DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.2) 結果

トゥサン、キアと同率5位に並ぶ

 

サムソン 8-2 NC  (昌原)

(勝)チェ・チェフン 9勝6敗  (敗)ライト 11勝6敗

本塁打) NC : キム・ヒョンジュン 2号

 NCは1回裏にサムソンの先発チェ・チェフンから3番パク・ミヌの犠牲フライで1点を先制した。サムソンは6回表にNCの先発ライトから3番ク・ジャウクと4番キム・ドンヨプのタイムリーで4-1と逆転し、7回表にNCの2番手キム・ゴンテからチャンスを作ると、代わった3番手ソン・ジョンウクから2番の途中出場の高卒新人キム・ジチャンのタイムリーで1点を追加した。サムソンは7回裏から2番手イム・ヒョンジュンを登板させた。サムソンは8回表にNCの4番手ソ・イヒョンから9番キム・ホジェのタイムリー、代わった5番手シン・ミンヒョクから1番パク・ヘミンのタイムリーで計2点を追加した。

 サムソンの3番手ウ・ギュミンは8回裏途中まで無失点に抑え、4番手イ・サンミンに交代した。NCは9回裏にサムソンの5番手チャン・ジフンから途中出場の4番キム・ヒョンジュン本塁打で1点を返したが、8位サムソンが勝利した。7回を1失点に抑えたチェ・チェフンは9勝目。サムソン打線ではキム・ドンヨプが3安打2打点と活躍。先発ライトが6回4失点で降板した首位NCは連勝が11で止まった。

 

 

LG 2-5 KT  (水原)

(勝)ユ・ウォンサン 2勝  (セーブ)イ・ボグン 3勝1敗6S  (敗)チョン・ウヨン 3勝4敗5S

本塁打) KT : ロハス 40号

 KTは2回裏にLGの先発の高卒新人イ・ミンホから3番ロハスの2018年以来2年ぶりとなるシーズン40号本塁打、6番チョ・ヨンホのタイムリーで2点を先制し、先発ペ・ジェソンは6回表まで無失点に抑えた。LGは7回表にKTの2番手ソン・ドンヒョンからチャンスを作ると、代わった3番手チュ・グォンから1番ホン・チャンギの内野ゴロの間に1点を返し、2番オ・ジファンのタイムリーで2-2の同点に追いついた。KTの4番手ユ・ウォンサンは8回表を無失点に抑えた。

 KTは8回裏にLGの2番手チョン・ウヨン、3番手チン・ヘスからチャンスを作ると、代わった4番手ソン・ウンボムから5番ムン・サンチョル、途中出場の7番パク・スンウクのタイムリーで3点を勝ち越した。LGの5番手キム・ジヨンは追加点を与えなかった。5番手イ・ボグンは9回表に相手の反撃を断ち、2位KTが勝利した。4位LGでは先発イ・ミンホが7回途中まで2失点に抑えるも打線がつながらなかった。

 

 

キウム 12-5 SK  (仁川)

 (勝)ヤン・ヒョン 8勝3敗2S  (敗)チョ・ヨンウ 2勝2敗

本塁打) キウム : ホ・ジョンヒョプ 7,8,9号、チョン・ビョンウ 8号、パク・チュンテ 4号  SK : キム・ガンミン 11号、パク・ソンハン 1号

 キウムは2回表にSKの先発チョ・ヨンウから7番ホ・ジョンヒョプと9番チョン・ビョンウの本塁打で4点を先制し、4回表にホ・ジョンヒョプの2打席連続本塁打、2番キム・ヘェソンのタイムリーで2点を追加した。SKは4回裏にキウムの先発イ・スンホから5番キム・ガンミンの本塁打、8番パク・ソンハンのプロ4年目にしての初本塁打で2点、5回裏にキウムの2番手キム・テフンからキム・ガンミンのタイムリーで2点を返した。3番手ヤン・ヒョンは無失点に抑え、キウムは6回表にSKの2番手キム・ジュハンからチャンスを作ると、代わった3番手イ・テヤンから1番パク・チュンテの本塁打で2点を追加した。

 キウムの4番手キム・ソンギは6回裏を無失点に抑えた。キウムは7回表にSKの4番手シン・ジェウンからホ・ジョンヒョプのこの試合3本目の本塁打で1点を追加した。SKは7回裏にキウムの5番手チョ・ソンウンから7番ナム・テヒョクのタイムリーで1点を返した。キウムの6番手アン・ウジンは無失点に抑えた。キウムは8回表にSKの5番手キム・テッキョンから5番イ・ジヨンのタイムリー、代わった6番手キム・ジュオンから6番ラッセルのタイムリーで計2点を追加し、7番手ヤン・ギヒョンは8回裏を無失点に抑えた。

