DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.13) 結果

トゥサン2位浮上  5位NC3連勝

  

K 0-1 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)パク・セウン 3勝5敗  (セーブ)ソン・スンナク 4勝3敗9S  (敗)パク・チョンフン 8勝10敗

 ロッテは2回裏にSKの先発パク・チョンフンから7番キム・ミンスのプロ3年目での初打点となるタイムリーで1点を先制し、先発パク・セウンは6回表まで無失点に抑えた。パク・チョンフンは3回裏以降追加点を与えなかった。ロッテの2番手キム・ゴングクは7回表を無失点に抑えた。SKの2番手チョン・ヨンイルは7回裏に追加点を与えなかった。ロッテの3番手チェ・ヨンファンは8回表途中で4番手チン・ミョンホに交代した。

 SKの3番手パク・ヒィスは8回裏に追加点を与えなかった。5番手パク・クンホンと6番手ソン・スンナクは9回表に相手の反撃を断ち、最下位ロッテが完封リレーで勝利した。パク・セウンは3勝目。首位SKでは先発パク・チョンフンが6回を1失点に抑えるも打線が沈黙した。

 

  

LG 4-1 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)ソン・ウンボム 1勝3敗1S  (セーブ)コ・ウソク 8勝2敗30S  (敗)オ・ジュウォン 3勝3敗17S

本塁打)LG : ユ・ガンナム 14号

 キウムの先発チェ・ウォンテは7回表まで無失点に抑えた。LGの先発ペ・ジェジュンは7回裏途中まで無失点に抑え、2番手チン・ヘスに交代した。キウムの2番手キム・サンスは8回表を無失点に抑えた。キウムは8回裏にLGの3番手キム・デヒョンからチャンスを作り、代わった4番手ソン・ウンボムから6番パク・トンウォンのタイムリーで1点を返した。

 LGは9回表にキウムの3番手オ・ジュウォンから6番ペゲーロ(元東北楽天)のタイムリーで1-1の同点に追いつくと、代わった4番手アン・ウジンから代打ユ・ガンナムの本塁打で4-1と逆転した。5番手コ・ウソクは9回裏に相手の反撃を断ち、4位LGが勝利した。ソン・ウンボムはハンファからの移籍後初勝利。コ・ウソクはプロ野球史上初めて21歳にしてシーズン30セーブを達成。キウムは連勝が4で止まり3位に後退した。

f:id:takefumif:20190913222216j:plain

21歳にしてシーズン30セーブを達成したLGのコ・ウソク(https://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=117&aid=0003273141 より)。

 

 

キア 2-6 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ユ・ヒィグァン 9勝8敗  (敗)ウィーランド 8勝10敗

 トゥサンは2回裏にキアの先発ウィーランド(元横浜DeNA)から相手のエラー、7番パク・セヒョクのタイムリー、9番キム・インテの犠牲フライで3点を先制し、3回裏に5番チェ・ジュファンと6番キム・ジェファンのタイムリーで2点を追加した。キアは6回表にトゥサンの先発ユ・ヒィグァンから2番ファン・ユンホと3番イ・ウソンのタイムリーで2点を返した。

 トゥサンは8回裏にキアの2番手ハ・ジュニョンからチェ・ジュファンのタイムリーで1点を追加し、ユ・ヒィグァンは9回表まで投げて相手の反撃を断ち勝利し、キウムを抜いて2位に浮上した。2失点で完投したユ・ヒィグァンは9勝目。トゥサン打線ではチェ・ジュファンが3安打2打点と活躍。7位キアでは先発ウィーランドが7回5失点で降板した。

 

 

NC 5-2 KT  (水原)

(勝)ルチンスキー 9勝9敗  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 3勝2敗30S  (敗)クエバス 13勝9敗

本塁打)NC : キム・ソンウク 9号

 NCは4回表にKTの先発クエバスから5番モ・チャンミンと6番スモリンスキーのタイムリーで3点を先制し、5回表に9番キム・ソンウクの本塁打で1点を追加した。KTは5回裏にNCの先発ルチンスキーから3番カン・ベッコのタイムリーで1点を返した。NCの2番手ペ・ジェファンは6回裏を無失点に抑えた。NCは7回表にKTの2番手チュ・グォンから1番キム・テジンのタイムリーで1点を追加した。

 KTは8回裏にNCの3番手キム・ゴンテからチャンスを作り、代わった4番手チャン・ヒョンシクから代打チョ・ヨンホの内野ゴロの間に1点を返した。KTの3番手キム・ジェユンは9回表に追加点を与えなかった。5番手ウォン・ジョンヒョンは9回裏に相手の反撃を断ち、5位NCが勝利し3連勝となった。5回を1失点に抑えたルチンスキーは9勝目。ウォン・ジョンヒョンはプロ14年目にして自身初のシーズン30セーブを達成。NC打線ではキム・テジンが3安打1打点と活躍。先発クエバスが7回途中5失点で降板した6位KTは4連敗。

 

 

ハンファ 5-4 サムソン  (大邱

(勝)シン・ジョンナク 4勝1敗  (セーブ)チョン・ウラム 4勝2敗21S  (敗)ウ・ギュミン 2勝7敗13S

本塁打)ハンファ : チェ・ジンヘン 4号  サムソン : ウィリアムソン 4号

 サムソンは2回裏にハンファの先発チャン・ミンジェから4番ラフと5番イ・ウォンソクのタイムリーで2点を先制した。ハンファは5回表にサムソンの先発ユン・ソンファンから3番キム・テギュン(元千葉ロッテ)への押し出しの四球、4番イ・ソンヨルのタイムリー、相手のエラーで4-2と逆転した。サムソンは5回裏に2番ウィリアムソンの2試合連続本塁打で1点を返し、代わったハンファの2番手キム・ボムスから6番イ・ハクチュの犠牲フライで4-4の同点に追いついた。サムソンの2番手キム・デウと3番手イム・ヒョンジュンは6回表まで無失点に抑えた。

 サムソンの4番手チェ・ジグァンは7回表、5番手チャン・ピルジュンは8回表、ハンファの3番手シン・ジョンナクは8回裏をそれぞれ無失点に抑えた。9位ハンファは9回表にサムソンの6番手ウ・ギュミンから途中出場の2番チェ・ジンヘンの本塁打で1点を勝ち越し、4番手チョン・ウラムは9回裏に相手の反撃を断ち勝利した。8位サムソンは終盤に打線がつながらず連勝は3で止まった。

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(9月13日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK    132  83  48  1  .634

2.トゥサン  130  79  51  0  .608

3.キウム   137  82  54  1  .603

4.LG    131  72  58  1  .554

5.NC    132  67  64  1  .511

6.KT       134    64  68     2    .485

7.キア    134  57  75  2  .432

8.サムソン  131  56  74  1  .431   

.ハンファ  133  51  82  0     .383

10.ロッテ   134  47  84  3  .359

 

(文責 : ふるりん