DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.20) 結果

首位LG4連勝  キア4連敗で最下位転落

 

キア 0-6 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ケリー 4勝3敗  (敗)チャ・ミョンジン 1敗

本塁打) LG : ムン・ボギョン 4号

  LGは1回裏にキアの先発チャ・ミョンジンから5番オ・ジファンの犠牲フライで1点を先制し、2回裏に2番イ・ヒョンジョンと3番キム・ヒョンスへの押し出しの四球で2点を追加しチャ・ミョンジンをノックアウトした。この回代わったキアの2番手の大卒新人イ・スンジェから4番チェ・ウンソンの犠牲フライで1点を追加した。LGは5回裏にキアの3番手パク・チュンピョから6番ムン・ボギョンの本塁打で2点を追加した。Lgの先発ケリーは6回表まで無失点に抑えた。キアの4番手ホン・サンサムは6回裏に追加点を与えなかった。

 LGの2番手ソン・ウンボムは7回表を無失点に抑えた。キアの5番手パク・チンテは7回裏に追加点を与えなかった。LGの3番手キム・デユは8回表を無失点に抑えた。キアの6番手チャン・ヒョンシクは8回裏に追加点を与えなかった。LGの4番手チン・ヘスは9回表を無失点に抑え、首位LGが勝利し4連勝となった。ケリーは4勝目。先発チャ・ミョンジンが2回途中4失点で降板したキアは4連敗で最下位に転落。キア打線では2番キム・テジンが3安打と活躍。

 

  

トゥサン 1-4 KT  (水原)

(勝)チュ・グォン 2勝2敗  (セーブ)キム・ジェユン 4勝1敗15S  (敗)ホン・ゴンヒィ 3勝4敗1S

本塁打) KT : パク・キョンス 6号

 トゥサンは1回表にKTの先発ソ・ヒョンジュンから4番キム・ジェファンのタイムリーで1点を先制した。トゥサンの先発キム・ミンギュは6回裏途中まで無失点に抑え、2番手イ・ヒョンスンに交代した。KTは7回裏にトゥサンの3番手ホン・ゴンヒィから7番ホ・ドファンのタイムリーで1-1の同点に追いつき、2番手チュ・グォンは8回表を無失点に抑えた。

 KTは8回裏にホン・ゴンヒィから3番カン・ベッコのタイムリーで1点を勝ち越すと、代わったトゥサンの4番手パク・チグクから5番パク・キョンスの本塁打で2点を追加した。KTの3番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑え、KTが勝利しSSGと同率2位に浮上した。6位トゥサンはプロ野球タイ記録の1試合6併殺打など打線がつながらなかった。

f:id:takefumif:20210621020525j:plain

KTは8回裏にカン・ベッコ(左)のタイムリー、パク・キョンス(右)の本塁打で3点を勝ち越す https://sports.donga.com/article/all/20210620/107547529/1

 

 

サムソン 7-8 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ストレイリー 4勝6敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 2勝3敗10S  (敗)イ・スンミン 1勝4敗

本塁打) サムソン : ク・ジャウク 9号  ロッテ : イ・デホ 9号、チョン・フン 7号

 ロッテは1回裏にサムソンの先発イ・スンミンから3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で2点を先制した。サムソンは3回表にロッテの先発ストレイリーから2番ピレラ(元広島)のタイムリーで1点を返した。ロッテは3回裏に2番ソン・アソプのタイムリー、4番チョン・ジュヌの犠牲フライで2点を追加した。ロッテは5回裏にサムソンの2番手ホン・ジョンウからイ・デホと6番キム・ミンスのタイムリーで2点を追加した。サムソンは7回表にロッテの2番手キム・デウから1番パク・ヘミンのタイムリーで2点を返した。ロッテは7回裏にサムソンの3番手イ・スンヒョン(背番号20)から5番チョン・フンの本塁打で1点を追加した。