 8番手ユン・ジョンヒョンは9回裏に相手の反撃を断ち、3位キウムが勝利し4連敗から脱出した。ヤン・ヒョンはリリーフだけで8勝目。キウム打線ではホ・ジョンヒョプが3安打3本塁打5打点、パク・チュンテが3安打1本塁打2打点と活躍。先発チョ・ヨンウが5回途中6失点で降板した9位SKは4連敗。SK打線ではキム・ガンミンが1本塁打3打点、パク・ソンハンが3安打1本塁打1打点と活躍。

f:id:takefumif:20201002214414j:plain

キウムのホ・ジョンヒョプは3本塁打5打点と活躍 http://osen.mt.co.kr/article/G1111444927

 

 

キア 3-14 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)アルカンタラ 15勝2敗  (敗)ヤン・ヒョンジョン 9勝8敗

本塁打) トゥサン : チェ・ジュファン 14号

 キアは4回表にトゥサンの先発アルカンタラから7番ユ・ミンサンのタイムリーで1点を先制した。トゥサンは4回裏にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから8番キム・ジェホの2点タイムリーで逆転した。キアは5回表に4番チェ・ヒョンウの2点タイムリーで3-2と逆転した。トゥサンは6回裏に7番パク・セヒョクのタイムリーで3-3の同点に追いつくと、代わったキアの2番手チャン・ヒョンシクから代打オ・ジェイルへの押し出しの四球、1番ホ・ギョンミンのタイムリーで4点を勝ち越し、3番手キム・ギフンから3番チェ・ジュファンの2試合連続本塁打で2点を追加した。トゥサンの2番手イ・スンジンは無失点に抑えた。

 トゥサンは7回裏にキアの4番手ヤン・スンチョルから2番チョン・スビンの犠牲フライで1点を追加し、3番手イ・ヒョンスンは8回表を無失点に抑えた。トゥサンは8回裏にキアの5番手コ・ヨンチャンからパク・セヒョクの犠牲フライ、途中出場の9番の大卒新人ヤン・チャニョルとホ・ギョンミンのタイムリーで4点を追加した。4番手キム・ミンギュは9回表に相手の反撃を断ち、トゥサンが勝利しキアと同率5位に並んだ。7回途中まで3失点に抑えたアルカンタラは15勝目。トゥサン打線ではホ・ギョンミンが3安打5打点、キム・ジェホが3安打2打点と活躍。キアでは先発ヤン・ヒョンジョンが6回途中6失点で降板した。

f:id:takefumif:20201002214612j:plain

トゥサンのホ・ギョンミンは6回裏の決勝タイムリーなど3安打5打点 http://mksports.co.kr/view/2020/1010714/

 

 

ハンファ 1-4 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ストレイリー 12勝4敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 4勝2敗21S  (敗)チョン・ウラム 3勝4敗13S

本塁打) ロッテ : ハン・ドンヒィ 12号、チョン・ジュヌ 21号

 ロッテは2回裏にハンファの先発キム・ミヌから7番ハン・ドンヒィの本塁打で1点を先制した。ハンファは3回表にロッテの先発ストレイリーから1番ノ・スグァンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。ハンファの2番手パク・サンウォンは6回裏、3番手キム・ジニョンは7回裏を無失点に抑えた。

 ロッテは8回裏にハンファの4番手チョン・ウラムから代打チョン・ジュヌの本塁打で3点を勝ち越した。2番手キム・ウォンジュンは9回表に相手の反撃を断ち、7位ロッテが勝利した。8回を1失点に抑えたストレイリーは12勝目。最下位ハンファは先発キム・ミヌが5回を1失点に抑えるも打線がつながらなかった。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(10月2日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.NC    120  74  43  3  .632

2.KT    121  69  51  1  .575

3.キウム   128  72  55  1     .567

4.LG    123  66  54    3     .550

5.トゥサン  123  64  55  4  .538

5.キア    119  64  55  0  .538

7.ロッテ   120  61  58  1  .513

8.サムソン  122  54  66  2  .450

9.SK    124  40  83  1  .325

10.ハンファ  122    38  82  2  .317

 

(文責 : ふるりん