DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(7.2) 結果

首位SSG3連勝、2位キウム7連勝

 

キア 1-2 SSG  (仁川)

(勝)チャン・ジフン 2勝  (セーブ)ソ・ジニョン 4勝1敗10S  (敗)イム・ギヨン 2勝6敗

 SSGの先発キム・グァンヒョンは4回表に頭部への死球を与えたため退場となった。SSGは4回裏にキアの先発イム・ギヨンから5番パク・ソンハンのタイムリーで1点を先制し、5回裏に2番チェ・ジフンのタイムリーで1点を追加した。SSGの2番手チャン・ジフンは6回表まで無失点に抑えた。キアは7回表にSSGの3番手キム・テッキョンから7番イ・ウソンのタイムリーで1点を返した。

 SSGの4番手ソ・ドンミンは8回表まで無失点に抑えた。キアの2番手キム・ジョンビンと3番手キム・ジェヨルは追加点を与えなかった。SSGの5番手ソ・ジニョンは9回表を無失点に抑え、首位SSGが勝利し3連勝となった。先発イム・ギヨンが7回途中2失点に抑えるも打線がつながらなかったキアは6連敗でKTと同率4位に並ばれた。

 

 

ハンファ 0-3 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)チョン・チャンホン 5勝3敗  (セーブ)ムン・ソンヒョン 9S   (敗)キム・ミヌ 3勝7敗

 キウムは3回裏にハンファの先発キム・ミヌから4番ソン・ソンムンのタイムリーで1点を先制し、4回裏に1番キム・ジュヌァンのタイムリーで1点を追加した。キウムの先発チョン・チャンホンは6回表まで無失点に抑えた。キウムの2番手キム・テフンは7回表を無失点に抑えた。キウムは7回裏に3番イ・ジョンフのタイムリーで1点を追加した。

 キウムの3番手イ・スンホは8回表を無失点に抑えた。ハンファの2番手ナム・ジミンは8回裏に追加点を与えなかった。4番手ムン・ソンヒョンは9回表を無失点抑え、2位キウムが完封リレーで勝利し7連勝となった。チョン・チャンホンは5勝目。先発キム・ミヌは7回を3失点に抑えるも打線が沈黙した最下位ハンファは3連敗。

 

 

ロッテ 8-1 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)バーンズ 8勝5敗  (敗)プルトコ 7勝4敗

本塁打) ロッテ : ハン・ドンヒィ 10号、チョン・ジュヌ 6号

 ロッテは2回表にLGの先発プルトコから5番ハン・ドンヒィの本塁打で2点を先制し、5回表に2番ファン・ソンビンのタイムリーなどで2点を追加した。ロッテは7回表にLGの2番手チェ・ドンファンから4番チョン・ジュヌの犠牲フライで1点を追加した。LGは7回裏にロッテの先発バーンズ、代わったロッテの2番手チン・スンヒョンからチャンスを作ると、代わったロッテの3番手キム・ユヨンから2番ムン・ソンジュのタイムリーで1点を返した。

 ロッテは8回表にLGの3番手チェ・ソンフンから相手のエラー、1番アン・チホンの犠牲フライで2点、9回表にLGの4番手オ・ソクチュからチョン・ジュヌの本塁打で1点を追加した。ロッテの4番手ムン・ギョンチャンは9回裏を無失点に抑え、ロッテが勝利し単独7位に浮上した。7回途中まで1失点に抑えたバーンズは8勝目。先発プルトコが6回4失点で降板した3位LGは連勝が4で止まった。LG打線ではムン・ソンジュが3安打1打点と活躍。

  

 

トゥサン 3-8 KT  (水原)

(勝)ベンジャミン 1勝1敗  (敗)チェ・ウォンジュン 4勝6敗

本塁打) トゥサン : ヤン・ソックァン 7号  KT : パク・ピョンホ 27号

 トゥサンは1回表にKTの先発の新外国人ベンジャミンから3番ヤン・ソックァンの本塁打で1点を先制した。KTは2回裏にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンから4番パク・ピョンホの本塁打で1-1の同点に追いつくと、3回裏に2番キム・ミンヒョクのタイムリーで2-1と逆転し、4回裏に8番オ・ユンソクの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンは5回表に相手のボーク、9番カン・スンホの犠牲フライで3-3の同点に追いついた。KTは5回裏にパク・ピョンホのタイムリーで4-3と勝ち越しチェ・ウォンジュンをノックアウトすると、代わったトゥサンの2番手チョン・チョルォンから6番ファン・ジェギュンの本塁打で2点を追加した。

 トゥサンの2番手イ・スンヒョンと3番手パク・チグクは6回裏まで無失点に抑えた。KTの2番手キム・ミンスは7回表、3番手チュ・グォンは8回表を無失点に抑えた。KTは8回裏にトゥサンの4番手ユン・ミョンジュンから途中出場の2番ソン・ミンソプとパク・ピョンホのタイムリーで2点を追加した。KTの4番手シム・ジェミンは9回表を無失点に抑え、KTが勝利し3連勝でキアと同率4位に並んだ。6回を3失点に抑えたベンジャミンは韓国初勝利。KT打線ではパク・ピョンホが3安打1本塁打3打点、ファン・ジェギュンが3安打2打点と活躍。先発チェ・ウォンジュンが5回途中6失点で降板したトゥサンは3連敗で8位に後退した。

 

 

サムソン 1-17 NC  (昌原)

(勝)ルチンスキー 6勝5敗  (敗)ホ・ユンドン 3勝1敗

本塁打) NC : マティーニ 11号、パク・チュニョン 4号

 NCは1回裏にサムソンの先発ホ・ユンドンから4番ヤン・ウィジの犠牲フライ、7番ノ・ジンヒョクのタイムリーで3点を先制した。NCは4回裏に2番クォン・ヒィドンと3番パク・ミヌのタイムリー、代わったサムソンの2番手イ・ジェイクからノ・ジンヒョクのタイムリーなどで計5点を追加した。NCは5回裏にパク・ミヌのタイムリー、代わったサムソンの3番手パク・チョンジュンから4番ヤン・ウィジのタイムリー、5番マティーニと8番パク・チュニョンの本塁打で計7点を追加した。NCの先発ルチンスキーは7回表まで無失点に抑えた。

 サムソンの4番手チェ・チュンヨンは7回裏に追加点を与えなかった。NCは8回裏にサムソンの5番手キム・ユンスからチャンスを作り、代わったサムソンの6番手チェ・ハヌルから途中出場の3番キム・ジュウォンのタイムリーで2点を追加した。サムソンは9回表にNCの2番手パク・トンスから途中出場の6番キム・テグンのタイムリーで1点を返した。NCの3番手リュ・ジヌクは無失点に抑え、9位NCが勝利し4連敗から脱出した。ルチンスキーは6勝目。NC打線ではノ・ジンヒョクが4打点、クォン・ヒィドンが3安打1打点と活躍。6位サムソンでは先発ホ・ユンドンが4回途中7失点で降板した。

ルチンスキー(NC)は7回無失点で6勝目 https://sports.news.naver.com/news?oid=076&aid=0003888034

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(7月2日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   77  49  25  3  .662

2.キウム   78  49  28  1  .636

.LG    75  44  30  1  .595

4.KT    77  38  37  2  .507

4.キア    76  38  37  1  .507

6.サムソン  76  35  41  0  .461

.ロッテ   75  33  39  3  .458

8.トゥサン  74  32  40  2  .444

9.NC    73  28  43  2  .394

10.ハンファ  75  24  50    1   .324

 

(文責 : ふるりん