 サムソンは8回表に3番ク・ジャウクの本塁打、代わったロッテの3番手ク・スンミン、4番手キム・ウォンジュンから9番カン・ハヌルのタイムリーなどで計3点を返した。ロッテは8回裏にサムソンの4番手ウ・ギュミンから途中出場の1番ぺ・ソングンの併殺打の間に1点を追加した。サムソンは9回表に5番カン・ミンホのタイムリーで1点を返したが、ロッテが勝利し9位に浮上した。7回途中まで3失点に抑えたストレイリーは4勝目。ロッテ打線ではイ・デホが1本塁打3打点、ソン・アソプとキム・ミンスが3安打1打点と活躍。先発イ・スンミンが5回途中6失点で降板したサムソンは4位に後退。サムソン打線ではパク・ヘミンが4安打2打点と活躍。

 

 

SSG 4-3 ハンファ  (大田)

(勝)キム・テッキョン 2勝  (セーブ)ソ・ジニョン 4勝1敗7S  (敗)カーペンター 3勝7敗

本塁打) SSG : ロマック 15号、チェ・ジフン 4号  ハンファ : ヒーリー 6号

 SSGは1回表にハンファの先発カーペンターから4番ロマック(元横浜DeNA)の2試合連続本塁打で3点を先制した。ハンファは1回裏にSSGの先発キム・ジョンビンから相手のエラーで1点、2回裏に6番ヒーリーの本塁打で1点を返し、3回裏に相手の暴投で3-3の同点に追いついた。SSGの2番手キム・テッキョンは5回裏を無失点に抑えた。SSGは6回表に9番チェ・ジフンの本塁打で4-3と逆転した。ハンファの2番手ユン・ホソルは7回表まで追加点を与えなかった。

 SSGの3番手の大卒新人チャン・ジフンは7回裏まで無失点に抑えた。ハンファの3番手イ・チュンホは8回表途中で4番手カン・ジェミンに交代した。SSGの4番手キム・サンスは8回裏、5番手ソ・ジニョンは9回裏を無失点に抑え、SSGが勝利しKTと同率2位に浮上した。SSG打線ではチェ・ジフンが3安打1本塁打1打点と活躍。8位ハンファでは先発カーペンターが6回途中4失点で降板した。

 

 

キウム 8-4 NC  (昌原)

(勝)ヨキシュ 8勝4敗  (セーブ)チョ・サンウ 1勝4敗11S  (敗)パーソンズ 3勝4敗

本塁打) キウム : イ・ジョンフ 2号

 キウムは4回表にNCの先発パーソンズから相手のエラー、7番ソン・ウヒョンのタイムリーで3点を先制し、5回表に3番イ・ジョンフの本塁打で1点を追加した。NCは4回裏にキウムの先発ヨキシュから1番クォン・ヒィドンのタイムリーで2点を返した。キウムは7回表にNCの2番手カン・ドンヨンから5番キム・ヘェソンへの押し出しの四球、代わったNCの3番手ホン・ソンミンから6番イ・ヨンギュへの押し出しの死球、7番ソン・ウヒョンへの押し出しの四球、9番の高卒新人キム・ヒィジプのプロ初打点となる犠牲フライで4点を追加した。

 NCは8回裏にキウムの2番手キム・テフンから途中出場の7番チョン・ボムモのタイムリーで2点を返した。NCの4番手ペ・ミンソは9回表まで追加点を与えなかった。キウムの3番手チョ・サンウは9回裏まで無失点に抑え、7位キウムが勝利した。7回を2失点に抑えたヨキシュは最多勝争いトップタイの8勝目。キウム打線ではソン・ウヒョンが3打点と活躍。5位NCでは先発パーソンズが5回4失点で降板した。

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(6月20日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.LG     64  38  26  0  .594

2.KT     61  35  26  0  .574

2.SSG    61  35  26  0  .574

4.サムソン   64  36  28  0  .563

5.NC     62  31  30  1  .508

6.トゥサン   63  32  31  0  .508

7.キウム    65  31  34  0  .477

8.ハンファ     64  26  38    0      .406

9.ロッテ      63  25  37    1   .403

10.キア       61  24  37  0  .393

 

 (文責 : ふるりん