DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

ポストシーズン速報(2018.11.9)

韓国シリーズ第4戦、チョン・スビンの逆転本塁打でトゥサン2勝目

 

2018年 韓国シリーズ 第4戦

トゥサン 2-1 SK  (仁川)
(勝)リンドブロム 1勝1敗  (セーブ)ハム・トクチュ 2S  (敗)サンチェス 1勝1敗
本塁打) トゥサン : チョン・スビン 1号

 

f:id:takefumif:20181111211356j:plain

 
 対戦成績がSKの2勝1敗となった韓国シリーズ第4戦は、SKの本拠地・仁川SK幸福ドリーム球場に満員の観衆を集めて盛大に始まった。

 
 トゥサンは1回表にSKの先発キム・グァンヒョンから相手のエラー、4番ヤン・ウィジのヒットや盗塁で先制点のチャンスを作るも生かせなかった。トゥサンの先発リンドブロムは1回裏に三者連続三振を奪った。SKは2回裏に6番イ・ジェウォンがチーム初ヒットで出るも進塁できなかった。トゥサンは3回表に2番チョン・スビン、3番チェ・ジュファンの連打でチャンスを作るも無得点だった。SKは3回裏に先頭の8番キム・ソンヒョンが四球で出ると送りバントで二塁へ進み、1番キム・ガンミンのタイムリーで1点を先制した。ここで2番ハン・ドンミン、3番チェ・ジョンへの連続四死球でチャンスを作るも、ここはリンドブロムが三振でピンチを乗り切った。
 トゥサンは4回表に6番パク・コヌがヒットで出るも盗塁に失敗した。SKは4回裏に先頭のイ・ジェウォンがヒットでで出るも進塁できなかった。トゥサンは5回表に8番ペク・ミンギがヒットで出るも後続が断たれた。SKは5回裏にチェ・ジョンがリンドブロム相手に13球と粘ったが三者凡退に終わった。トゥサンは6回表にチェ・ジュファンがヒットで出るもヤン・ウィジが併殺打に倒れた。SKは7回表から2番手サンチェスを登板させた。
 トゥサンは8回表に先頭のペク・ミンギがヒットで出ると、1死後にチョン・スビンの本塁打で2-1と逆転した。さらにチェ・ジュファンとヤン・ウィジの連打でチャンスを作るが、代わったSKの3番手チョン・ヨンイルはパク・コヌに四球を与えるも追加点を与えなかった。トゥサンは8回裏から2番手ハム・トクチュを登板させ三者凡退に抑えた。トゥサンは9回表に1番ホ・ギョンミンがヒットで出るも、代わったSKの4番手キム・テッキョンは追加点を与えなかった。
 SKは9回裏に2死からイ・ジェウォンがヒットで出るも同点に追いつけず、トゥサンが逆転勝ちで韓国シリーズの対戦成績を2勝2敗とした。7回を1失点に抑えたリンドブロムは韓国シリーズ初勝利。2015年に韓国シリーズMVP(最優秀選手)となりトゥサンの優勝に貢献したチョン・スビンは、この試合でも逆転本塁打を放ち大舞台での勝負強さを発揮した。トゥサン打線ではチェ・ジュファンが3安打と活躍。SKではキム・グァンヒョンが6回無失点と好投するも打線がつながらず、韓国シリーズ3勝目とはならなかった。SK打線ではイ・ジェウォンが3安打と活躍。


 韓国シリーズ第5戦は10日14時から仁川SK幸福ドリーム球場で開始され、予告先発はSKがパク・チョンフン(※30試合・14勝8敗・防御率4.18)、トゥサンがセス・フランコフ(※28試合・18勝3敗・防御率3.74)と発表された。

 ※は2018年レギュラーシーズンの成績。