DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.24) 結果

キア単独4位に浮上

 

ロッテ 2-3 SSG  (仁川)

(勝)ソ・ジニョン 3勝2S  (敗)バーンズ 6勝1敗

本塁打) SSG : ハ・ジェフン 1号

  SSGは3回裏にロッテの先発バーンズから7番ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)の韓国でのプロ初本塁打で1点を先制し、4回裏に5番パク・ソンハンのタイムリーで1点を追加した。ロッテは7回表にSSGの先発オ・ウォンソクからチャンスを作ると、代わったSSGの2番手チョ・ヨハンから相手の暴投、7番キム・ミンスのタイムリーで2-2の同点に追いついた。SSGの3番手コ・ヒョジュンは8回表途中まで無失点に抑えた。

 SSGの4番手ソ・ジニョンは9回表まで無失点に抑えた。首位SSGは9回裏にバーンズとロッテの2番手ク・スンミンからチャンスを作り、代わったロッテの3番手キム・ユヨンから8番チェ・ジフンへの押し出しの死球でサヨナラ勝ちした。SSG打線では2番オ・テゴンが3安打と活躍。6位ロッテでは先発バーンズが9回途中まで3失点に抑えるも打線の援護に恵まれなかった。

 

 

キウム 6-4 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ソンギ 1勝1敗  (セーブ)イ・スンホ 1勝1敗3S  (敗)キム・ユンシク 1勝3敗

本塁打) LG : イ・ジェウォン 4号、ソン・チャニィ 1号

 LGは3回裏にキウムの先発チョン・チャンホンから8番イ・ジェウォンの本塁打で1点を先制した。キウムは4回表にLGの先発キム・ユンシクから3番イ・ジョンフの併殺打で1-1の同点に追いついた。LGは4回裏に1番ホン・チャンギの2点タイムリーで3-1と勝ち越した。キウムは6回表に2番キム・ヒィジプのタイムリーで1点を返すと、代わったLGの2番手キム・デユからイ・ジョンフと4番キム・ヘェソンのタイムリーで5-3と逆転した。キウムの2番手キム・ソンギは6回裏まで無失点に抑えた。LGの3番手チェ・ドンファンは7回表まで追加点を与えなかった。キウムの3番手ムン・ソンヒョンは7回裏を無失点に抑えた。

 LGの4番手チェ・ソンフンと5番手キム・ジンソンは8回表に追加点を与えなかった。キウムの4番手キム・ジェウンは8回裏を無失点に抑えた。キウムは9回表にLGの6番手チン・ヘスから途中出場の9番キム・ジュヌァンのNCからの移籍後初打点となるタイムリーで1点を追加した。LGの7番手ぺ・ジェジュンは追加点を与えなかった。LGは9回裏にキウムの5番手イ・スンホから9番ソン・チャニィのプロ5年目にしての初本塁打で1点を返したが、3位キウムが勝利した。2位LGでは先発キム・ユンシクが6回途中4失点で降板した。LG打線では2番パク・ヘミンが3安打と活躍。

 

 

キア 4-3 サムソン  (大邱

(勝)ホン・サンサム 1勝1敗  (セーブ)チョン・ヘヨン 2勝2敗13S  (敗)イ・スンヒョン(背番号54) 1勝4敗1S

本塁打) キア : ファン・デイン 5号  

 サムソンは3回裏にキアの先発ハン・スンヒョクから2番ク・ジャウクのタイムリーで1点を先制し、4回裏に7番キム・ホンゴンの内野ゴロの間に1点、5回裏に3番イ・ウォンソクへの押し出しの四球で1点を追加した。キアは6回表にサムソンの先発ファン・ドンジェから4番ファン・デインの本塁打などで2点を返した。サムソンの2番手イ・サンミンは無失点に抑えた。サムソンの3番手イ・スンヒョン(背番号20)は7回表を無失点に抑えた。キアの2番手ユン・ジュンヒョンは7回裏途中まで追加点を与えなかった。キアの3番手イ・ジュニョンと4番手ホン・サンサムも追加点を与えなかった。

