DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

ポストシーズン速報(2018.11.10)

韓国シリーズ第5戦、SK逆転勝ちで3勝目

2018年 韓国シリーズ 第5戦

トゥサン 1-4 SK  (仁川)
(勝)キム・テフン 1勝  (セーブ)チョン・ヨンイル 1S  (敗)フランコフ 1勝1敗
本塁打) トゥサン : チョン・ジンホ 1号

 

f:id:takefumif:20181111211753j:plain


 対戦成績が2勝2敗となった韓国シリーズ第5戦は、仁川SK幸福ドリーム球場に5試合連続で満員の観衆を集めて開始された。


 トゥサンは1回表にSKの先発パク・チョンフンから先頭の1番ホ・ギョンミンがヒットで出るが3番チェ・ジュファンが併殺打に倒れた。SKも1回裏にトゥサンの先発フランコフから先頭の1番キム・ガンミンがヒットで出てバントで二塁へ送り、3番チェ・ジョンが死球で続いたが得点できなかった。トゥサンは2回表に先頭の4番ヤン・ウィジが四球で出るも5番パク・コヌが併殺で倒れ、その後6番キム・ジェホがヒットで出るもチャンスにはならなかった。SKは2回裏に7番チョン・ウィユンがヒットで出るも後続が凡退した。トゥサンは3回表に9番チョン・ジンホの韓国シリーズ初本塁打で1点を先制し、2番チョン・スビンもヒットで出たが追加点は奪えなかった。
 トゥサンは4回表に先頭のヤン・ウィジがヒットで出てバントで二塁へ進め、7番オ・ジェウォンと8番リュ・ジヒョクへの連続四死球で満塁のチャンスを作るも得点できなかった。トゥサンは5回表にも先頭のホ・ギョンミンがヒットで出るも得点できなかった。SKは5回裏に先頭のチョン・ウィユンがヒットで出てバントで二塁へ送り、キム・ソンヒョンへの四球でチャンスを作るも同点に追いつけなかった。SKは6回表から2番手サンチェスをマウンドに送り、6回裏も先頭のチェ・ジョンがまたも死球を受けて出るが無得点に終わった。トゥサンは7回表にSKの3番手キム・テフンからチョン・ジンホが死球で出るがホ・ギョンミンが併殺打に倒れた。
 SKは7回裏に先頭のチョン・ウィユンがヒットで出るとバントで二塁へ送り、キム・ソンヒョンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。さらにキム・ソンヒョンはトゥサンの外野の送球ミスの間に三塁へ進んだ。トゥサンはここで2番手イ・ヨンハを登板させるも、SKはキム・ガンミンの犠牲フライで2-1と逆転した。トゥサンは8回表にヤン・ウィジがヒットで出て二塁へ盗塁するも同点へ追いつけなかった。SKは8回裏にトゥサンのショートのキム・ジェホが内野フライを捕れずに思わぬチャンスを迎えると、途中出場の5番パク・チョングォンのタイムリーで1点を追加した。イ・ジェウォンも四球で出てチャンスが拡大し、さらに代わったトゥサンの3番手キム・スンフェから途中出場の7番キム・ジェヒョンがヒットで満塁とすると、キム・ソンヒョンへの押し出しの四球で4点目を奪った。
 トゥサンは9回表にSKの4番手チョン・ヨンイルからオ・ジェウォンのヒット、代打オ・ジェイルへの四球でチャンスを作るが、チョン・ジンホが内野へのライナーで併殺となってしまいSKが逃げ切り韓国シリーズ3勝目をあげ、2010年以来8年ぶりの優勝まであと1勝とした。SKではパク・チョンフンが5回1失点と好投し、韓国シリーズ初勝利を記録したキム・テフン、同じく初セーブを記録したチョン・ヨンイルなどリリーフ陣も無失点に抑えた。SK打線ではチョン・ウィユンが3安打と活躍。一方レギュラーシーズンを独走して優勝したトゥサンは、この試合では第4戦と同じくチャンスでタイムリーが出ず、終盤に守備のミスが出てしまうなど自滅してしまった。


 韓国シリーズ第6戦は12日18時半より、トゥサンの本拠地・蚕室野球場で開始される。