DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

ポストシーズン速報(10.10)

2019年 準プレーオフ 第4戦 キウムが逆転勝ちでプレーオフ進出決定


キウム 10-5 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)イ・ヨンジュン 1勝  (敗)チャ・ウチャン 1敗
本塁打) キウム : パク・ピョンホ 3号LG : ペゲーロ 2号

 

 対戦成績をキウムの2勝1敗として始まった準プレーオフ第4戦は、LGの本拠地・蚕室野球場で開始された。

 

 キウムは1回表にLGの先発イム・チャンギュから3番イ・ジョンフの犠牲フライで1点を先制し、4番パク・ピョンホの準プレーオフ3本目となる本塁打で1点を追加した。LGは1回裏にキウムの先発チェ・ウォンテから4番キム・ヒョンスのタイムリーで1点を返した。LGは2回裏に6番ペゲーロ(元東北楽天)の2試合連続本塁打で2-2の同点に追いつくと、代わったキウムの2番手キム・ソンミンから1番イ・チョヌンのタイムリーで3-2と逆転し、2番オ・ジファンの犠牲フライで1点を追加した。キウムは3回表にLGの2番手チン・ヘスから3番イ・ジョンフのタイムリーで1点を返した。

 LGは4回裏にキウムの3番手アン・ウジンから相手のエラーで1点を追加した。キウムの4番手ヤン・ヒョンは追加点を与えなかった。LGは5回裏にキウムの5番手ユン・ヨンサムから追加点のチャンスを作るも。6番手ハン・ヒョンヒィが追加点を与えなかった。キウムは6回表にLGの3番手キム・デヒョンからチャンスを作ると、代わった4番手チャ・ウチャンから代打パク・トンウォンの2点タイムリーで5-5の同点に追いついた。キウムの7番手イ・ヨンジュンは6回裏を無失点に抑えた。

 キウムは7回表にチャ・ウチャンからチャンスを作ると、代わった5番手の高卒新人チョン・ウヨンから5番サンズのタイムリーで6-5と逆転した。LGは7回裏にキウムの8番手キム・ドンジュンからペゲーロが安打で出塁するも、代わった9番手チョ・サンウは無失点に抑えた。キウムは8回表にチョン・ウヨンから7番キム・ハソンのタイムリーで2点を追加すると、代わったLGの6番手イ・ウチャンからチャンスを拡大し、7番手ソン・ウンボムからパク・ピョンホのタイムリーと相手のエラーでもう2点を追加した。チョ・サンウは8回裏も無失点に抑えた。

 LGの8番手ぺ・ジェジュンは9回表に追加点を与えなかった。10番手オ・ジュウォンは9回裏に相手の反撃を断ち、キウムが逆転勝ちで準プレーオフの対戦成績を3勝1敗とし、2年連続のプレーオフ進出を決めた。イ・ヨンジュンはプロ6年目にしてポストシーズン初勝利。キウム打線ではパク・ピョンホが3安打1本塁打2打点と活躍し、第1戦の決勝本塁打など印象的な活躍もあり準プレーオフのMVP(最優秀選手)を受賞した。

f:id:takefumif:20191011001203j:plain

プレーオフMVPを受賞したキウムのパク・ピョンホ(https://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=018&aid=0004487844 より)。

 

 2016年など過去の準プレーオフ5回をすべて勝ち抜きプレーオフに進出したLGだったが、3年ぶりのポストシーズンで初めて準プレーオフ敗退となった。打線は活発だったがリリーフの柱となるコ・ウソクなど若手が経験不足で、チャ・ウチャンをNCとのワイルドカード決定戦から先発だけでなくリリーフにも起用したが第4戦で限界を迎えてしまい終盤に失点を重ねた。LG打線ではペゲーロが3安打1本塁打1打点、9番チョン・ジュヒョンが3安打と活躍。

 

 2年連続でSK(レギュラーシーズン2位)とキウムの対戦となったプレーオフは、10月14日18時半よりSKの本拠地・仁川SK幸福ドリーム球場で開始となる。

 

(文責:ふるりん