DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.14) 結果

4位KT3連勝  ロッテ6位に浮上

 

SSG 5-4 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ソ・ジニョン 7勝1敗20S  (敗)ホン・ゴンヒィ 1勝2敗17S

本塁打) SSG : チェ・ジフン 6号、チョン・ウィサン 8号、チェ・ジョン 16号 

 トゥサンは1回裏にSSGの先発モリマンドSSGはから相手のエラーで1点を先制した。SSGは4回表にトゥサンの先発クァク・ピンから22番チェ・ジフンと5番チョン・ウィサンの本塁打で3-1と逆転した。トゥサンは4回裏に8番アン・スンハンの2点タイムリーで3-3の同点に追いついた。SSGは7回表にトゥサンの2番手チェ・スンヨンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの3番手チョン・チョルォンからチェ・ジフンのタイムリーで1点を勝ち越した。トゥサンは7回裏にSSGの2番手ノ・ギョンウンから1番ホ・ギョンミンのタイムリーで4-4の同点に追いついた。

 トゥサンの4番手キム・ミョンシンは8回表を無失点に抑えた。SSGの3番手ムン・スンウォンは8回裏まで無失点に抑えた。試合はこのまま延長戦に突入し、SSGは10回表にトゥサンの5番手ホン・ゴンヒィから3番チェ・ジョンの本塁打で1点を勝ち越した。トゥサンの6番手イ・スンジンは追加点を与えなかった。SSGの4番手ソ・ジニョンは10回裏を無失点に抑え、首位SSGが勝利した。SSG打線ではチェ・ジフンが3安打1本塁打2打点と活躍。トゥサンは7位に後退した。

 

 

LG 2-6 NC  (昌原)

(勝)キム・テギョン 2勝  (敗)イム・チャンギュ 4勝7敗

本塁打) NC : ノ・ジンヒョク 6号

 NCは3回裏にLGの先発イム・チャンギュから4番ヤン・ウィジのタイムリーで2点を先制しイム・チャンギュをノックアウトし、さらにこの回代わったLGの2番手イ・ウチャンから5番マティーニのタイムリー、6番ノ・ジンヒョクの本塁打で4点を追加した。NCの先発キム・テギョンは5回表まで無失点に抑えた。LGの3番手チェ・ソンフンは5回裏に追加点を与えなかった。NCの2番手ウォン・ジョンヒョンは6回表、NCの3番手キム・ヨンギュは7回表を無失点に抑えた。

 LGの4番手ソン・ウンボムは7回裏途中まで追加点を与えなかった。NCの4番手イム・ジョンホは8回表を無失点に抑えた。LGの5番手ぺ・ジェジュンは8回裏まで追加点を与えなかった。LGは9回表にNCの5番手イ・ヨンチャンから6番ムン・ボギョンのタイムリーなどで2点を返したが、8位NCが勝利した。キム・テギョンは2勝目。先発イム・チャンギュが3回途中4失点で降板した2位LGは連勝が3で止まった。

5回を無失点に抑えたキム・テギョン(NC) http://www.maniareport.com/view.php?ud=20220814203210666018e70538d2_19

 

 

キウム 12-8 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ソンギ 2勝1敗  (セーブ)キム・ジェウン 2勝4S  (敗)ペーニャ 1勝3敗

本塁打) ハンファ : チェ・ジェフン 3号  キウム : キム・ヒィジプ 5号、イ・ジョンフ 19号

 キウムは2回表にハンファの先発ペーニャから8番キム・ヒィジプの本塁打、3番イ・ジョンフと5番キム・テジンのタイムリーで5点を先制した。ハンファは2回裏にキウムの先発チョン・チャンホンから7番チェ・ジェフンの本塁打で3点を返した。キウムは5回表にキム・テジンと6番イム・ジヨルのタイムリーで3点を追加しペーニャをノックアウトした。ハンファは5回裏に1番トークマンと2番チョン・ウヌォンのタイムリーで3点を返した。ハンファの2番手キム・ジョンスは5回表まで追加点を与えなかった。キウムは6回表にハンファの3番手ユン・サンフムからチャンスを作ると、代わったハンファの4番手パク・サンウォンから7番キム・ジェヒョンのタイムリーで1点を追加した。

