DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.24) 結果

サムソン、引き分け1つを挟んで4連勝で2位に浮上

 

 KT-ロッテ(釜山・社稷)は雨天により順延、10月1日にダブルヘッダー開催。LG-NC(昌原)は雨天中止。

 

SSG 8-9 サムソン   (大邱

(勝)イ・スンヒョン 1勝2敗  (敗)ソ・ジニョン 4勝4敗9S

本塁打) サムソン : カン・ミンホ 13号

 SSGは1回表にサムソンの先発モンゴメリーから4番チェ・ジョンの犠牲フライ、5番チョン・ウィユンのタイムリー、8番イ・ヒョンソクのタイムリーなどで6点を先制した。サムソンは2回裏にSSGの先発オ・ウォンソクから4番カン・ミンホの本塁打で1点、3回裏に5番オ・ジェイルのタイムリーで1点、4回裏にSSGの2番手キム・サンスから1番パク・ヘミンと2番ピレラ(元広島)のタイムリーで2点を返した。SSGの3番手パク・ミンホは6回裏途中まで無失点に抑えた。サムソンの3番手シム・チャンミンは7回表途中まで追加点を与えず4番手イ・サンミンに交代した。

 サムソンは7回裏にSSGの4番手の大卒新人チョ・ヨハンからカン・ミンホのタイムリーで1点を返した。SSGの5番手キム・テフンは無失点に抑えた。SSGは8回表にサムソンの5番手チェ・ジグァンからチャンスを作ると、代わったサムソンの6番手チャン・ピルジュンから9番コ・ジョンウクのタイムリーで2点を追加した。SSGの6番手の大卒新人チャン・ジフンは8回裏を無失点に抑えた。サムソンの7番手キム・デウと8番手の高卒新人イ・スンヒョン(背番号54)は追加点を与えなかった。

 サムソンは9回裏にSSGの7番手ソ・ジニョンから相手の暴投とオ・ジェイルの内野ゴロの間に2点を返すと、途中出場の6番キム・ジチャンのタイムリーで8-8の同点に追いついた。そして9番キム・サンスの犠牲フライで9-8と逆転サヨナラ勝ちし、引き分け1つを挟んでの4連勝で2位に浮上した。イ・スンヒョンはプロ初勝利。サムソン打線ではカン・ミンホが3安打1本塁打2打点、ピレラが3安打1打点と活躍。1回表の6点を守れなかった6位SSGは引き分け1つを挟んで3連敗となった。

 

 

キウム 8-2 キア  (光州)

(勝)チェ・ウォンテ 6勝6敗  (敗)キム・ヒョンス 1勝1敗

本塁打) キウム : パク・トンウォン 18,19号、イェ・ジヌォン 1号  キア : チェ・ウォンジュン 2号 

 キウムは1回表にキアの先発キム・ヒョンスから4番パク・トンウォンの2試合連続本塁打で2点を先制し、4回表に7番ピョン・サングォンのタイムリー、8番イェ・ジヌォンの2019年10月以来の打点となるタイムリーで2点を追加した。キアは5回裏にキウムの先発チェ・ウォンテから1番チェ・ウォンジュンの本塁打で1点を返し、2番手パク・チュンピョは6回表まで追加点を与えなかった。キアは6回裏にキウムの2番手キム・テフンから8番リュ・ジヒョクのタイムリーで1点を返した。キウムは7回表にキアの3番手イ・ジュニョンからチャンスを作ると、代わったキアの4番手ホン・サンサムからパク・トンウォンのこの試合2本目の本塁打で2点を追加した。

 キウムの3番手キム・ジェウンは7回裏を無失点に抑えた。キウムは8回表にキアの5番手ソ・ドグォンからイェ・ジヌォンのプロ4年目での初本塁打で2点を追加し、4番手キム・ソンミンは8回裏を無失点に抑えた。キアの6番手キム・ジェヨルは9回表に追加点を与えなかった。キウムの5番手の大卒新人キム・ソンジンは9回裏を無失点に抑え、キウムが勝利し4位に浮上した。6回途中まで2失点に抑えたチェ・ウォンテは6勝目。キウム打線ではパク・トンウォンが2本塁打4打点、イェ・ジヌォンが1本塁打3打点と活躍。9位キアでは先発キム・ヒョンスが5回途中4失点で降板した。キア打線ではチェ・ウォンジュンが3安打1本塁打1打点と活躍。

 

 

ハンファ 8-11 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)クァク・ピン 1勝5敗  (セーブ)キム・ガンニュル 1勝12S  (敗)キム・イファン 1敗

本塁打) ハンファ : ぺレス 1号  トゥサン : パク・ケェボム 4号

 トゥサンは2回裏にハンファの先発キム・イファンから8番キム・ジェホのタイムリーで1点を先制し、3回裏に6番パク・ケェボムの本塁打で3点を追加しキム・イファンをノックアウトした。さらにこの回代わったハンファの2番手イム・ジュンソプから1番ホ・ギョンミン、2番キム・ジェファン、4番フェルナンデスのタイムリーで5点を追加した。ハンファの3番手キム・ジョンスは4回裏まで追加点を与えなかった。ハンファは5回表にトゥサンの先発クァク・ピンから5番の新外国人ぺレスの韓国初本塁打、8番ノ・テヒョンのタイムリーで2点を返した。

 ハンファは6回表にトゥサンの2番手キム・ミョンシンから4番キム・テヨンと6番チェ・インホのタイムリーで2点を返した。トゥサンは6回裏にハンファの4番手イ・チュンホからチャンスを作ると、代わったハンファの5番手ユン・ホソルからキム・ジェホのタイムリーで2点を追加した。トゥサンの3番手キム・ミンギュは7回表に追加点を与えなかった。ハンファの6番手ソン・ユンジュンは7回裏まで追加点を与えなかった。ハンファは8回表にトゥサンの4番手パク・ウンからチェ・インホのタイムリーで2点を返した。ハンファの7番手チョン・ウラムは8回裏に追加点を与えなかった。 

 ハンファは9回表にトゥサンの5番手ユン・ミョンジュンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの6番手キム・ガンニュルから2番チェ・ジェフンへの押し出しの四球、3番ハ・ジュソクの犠牲フライで2点を返したが、7位トゥサンが勝利した。5回を2失点に抑えたクァク・ピンは2018年6月以来の勝利でプロ4年目にして初の先発勝利。トゥサン打線ではパク・ケェボムが3安打1本塁打3打点、キム・ジェホが3打点、3番パク・コヌと7番キム・インテが3安打と活躍。最下位ハンファでは先発キム・イファンが3回途中4失点で降板した。ハンファ打線ではチェ・インホが3安打3打点と活躍。

f:id:takefumif:20210825001421j:plain

クァク・ピン(トゥサン)は自身初の先発勝利 http://mksports.co.kr/view/2021/819827/

  

 【レギュラーシーズン 順位表】

(8月24日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.KT     87  51  35  1     .593

2.サムソン   91  50  39  2  .562

3.LG     85  47  37  1  .560

4.キウム    91  48  43  0  .527

5.NC     84  42  38  4  .525

6.SSG    90  44  42  4  .512

7.トゥサン   85  40  44  1  .476

8.ロッテ       88    39     48     1     448

9.キア        84  35    46     3     .432

10.ハンファ     91     32    56     3     .364

 

 (文責 : ふるりん