 キアは8回表にサムソンの4番手イ・スンヒョン(背番号54)からチャンスを作ると、代わったサムソンの5番手ウ・ギュミンからファン・デインの併殺打で3-3の同点に追いつき、相手のエラーで4-3と逆転した。キアの5番手チョン・サンヒョンは8回裏を無失点に抑えた。サムソンの6番手ホン・ジョンウは9回表に追加点を与えなかった。キアの6番手チョン・ヘヨンは9回裏を無失点に抑え、キアが勝利し単独4位に浮上した。サムソンは5位に後退。サムソン打線ではク・ジャウクが3安打1打点と活躍。

 

 

トゥサン 3-6 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ミヌ 3勝3敗  (セーブ)チャン・シファン 1敗9S  (敗)クァク・ピン 1勝4敗

本塁打) ハンファ : イ・ジニョン 5号

 トゥサンは2回表にハンファの先発キム・ミヌから7番キム・ジェホの内野ゴロの間に1点を先制した。ハンファは2回裏にトゥサンの先発クァク・ピンから6番イ・ジニョンの本塁打で1-1の同点に追いつき、3回裏に3番チョン・ウヌォン、4番ノ・シファン、5番ハ・ジュソク、7番キム・インファンのタイムリーで6-1と逆転した。トゥサンの2番手パク・シンジは5回裏まで追加点を与えなかった。トゥサンの3番手ユン・ミョンジュンは6回裏に追加点を与えなかった。

 ハンファの2番手ユン・ホソルは8回表を無失点に抑えた。トゥサンの4番手キム・ドンジュは8回裏まで追加点を与えなかった。トゥサンは9回表にハンファの3番手シン・ジョンナクから6番パク・セヒョクのタイムリーで2点を返したが、ハンファの4番手チャン・シファンは無失点に抑え、NCと同率最下位のハンファが勝利した。7回を1失点に抑えたキム・ミヌは3勝目。7位トゥサンでは先発クァク・ピンが4回途中6失点で降板した。

イ・ジニョン(ハンファ)は2回裏に同点本塁打 https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202205240100199300013450&servicedate=20220524

 

 

KT 2-3 NC  (昌原)

(勝)ウォン・ジョンヒョン 3勝  (敗)キム・ジェユン 2勝3敗8S

本塁打) KT : パク・ピョンホ 15号

 NCは1回裏にKTの先発オム・サンベクから4番ヤン・ウィジのタイムリーで1点を先制した。KTは4回表にNCの先発シン・ミンヒョクから3番ファン・ジェギュンの犠牲フライ、4番パク・ピョンホの本塁打で2-1と逆転した。KTの2番手チュ・グォンは7回裏まで無失点に抑えた。NCの2番手の大卒新人チョ・ミンソクは8回表途中まで追加点を与えず3番手キム・ヨンギュに交代した。KTの3番手キム・ミンスは8回裏を無失点に抑えた。

 NCは9回裏にKTの4番手キム・ジェユンから7番オ・ヨンスの内野ゴロの間に2-2の同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。NCの4番手ウォン・ジョンヒョンは10回表まで無失点に抑えた。ハンファと同率最下位のNCは10回裏にキム・ジェユンから3番パク・コヌへの押し出しの四球でサヨナラ勝ちした。NC打線ではパク・コヌが3安打1打点と活躍。8位KTでは打線がつながらなかった。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(5月24日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   45  30  13  2  .698

2.LG    45  26  19  0  .578

3.キウム   45  25  20  0  .556

.キア    44  24  20  0  .545

5.サムソン  44  23  21  0  .523

.ロッテ   44  22  21  1  .512

7.トゥサン  43  21  21  1  .500

8.KT    44  19  25  0  .432

9.NC    45  15  30    0   .333

9.ハンファ  45  15  30  0  .333

 

(文責 : ふるりん