DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.14) 結果

LG2位、ロッテ同率3位に浮上

 

NC 1-2 SSG  (仁川)

(勝)キム・グァンヒョン 6勝  (セーブ)キム・テッキョン 1敗15S  (敗)シム・チャンミン 1勝2敗

 NCの先発パーソンズは4回裏途中まで無失点に抑えた。SSGは5回裏にNCの2番手の大卒新人チョ・ミンソクから2番チェ・ジフンのタイムリーで1点を先制した。NCは6回表にSSGの先発キム・グァンヒョンから2番イ・ミョンギのタイムリーで1-1の同点に追いついた。SSGは6回裏にNCの3番手シム・チャンミンからチャンスを作ると、代わったNCの4番手キム・ゴンテから8番オ・テゴンのタイムリーで2-1と勝ち越した。

 NCの5番手キム・ヨンギュは7回裏に追加点を与えなかった。SSGの2番手チョ・ヨハンは8回表を無失点に抑えた。NCの6番手ウォン・ジョンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。SSGの3番手キム・テッキョンは9回表を無失点に抑え、首位SSGが勝利し3連敗から脱出した。7回を1失点に抑えたキム・グァンヒョンは最多勝争いトップタイの6勝目。ハンファと同率最下位のNC打線では1番ソン・アソプが3安打と活躍。 

 

 

キア 3-5 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)イ・ジョンヒョン 1勝1敗  (セーブ)コ・ウソク 1勝12S  (敗)チョン・サンヒョン 3勝3敗

本塁打) キア : ソクラテス 3号  LG : イ・ジェウォン 1号

 LGは3回裏にキアの先発ノリン(元埼玉西武)から1番ホン・チャンギのタイムリーで1点を先制し、4回裏に7番イ・ジェウォンの本塁打で2点を追加した。キアは6回表にLGの先発プルトコから7番ソクラテス本塁打で3-3の同点に追いついた。キアの2番手ユ・スンチョルは6回裏途中から登板し無失点に抑えた。LGの2番手イ・ジョンヨンは7回表を無失点に抑えた。LGは7回裏にキアの3番手チョン・サンヒョンからホン・チャンギのタイムリーで1点を追加した。

 LGの3番手チョン・ウヨンは8回表を無失点に抑えた。LGは8回裏にキアの4番手チャン・ヒョンシクからイ・ジェウォンのタイムリーで1点を追加した。LGの4番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、LGが勝利し2位に浮上した。LG打線ではイ・ジェウォンが1本塁打3打点と活躍。キアは7位に後退。キア打線ではソクラテスが3安打1本塁打3打点と活躍。

 

 

トゥサン 0-4 サムソン  (大邱

(勝)ブキャナン 4勝3敗  (敗)ストック 4勝1敗

本塁打) サムソン : オ・ジェイル 7号

 サムソンは1回裏にトゥサンの先発ストックから2番ピレラ(元広島)のタイムリー、4番オ・ジェイルの本塁打で3点を先制した。サムソンの先発ブキャナン(元東京ヤクルト)は無失点を続けた。サムソンは7回裏に8番の高卒新人イ・ジェヒョンの内野ゴロの間に1点を追加した。

 トゥサンの2番手キム・ミョンシンは8回裏に追加点を与えなかった。ブキャナンは9回表も無失点に抑え完封し、サムソンが勝利し3連勝で単独5位に浮上した。ブキャナンは4勝目。先発ストックが7回を4失点に抑えるも打線が沈黙したトゥサンはロッテと同率3位に並ばれた。

 

 

ロッテ 8-5 ハンファ  (大田)

(勝)ソ・ジュヌォン 1勝  (敗)ユン・デギョン 1勝3敗

本塁打) ロッテ : イ・デホ 4,5号、ピータース 5号

 ハンファは1回裏にロッテの先発キム・ジヌクから5番イ・ジニョンのタイムリーで2点を先制した。ロッテは2回表にハンファの先発ユン・デギョンから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で1点を返した。ハンファは2回裏に2番チェ・ジェフンと4番チョン・ウヌォンの連続犠牲フライで2点を追加した。ロッテは3回表に3番ハン・ドンヒィと5番ピータースのタイムリーなどで4-4の同点に追いつき、5回表にピータースの本塁打で6-4と逆転した。ロッテの2番手ソ・ジュヌォンは6回裏まで無失点に抑えた。 ハンファの2番手キム・ボムスは7回表まで追加点を与えなかった。

 ロッテの2番手キム・ユヨンは7回裏を無失点に抑えた。ハンファの3番手ユン・ホソルは8回表に追加点を与えなかった。ロッテの3番手チェ・ジュニョンは8回裏を無失点に抑えた。ハンファの4番手チャン・シファンは9回表に追加点を与えなかった。ハンファは9回裏にロッテの4番手キム・ウォンジュンからチェ・ジェフンのタイムリーで1点を返したが、ロッテが勝利しトゥサンと同率3位に並んだ。ロッテ打線ではピータースが4安打1本塁打3打点、イ・デホが2本塁打4打点と活躍。先発ユン・デギョンが6回途中6失点で降板したNCと同率最下位のハンファは9連敗。

 

 

キウム 3-0 KT  (水原)

(勝)ヨキシュ 4勝3敗  (セーブ)ムン・ソンヒョン 3S  (敗)ソ・ヒョンジュン 4勝2敗

 キウムは2回表にKTの先発ソ・ヒョンジュンから4番イ・ジュヒョンの内野ゴロの間に1点を先制すると、相手のエラーで1点を追加した。キウムは5回表に相手の暴投で1点を追加した。KTの2番手リュ・ヒィウンは8回表途中まで追加点を与えず、3番手チョ・ヒョヌに交代した。キウムの先発ヨキシュは8回裏まで無失点に抑えた。

 KTの4番手キム・ミンスは9回表に追加点を与えなかった。キウムの2番手ムン・ソンヒョンは9回裏を無失点に抑え、キウムは完封リレーで勝利し6位に浮上した。ヨキシュは4勝目。先発ソ・ヒョンジュンは6回を3失点に抑えるも打線が沈黙した8位KTは3連敗。試合後には現代(2007年解散)、ネクセン(現キウム)とKTで主力打者として活躍し2021年で現役を引退したユ・ハンジュンの引退セレモニーが行われた。

ユ・ハンジュンの引退セレモニー https://www.kgnews.co.kr/news/article.html?no=701392

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(5月14日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   37  25  11  1  .694

2.LG    37  22  15  0  .595

.トゥサン  35  20  15  0  .571

3.ロッテ   36  20  15  1  ,571

5.サムソン  36  19  17  0  .528

6.キウム   37  19  18  0  .514

7.キア    36  18  18  0  .500

8.KT    36  16  20  0  .444

9.NC    37  11  26    0   .297

9.ハンファ  37  11  26  0  .297

 

(文責 : ふるりん