DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.25) 結果

 キウム3連勝で6位に浮上 

 LG-サムソン(大邱)は雨天により順延、6月26日14時からダブルヘッダー開催。

 

KT 2-0 ハンファ  (大田)

(勝)クエバス 3勝3敗  (敗)チャン・シファン 7敗

 KTは3回表にハンファの先発チャン・シファンから5番カン・ミングクのタイムリーで1点を先制し、5回表に2番ファン・ジェギュンの内野ゴロの間に1点を追加した。KTの先発クエバスは5回裏まで無失点に抑えた。6回表KTの攻撃開始を前に試合は雨天で中断し、結局降雨コールドゲームとなりKTが勝利、単独首位に浮上した。クエバスは3勝目。最下位ハンファは6連敗。

 

 

SSG 10-11 NC  (昌原)

(勝)ペ・ミンソ 1勝  (敗)キム・サンス 2勝2敗6S

本塁打) SSG : チェ・ジョン 18号、ハン・ユソム 11号  NC : ヤン・ウィジ 18号

 NCは2回裏にSSGの先発シン・ジェヨンから7番パク・ソンミンのタイムリーで2点を先制した。SSGは3回表にNCの先発シン・ミンヒョクから1番チェ・ジフンのタイムリー、2番コ・ジョンウクの犠牲フライ、4番チェ・ジョンの本塁打で4-2と逆転した。NCは3回裏に5番アルテールと6番ノ・ジンヒョクのタイムリーなどで5-4と逆転し、シン・ジェヨンをノックアウトした。SSGは4回表に8番イ・ジェウォンのタイムリーで5-5の同点に追いつき、5回表にNCの2番手リュ・ジヌクから7番ハン・ユソムの本塁打で8-5と逆転した。

 SSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンは5回裏まで無失点に抑えた。NCの3番手カン・ドンヨンは7回表まで追加点を与えなかった。NCは7回裏にSSGの3番手チェ・ミンジュンからチャンスを作ると、代わったSSGの4番手パク・ミンホから4番ヤン・ウィジの本塁打で8-8の同点に追いついた。SSGは8回表にNCの4番手イム・ジョンホからチャンスを作ると、代わったNCの5番手イム・チャンミンから相手の暴投、5番チェ・ジュファンのタイムリーで2点を勝ち越した。

 NCの6番手ペ・ミンソは9回表に追加点を与えなかった。5位NCは9回裏にSSGの5番手キム・サンスからノ・ジンヒョクと8番クォン・ヒィドンのタイムリーで10-10の同点に追いつき、9番チョン・ヒョンへの押し出しの四球でサヨナラ勝ちした。ペ・ミンソはプロ3年目にして初勝利。NC打線ではノ・ジンヒョクが4安打2打点、3番ナ・ソンボムが4安打と活躍。リリーフが機能しなかったSSGは4位に後退した。SSG打線では8番イ・ジェウォンが4安打と活躍。

 

 

ロッテ 9-1 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ストレイリー 5勝6敗  (敗)ロケット 7勝4敗

本塁打) ロッテ : チョン・ジュヌ 4号

 ロッテは3回表にトゥサンの先発ロケットから2番ソン・アソプと3番チョン・ジュヌのタイムリーで2点を先制した。トゥサンは4回裏にロッテの先発ストレイリーから相手のエラーで1点を返した。ロッテは5回表にチョン・ジュヌの本塁打、代わったトゥサンの2番手パク・チョンギから7番ハン・ドンヒィのタイムリーで計4点を追加した。ロッテは6回表に4番チョン・フンのタイムリー、5番アン・チホンの犠牲フライで2点を追加した。

 ロッテの2番手オ・ヒョンテクは7回裏から登板し、3番手ク・スンミンは8回裏まで無失点に抑えた。ロッテは9回表にトゥサンの3番手ナム・ホから途中出場の8番キム・ミンス併殺打の間に1点を追加した。ロッテの4番手キム・ドギュは9回裏を無失点に抑え、8位ロッテが勝利した。6回を1失点に抑えたストレイリーは5勝目。ロッテ打線ではチョン・ジュヌが4安打1本塁打3打点、ハン・ドンヒィが3安打2打点と活躍。先発ロケットが5回途中6失点で降板したトゥサンは3連敗で7位に後退した。

 

 

キア 5-14 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)ブリガム 5勝3敗  (敗)イ・ミヌ 1勝5敗

本塁打) キア : ハン・スンテク 1号  キウム : ソ・ゴンチャン 3号、ソン・ウヒョン 2号

 キウムは1回裏にキアの先発イ・ミヌから1番ソ・ゴンチャンの先頭打者本塁打で1点を先制し、2回裏に8番キム・ジェヒョンとソ・ゴンチャンのタイムリーで3点、3回裏にソン・ウヒョンと9番の高卒新人キム・ヒィジプのタイムリーなどで3点を追加した。キアは5回表にキウムの先発ブリガム(元東北楽天)から8番ハン・スンテクと9番パク・チャンホのタイムリーで2点を追加した。キアの2番手キム・ジェヨルは6回裏まで追加点を与えなかった。

 キアは7回表にキウムの2番手ヤン・ヒョンからハン・スンテクの本塁打、3番キム・テジンと4番ファン・デインのタイムリーで3点を返した。キウムは7回裏にキアの3番手ホン・サンサムから2番キム・ヘェソンのタイムリー、3番イ・ジョンフの犠牲フライで3点を追加した。キウムの3番手イ・スンホは8回表まで無失点に抑えた。キウムは8回裏にキアの4番手パク・チュンピョからソン・ウヒョンの本塁打、代わったキアの5番手チェ・ジョンヨン(内野手)からキム・ヘェソンのタイムリーで4点を追加した。

 キウムの4番手キム・ソンジンは9回表を無失点に抑え、キウムが勝利し3連勝で6位に浮上した。6回を2失点に抑えたブリガムは5勝目。キウム打線ではキム・ヘェソンが5打点、キム・ジェヒョンが3打点、ソ・ゴンチャンが3安打1本塁打2打点、キム・ヒィジプが3安打1打点と活躍。9位キアでは先発イ・ミヌが3回7失点で降板した。

f:id:takefumif:20210626042910j:plain

キアの高卒新人キム・ヒィジプは3安打1打点と活躍 http://osen.mt.co.kr/article/G1111606822

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(6月25日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.KT     65  38  27  0  .585

2.LG     67  39  28  0     .582

2.サムソン   67  39  28  0  .582

4.SSG    65  37  28  0  .569

5.NC     66  34  31  1  .523

6.キウム    69  34  35  0  .493

7.トゥサン   67  33  34  0  .493

8.ロッテ       67     27    39    1      409

9.キア        65  25    40    0     .385

10.ハンファ     68  26  42    0      .382

 

 (文責 : ふるりん