DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  4位ネクセン6連勝

 キア−KT(水原)、ハンファ−LG(ソウル・蚕室)は雨天中止。  


トゥサン 6−1 NC  (馬山)
(勝)ニッパート 8勝6敗  (敗)チャン・ヒョンシク 4勝3敗
本塁打) トゥサン : オ・ジェイル 8号、パク・コヌ 7号、キム・ジェファン 20,21号
 トゥサンは2回表にNCの先発チャン・ヒョンシクから6番オ・ジェイルの本塁打で1点を先制し、3回表に3番パク・コヌの本塁打で2点を追加した。NCは3回裏にトゥサンの先発ニッパートから2番パク・ミヌのタイムリーで1点を返した。トゥサンは5回表に4番キム・ジェファンの本塁打で1点、6回表にNCの2番手キム・ジンソンから代打チェ・ジュファンのタイムリーで1点を追加し、6回裏途中から2番手イ・ヒョンスンを登板させた。
 トゥサンは7回表にNCの3番手イム・ジョンウからキム・ジェファンの2打席連続本塁打で1点を追加し、8回裏から3番手キム・スンフェを登板させた。NCの4番手イ・ジェハクは追加点を与えなかった。4番手ハム・トクチュが9回裏に相手の反撃を断ち、5位トゥサンが3連勝となった。6回途中まで1失点に抑えたニッパートは8勝目。トゥサンではパク・コヌが3安打1本塁打2打点、キム・ジェファンが2本塁打2打点、オ・ジェイルが3安打1本塁打1打点と活躍。2位NCは5連敗。
 

ネクセン 9−2 サムソン  (大邱
(勝)クム・ミンチョル 4勝1敗  (セーブ)オ・ジュウォン 2勝5敗1S  (敗)ウ・ギュミン 3勝5敗
本塁打) ネクセン : コ・ジョンウク 3号、パク・トンウォン 6,7号
 ネクセンは2回表にサムソンの先発ウ・ギュミンから8番コ・ジョンウク、9番パク・トンウォンの2者連続本塁打で4点を先制した。サムソンは5回裏にネクセンの先発クム・ミンチョルから3番ク・ジャウク、4番ラフのタイムリーで2点を返した。ネクセンは6回表に7番デニー・ドーンのタイムリーでウ・ギュミンをノックアウトし、代わったサムソンの2番手チャン・ウォンサムからコ・ジョンウクのタイムリーで6-2とリードを広げた。ネクセンは6回裏から2番手キム・セヒョンを登板させた。
 ネクセンは7回表にチャン・ウォンサムから3番チェ・テイン、代わったサムソンの3番手イ・スンヒョンから5番キム・ミンソンのタイムリーで計2点を追加した。8回表にパク・トンウォンのこの試合2本目の本塁打で1点を追加し、サムソンの4番手クォン・オジュンは追加点を与えなかった。3番手オ・ジュウォンは9回裏に相手の反撃を断ち、4位ネクセンが6連勝となった。5回を2失点に抑えたクム・ミンチョルは4勝目。ネクセン打線ではキム・ミンソンが4安打1打点、コ・ジョンウクが1本塁打4打点、パク・トンウォンが2本塁打2打点と活躍。9位サムソンは先発ウ・ギュミンが6失点と不調だった。
 

SK 6−5 ロッテ  (釜山・社稷
(勝)パク・チョンべ 2勝2敗3S  (敗)ユン・ギルヒョン 1勝4敗
本塁打) SK : チョン・ジンギ 9,10号、パク・チョングォン 7号、ハン・ドンミン 26号  ロッテ : イ・デホ 16号
 SKは1回表にロッテの先発パク・セウンから2番チョン・ジンギの本塁打で1点を先制した。ロッテは1回裏にSKの先発ユン・ヒィサンから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で2-1と逆転した。SKは2回表に6番パク・チョングォンの本塁打で2-2の同点に追いつき、3回表にチョン・ジンギの2打席連続本塁打で3-2と逆転した。ロッテは5回裏に3番チョン・ジュヌのタイムリーで3-3の同点に追いついた。SKは6回表に4番ハン・ドンミンの本塁打で1点を勝ち越した。ロッテは6回裏にSKの2番手チョン・ユスから2番ソン・アソプのタイムリーで5-4と逆転した。
 SKは8回表からロッテの2番手キム・ユヨンからチャンスを作り、代わった3番手ユン・ギルヒョンから代打チョン・ウィユン、9番キム・ソンヒョンのタイムリーで6-5と逆転した。ロッテの4番手の大卒新人カン・ドンホは追加点を与えなかった。3番手パク・チョンべがこの1点差を守り切り、3位SKが勝利した。SK打線ではハン・ドンミンが3安打1本塁打1打点、キム・ソンヒョンが3安打1打点、プロ7年目にして初のシーズン2ケタ本塁打を達成したチョン・ジンギが2本塁打2打点と活躍。7位ロッテはリリーフが機能せず接戦を制することができなかった。