DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.8) 結果

2位LG3連勝

 

KT 4-2 SSG  (仁川)

(勝)コ・ヨンピョ 5勝2敗  (セーブ)キム・ジェユン 3勝1敗12S  (敗)チョ・ヨンウ 2勝6敗1S

本塁打) KT : シム・ウジュン 3号  SSG : チェ・ジョン 13号  

  KTは4回表にSSGの先発チョ・ヨンウから5番ユ・ハンジュンの犠牲フライで1点を先制した。SSGの2番手チェ・ミンジュンは5回表、3番手キム・テッキョンは6回表にそれぞれ追加点を与えなかった。KTの先発コ・ヨンピョは6回裏まで無失点に抑えた。KTは7回表にSSGの4番手イ・テヤンから2番ペ・ジョンデのタイムリーで2点を追加し、2番手チュ・グォンは7回裏を無失点に抑えた。SSGの5番手の大卒新人チャン・ジフンは8回表に追加点を与えなかった。

 SSGは8回裏にKTの3番手アン・ヨンミョンから6番チェ・ジョンの本塁打で2点を返した。KTは9回表にSSGの6番手キム・サンスから9番シム・ウジュンの本塁打で1点を追加した。KTの4番手キム・ジェユンは9回裏を無失点に抑え、KTが勝利し単独4位に浮上した。コ・ヨンピョは5勝目。KT打線ではペ・ジョンデが3安打2打点と活躍。首位SSGでは先発チョ・ヨンウが4回1失点で降板した。

 

 

NC 1-2 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ユンシク 3勝1敗  (セーブ)コ・ウソク 3敗13S  (敗)イム・チャンミン 2敗

本塁打) NC : アルテール 14号

  NCは2回表にLGの先発ケリーから5番アルテールの本塁打で1点を先制した。NCの先発パーソンズは6回裏まで無失点に抑えた。LGの2番手イ・ジョンヨンは7回表に追加点を与えなかった。LGは7回裏にNCの2番手ホン・ソンミンと3番手イム・ジョンホからチャンスを作ると、さらに代わったNCの4番手イム・チャンミンから4番チェ・ウンソンの内野ゴロの間に1-1の同点に追いついた。LGの3番手キム・ユンシクは8回表を無失点に抑えた。

 LGは8回裏にイム・チャンミンから途中出場の9番ムン・ボギョンのタイムリーで1点を勝ち越した。LGの4番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、LGが勝利し3連勝でサムソンと同率2位を維持した。先発パーソンズが好投するも打線の援護に恵まれなかったNCはトