DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

ポストシーズン速報(10.9)

2019年 準プレーオフ 第3戦 LG逆転勝ちで1勝2敗に


キウム 2-4 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)チン・ヘス 1勝  (セーブ)コ・ウソク 1敗1S  (敗)オ・ジュウォン 1敗
本塁打) LG : チェ・ウンソン 1号、ペゲーロ 1号

 

 キウムが第1戦,2戦と勝利した準プレーオフ第3戦は、舞台をLGの本拠地・蚕室野球場に移して盛大に始まった。

 キウムは1回表にLGの先発ケリーから2番イ・ジョンフが安打で出塁し、相手の暴投の間に2塁へ進むと4番パク・ピョンホのタイムリーで1点を先制し、2回表には7番イ・ジヨンと8番キム・ギュミンの連打でチャンスを作り、1番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点を返した。LGは2回裏にキウムの先発イ・スンホから5番チェ・ウンソンと7番ユ・ガンナムの四球でチャンスを作り、8番チョン・ジュヒョンのタイムリーで1点を返した。

 LGは4回裏にチェ・ウンソンのポストシーズン本塁打で2-2の同点に追いつき、5回裏に代打オ・ジファンの四球や送りバントで逆転のチャンスをつくった。ここでキウムは2番手ヤン・ヒョン、3番手イ・ヨンジュンの継投で無失点に抑えた。LGは6回裏にキウムの4番手キム・ドンジュンからチェ・ウンソンが安打で出塁したが無得点に終わった。キウムは7回表にLGの2番手ソン・ウンボムから先頭のイ・ジヨンが安打で出るも、代わった3番手チン・ヘスが無失点に抑えた。するとLGは7回裏にキウムの5番手オ・ジュウォンからチョン・ジュヒョンが二塁打と相手のエラーで3塁まで進むと、オ・ジファンの犠牲フライで勝ち越し3-2と逆転した。

 LGの4番手の高卒新人チョン・ウヨンは8回表途中から登板し無失点に抑えた。LGは8回裏にキウムの6番手キム・サンスから途中出場の3番ペゲーロ(元東北楽天)の本塁打で1点を追加した。キウムは9回表にLGの5番手コ・ウソクから5番キム・ハソンへの四球、代打ソン・ソンムンへの死球送りバントで2,3塁のチャンスを作るも、ここはコ・ウソクが抑えLGが逆転勝ちで準プレーオフ初勝利をあげ、対戦成績を1勝2敗とし決着は第4戦以降となった。

 チン・ヘスはプロ15年目にしてポストシーズン初勝利、コ・ウソクはプロ3年目にしてポストシーズン初セーブなど、6回を2失点に抑えた先発ケリーなどLGは投手陣が機能した。敗れたキウムは先発イ・スンホが5回途中で降板し継投も機能せず、打線も3回表以降沈黙した。

f:id:takefumif:20191009222655j:plain

ポストシーズン初勝利をあげたLGのチン・ヘス。

 

 

 準プレーオフ第4戦は10月10日18時半より蚕室野球場で開始され、予告先発はLGがイム・チャンギュ(※ 30試合・3勝5敗2ホールド・防御率4.97)、キウムがチェ・ウォンテ(※ 27試合・11勝5敗・防御率3.38)と発表された。

 

※ 2019年レギュラーシーズンの成績。

 

(文責:ふるりん