DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

示範競技(3.18) 結果

 トゥサン-ロッテ(釜山・社稷)はグラウンドの事情により中止。

 

キア 1-2 KT  (水原)

(勝)パク・シヨン 1勝  (セーブ)キム・ジェユン 1S  (敗)ユン・ジュンヒョン 1敗

本塁打) KT : パク・ピョンホ 1号

 KTは1回裏にキアの先発ユン・ジュンヒョンから4番パク・ピョンホ(キウムより移籍)のタイムリーで1点を先制した。KTの先発の高卒新人イ・サンウは3回表まで無失点に抑えた。キアは4回表にKTの2番手パク・シヨンから4番キム・ソックァンの内野ゴロの間に1-1の同点に追いついた。KTは4回裏にパク・ピョンホの本塁打で1点を勝ち越した。KTの3番手シム・ジェミンは5回表を無失点に抑えた。

 キアの2番手ユ・スンチョルは6回裏まで追加点を与えなかった。KTの4番手キム・テオは7回表まで無失点に抑えた。キアの3番手ホン・サンサムは7回裏に追加点を与えなかった。KTの5番手チュ・グォンは8回表を無失点に抑えた。キアの4番手チョン・サンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。KTの6番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑え、KTが勝利し示範競技2勝目をあげた。キア打線では2番パク・チャンホが3安打と活躍。

 

 

LG 16-3 サムソン  (大邱

(勝)イム・ジュンヒョン 2勝  (敗)ウォン・テイン 1敗

本塁打) LG : ユ・ガンナム 1号、ハン・ソッキョン 1号、イ・ヨンビン 1号、ソン・チャニィ 2号

 LGは1回表にサムソンの先発ウォン・テインから3番キム・ヒョンスの犠牲フライ、6番ユ・ガンナムの本塁打で4点を先制し、2回表に1番ホン・チャンギとキム・ヒョンスのタイムリーで2点を追加した。サムソンは3回裏にLGの先発イム・ジュンヒョンから4番イ・テフンのタイムリーで2点を返した。サムソンの2番手ファン・ドンジェは4回表まで追加点を与えなかった。サムソンの3番手イム・デハンは5回表に追加点を与えなかった。LGは6回表にサムソンの4番手ノ・ソンホから途中出場の2番ハン・ソッキョン本塁打で2点を追加した。LGの2番手ソン・ジュヨンは6回裏まで無失点に抑えた。 LGは7回表にサムソンの5番手イ・スンヒョン(背番号54)から8番ソン・チャニィのタイムリーで1点を追加した。

 LGの3番手ハム・トクチュは7回裏を無失点に抑えた。LGは8回表にサムソンの6番手チェ・チュンヨンから途中出場の3番イ・ヨンビンの本塁打、途中出場の5番チョン・ジュヒョンのタイムリーで2点を追加した。サムソンは8回裏にLGの4番手チェ・ドンファンから6番キム・ヒョンジュンのタイムリーで1点を返した。LGは9回表にサムソンの7番手キム・ユンスからソン・チャニィの本塁打、ハン・ソッキョンとチョン・ジュヒョンのタイムリーなどで5点を追加した。サムソンの8番手イ・ジェイクは追加点を与えなかった。LGの5番手チン・ヘスは9回裏を無失点に抑え、LGが勝利し示範競技3勝目をあげた。LG打線ではソン・チャニィとハン・ソッキョンが1本塁打3打点と活躍。

 

 

SSG 4-3 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)ノ・ギョンウン 1勝  (セーブ)キム・テッキョン 1敗1S  (敗)ペク・チンス 1敗

本塁打) SSG : クロン 1号

 キウムの先発の新外国人エップラー(元オリックス)は3回表まで無失点に抑えた。SSGは4回表にキウムの2番手の高卒新人ペク・チンスから5番の新外国人クロン(元広島)の本塁打、相手のエラー、9番イ・ジョンボムのタイムリーで4点を先制した。キウムは4回裏にSSGの先発ノ・ギョンウン(ロッテより移籍)から相手の暴投、6番イ・ジュヒョンのタイムリーで2点を返した。キウムの3番手の高卒新人イ・ミョンジョンは5回表に追加点を与えなかった。SSGの2番手パク・ミンホは5回裏を無失点に抑えた。キウムの4番手チャン・ジェヨンは6回表に追加点を与えなかった。

 SSGの3番手コ・ヒョジュン(LGより移籍)は6回裏を無失点に抑えた。キウムの5番手パク・スンジュは7回表に追加点を与えなかった。SSGの4番手ソ・ジニョンは7回裏を無失点に抑えた。キウムの6番手ハ・ヨンミンは8回表に追加点を与えなかった。SSGの5番手ソ・ドンミンは8回裏を無失点に抑えた。キウムの7番手キム・ジュンヒョンは9回表に追加点を与えなかった。キウムは9回裏にSSGの6番手キム・テッキョンから途中出場の8番シン・ジュヌのタイムリーで1点を返したが、SSGが勝利し示範競技3勝目をあげた。

 

 

ハンファ 3-1 NC  (昌原)

(勝)キンガム 1勝  (セーブ)チョン・ウラム 1S  (敗)パーソンズ 1敗

本塁打) NC : チョン・ヒョン 1号

 ハンファは1回表にNCの先発パーソンズから4番ノ・シファンの内野ゴロの間に1点を先制した。ハンファの先発キンガムは4回裏まで無失点に抑えた。ハンファは5回表にNCの2番手の大卒新人パク・トンスから1番の新外国人トークマンのタイムリーで1点を追加した。ハンファの2番手チャン・ミンジェは5回裏を無失点に抑えた。ハンファの3番手チャン・シファンは6回裏を無失点に抑えた。NCの3番手イ・ヨンジュンは7回表まで追加点を与えなかった。

 ハンファの4番手ユン・サンフムは7回裏を無失点に抑えた。NCの4番手イ・ウソクは8回表に追加点を与えなかった。ハンファの5番手チュ・ヒョンサンは8回裏を無失点に抑えた。ハンファは9回表にNCの5番手リュ・ジヌクから9番イ・ウォンソクの犠打で1点を追加した。NCは9回裏にハンファの6番手チョン・ウラムから代打チョン・ヒョンの本塁打で1点を返したが、ハンファが勝利し示範競技2勝目をあげた。

f:id:takefumif:20220318183345j:plain

ハンファの新外国人トークマンは5回表に追加点となるタイムリhttps://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202203180100115070007059&servicedate=20220318

 

(文責 : ふるりん