DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

新外国人選手エイドリアン・サンプソン投手、ディクソン・マチャド内野手と契約

 ロッテジャイアンツは11月22日、2020年シーズンの外国人選手としてエイドリアン・サンプソン投手(28)と契約金33万9700ドル、年俸50万ドルの総額83万9700ドル、ディクソン・マチャド内野手(27)と契約金20万ドル、年俸30万ドル、オプション10万ドルの総額最大60万ドルで契約した。

 アメリカ合衆国出身の右腕エイドリアン・サンプソンは2012年、MLB(メジャーリーグベースボール)・ピッツバーグパイレーツと契約、2016年にシアトルマリナーズで初めてメジャーリーグに昇格した。その後テキサスレンジャースへ移籍、2019年シーズンはレンジャースで35試合に登板、6勝8敗、防御率5.89の成績だった。メジャーリーグでの3年間の通算成績は41試合に登板、6勝12敗、防御率5.71。マイナーリーグでの7年間の通算成績は146試合に登板、43勝37敗、防御率3.94。

 ベネズエラ出身の右打者ディクソン・マチャドは2009年、MLB・デトロイトタイガースと契約し、2015年に初めてタイガースでメジャーリーグに昇格した。2017年と2018年はタイガースでメジャーリーグに出場したが、2019年シーズンはシカゴカブス傘下のAAA級マイナーリーグのチームで102試合に出場、打率.261、17本塁打、65打点、9盗塁の成績だった。メジャーリーグでの4年間の通算成績は172試合に出場、打率.227、2本塁打、37打点、2盗塁。マイナーリーグでの10年間の通算成績は934試合に出場、打率.247、38本塁打、326打点、135盗塁。主に二塁とショートを守っていた。

 2019年シーズン終了時点でロッテが契約していた3人の外国人選手、ブルックス・ラリー投手、ブロック・ダイクソーン投手、ジェイコブ・ウィルソン内野手の去就は未定。

 

(11月22日時点の為替レート:10万ドルが1086万3660円。)

 

(文責:ふるりん