 ハンファの5番手シン・ジョンナクは7回表から登板した。ハンファは7回裏にキウムの2番手キム・ソンギからチャンスを作り、代わったキウムの3番手ヤン・ヒョンから8番ノ・スグァンのタイムリーなどで2点を返した。キウムは8回表にハンファの6番手チャン・シファンからイム・ジヨルの犠牲フライで1点を追加した。キウムは9回表にハンファの7番手チュ・ヒョンサンからイ・ジョンフの2試合連続本塁打で2点を追加した。キウムの4番手キム・ジェウンは9回裏まで無失点に抑え、3位キウムが勝利した。先発全員安打を記録したキウム打線ではキム・テジンが4打点、イ・ジョンフが1本塁打3打点、2番キム・ヘェソンが3安打と活躍。先発ペーニャが4回途中8失点で降板した最下位ハンファは3連敗。

 

 

サムソン 2-3 KT  (水原)

(勝)キム・ジェユン 4勝5敗22S  (敗)チェ・ハヌル 1敗

本塁打) KT : チャン・ソンウ 14号

 サムソンは2回表にKTの先発ペ・ジェソンから2番カン・ハヌルのタイムリーで2点を先制した。KTの2番手イ・チェホは5回表まで追加点を与えなかった。KTの3番手チュ・グォンは6回表に追加点を与えなかった。サムソンの先発ペク・チョンヒョンは6回裏まで無失点に抑えた。KTは7回裏にサムソンの2番手ウ・ギュミンから3番アルフォードのタイムリー、5番チャン・ソンウの本塁打で2-2の同点に追いついた。KTの4番手キム・ミンスは8回表まで無失点に抑えた。サムソンの3番手イ・スンヒョン(背番号54)は8回裏まで無失点に抑えた。

 試合はこのまま延長戦に突入し、KTの5番手キム・ジェユンは10回表まで無失点に抑えた。4位KTは10回裏にサムソンの4番手チェ・ハヌルからチャンスを作り、代わったサムソンの5番手イ・サンミンから拡大すると、さらに代わったサムソンの6番手オ・スンファン(元阪神)から9番シム・ウジュンのタイムリーでサヨナラ勝ちし3連勝となった。9位サムソンでは打線がつながらなかった。

 

 

ロッテ 5-1 キア  (光州)

(勝)ソ・ジュヌォン 2勝1敗  (敗)ノリン 2勝6敗

本塁打) ロッテ : シン・ヨンス 2号、ハン・ドンヒィ 12号  キア : チェ・ヒョンウ 9号

 ロッテは1回表にキアの先発ノリン(元埼玉西武)から4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)のタイムリーで1点を先制し、2回表に8番シン・ヨンスの本塁打で1点を追加した。キアは2回裏にロッテの先発ソ・ジュヌォンから4番チェ・ヒョンウの本塁打で1点を返した。ロッテは3回表に5番ハン・ドンヒィの本塁打で1点を追加した。ロッテの2番手キム・ドギュは6回裏を無失点に抑えた。キアの2番手キム・ジェヨルは7回表に追加点を与えなかった。ロッテの3番手キム・ユヨンは7回裏を無失点に抑えた。キアの3番手コ・ヨンチャンは8回表に追加点を与えなかった。

 ロッテの4番手ク・スンミンは8回裏を無失点に抑えた。ロッテは9回表にキアの4番手ユン・ジュンヒョンからイ・デホのタイムリー、代わったキアの5番手キム・ジョンビンから7番カン・テユルの犠打で計2点を追加した。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、ロッテが勝利し6位に浮上した。5回を1失点に抑えたソ・ジュヌォンは2勝目。5位キアでは先発ノリンが6回を3失点に抑えるも打線の援護に恵まれなかった。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(8月14日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   105 71  31  3  .696

.LG    100 60  39  1  .606

.キウム   106 61  43  2  .587

4.KT    102 55  45  2  .550

5.キア    102 50  51  1  .495

.ロッテ   105 45  56  4  .446

7.トゥサン  101 44  55  2  .444

8.NC    100 43  54  3  .443

9.サムソン  103 42  59  2  .416

10.ハンファ  102 31  69    2   .310

 

(文責 : ふるりん