョンは9回裏まで無失点に抑え、2位キウムが勝利した。キウム打線では1番パク・チュンテが3安打と活躍。5位トゥサンではリリーフが機能しなかった。

 

 

キウム 1-6 トゥサン  (ソウル・蚕室:ダブルヘッダー第2戦)

 (勝)ホン・ゴンヒィ 3勝3敗1S  (敗)ユン・ジョンヒョン 1敗 

 トゥサンは3回裏にキウムの先発ユン・ジョンヒョンから2番フェルナンデスと3番チェ・ジュファンのタイムリーで2点を先制した。2番手ヤン・ギヒョンは4回裏に追加点を与えず、キウムは5回表にトゥサンの先発ハム・トクチュから3番イ・ジョンフのタイムリーで1点を返した。トゥサンは5回裏にキウムの3番手キム・ソンギからチャンスを作ると、代わった4番手キム・ソンミンからチェ・ジュファンのタイムリーなどで2点を追加した。トゥサンは6回裏にキウムの5番手チョ・ソンウンから8番パク・セヒョクのタイムリーで1点を追加し、2番手ホン・ゴンヒィは7回表途中まで無失点に抑え3番手イ・スンジンに交代した。

 トゥサンは7回裏にキウムの6番手チョ・ヨンゴンからチャンスを作り、代わった7番手キム・ジェウンから6番ホ・ギョンミンの犠牲フライで1点を追加した。4番手パク・チグクは9回表まで相手の反撃を断ち、5位トゥサンが勝利した。トゥサン打線ではフェルナンデスが3安打1打点と活躍。2位キウムでは先発ユン・ジョンヒョンが4回途中2失点で降板した。キウム打線では5番イ・ジヨンが3安打と活躍。

 

 

LG 4-5 KT  (水原)

(勝)イ・ボグン 3勝1敗4S  (敗)コ・ウソク 3敗13S

本塁打) LG : イ・ヒョンジョン 11,12号  KT : ムン・サンチョル 6号

 LGは2回表にKTの先発キム・ミンスから5番イ・ヒョンジョンの本塁打で2点を先制した。KTは2回裏にLGの先発ケリーから5番ムン・サンチョルの本塁打で1点を返し、3回裏に3番ファン・ジェギュンの2点タイムリーで3-2と逆転した。LGは4回表にイ・ヒョンジョンのタイムリーで3-3の同点に追いついた。KTの2番手チョ・ヒョヌは無失点に抑えた。LGは6回表にKTの3番手ハ・ジュンホからイ・ヒョンジョンのこの試合2本目の本塁打で4-3と勝ち越した。KTの4番手チュ・グォンは7回表、5番手ソン・ドンヒョンは8回表に追加点を与えなかった。

 LGは8回裏から2番手チョン・ウヨンを登板させた。KTの6番手イ・ボグンは9回表に追加点を与えなかった。KTは9回裏にLGの3番手コ・ウソクから相手のエラーで4-4の同点に追いつくと、1番ペ・ジョンデのタイムリーで逆転サヨナラ勝ちし、再び単独3位に浮上した。KT打線ではムン・サンチョルが3安打1本塁打1打点と活躍。リリーフが機能しなかったLGは4位に後退。LG打線ではイ・ヒョンジョンが3安打2本塁打4打点と活躍。 

f:id:takefumif:20140103100334j:plain

9回表を無失点に抑え3勝目をあげたKTのイ・ボグン http://www.xportsnews.com/?ac=article_view&entry_id=1330653

 

 

ロッテ 1-2 キア  (光州)

(勝)パク・チュンピョ 5勝2S  (敗)パク・チンヒョン 1勝4敗

 キアは4回裏にロッテの先発ストレイリーから6番キム・テジンのタイムリーで1点を先制した。ロッテは8回表にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから7番オ・ユンソクのタイムリーで1-1の同点に追いついた。キアの2番手ホン・サンサム、3番手イ・ジュニョンは勝ち越し点を許さず、ロッテは8回裏から2番手ク・スンミンを登板させた。

 キアの4番手の高卒新人チョン・ヘヨンは9回表まで、ロッテの3番手キム・ウォンジュンは9回裏までそれぞれ無失点に抑え、試合は延長に突入した。キアの5番手パク・チュンピョは10回表を無失点に抑えた。キアは10回裏にロッテの4番手パク・チンヒョンからチャンスを作ると、代わった5番手の高卒新人チェ・ジュニョンからキム・テジンのタイムリーで2-1とサヨナラ勝ちした。キア打線ではキム・テジンが3安打2打点と活躍。7位ロッテは終盤のチャンスを生かしきれなかった。

 

 

SK 12-1 サムソン  (大邱

(勝)パク・チョンフン 9勝10敗  (敗)ウォン・テイン 6勝8敗

本塁打) SK : コ・ジョンウク 3号、キム・ガンミン 9,10号、リュ・ヒョスン 1号

 SKは2回表にサムソンの先発ウォン・テインから5番チェ・テインと8番キム・チャンピョンのタイムリーで2点を先制し、3回表に3番コ・ジョンウクの本塁打、代打チェ・ジョンのタイムリー、6番キム・ガンミンの2試合連続本塁打で4点を追加し、ウォン・テインをノックアウトした。サムソンは3回裏にSKの先発パク・チョンフンから6番イ・ウォンソクのタイムリーで1点を返し、2番手イ・サンミンは4回表まで追加点を与えなかった。SKは5回表にサムソンの3番手チャン・ピルジュンからキム・ガンミンの2打席連続本塁打で2点を追加した。

 サムソンの4番手イム・ヒョンジュンは6回表に追加点を与えなかった。SKは7回表にサムソンの5番手キム・ユンスからキム・ガンミンのタイムリーで1点を追加し、2番手イ・テヤンは7回裏まで無失点に抑えた。サムソンの6番手チャン・ジフンは8回表に追加点を与えなかった。SKの3番手キム・ジュハンは8回裏を無失点に抑えた。SKは9回表にサムソンの7番手ホン・ジョンウから代打の大卒新人リュ・ヒョスンのプロ初打点となる初本塁打、7番イ・ジェウォンのタイムリーで3点を追加した。

 4番手シン・ジェウンが9回裏を無失点に抑え、9位SKが勝利した。5回を1失点に抑えたパク・チョンフンは9勝目。SK打線ではキム・ガンミンが3安打2本塁打5打点、チェ・ジョンが3安打1打点と活躍。8位サムソンでは先発ウォン・テインが3回途中6失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(9月27日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.NC    116  71  42  3  .628

2.キウム   124  71  52  1     .577

3.KT    117  66  50  1  .569

4.LG    119  65  51    3     .560

5.トゥサン  118  62  53  4  .539

6.キア    115  61  54  0  .530

7.ロッテ   116  58  57  1  .504

8.サムソン  118  52  64  2  .448

9.SK    120  40  79  1  .336

10.ハンファ  118    36  80  2  .310

 

(文責 : ふるりん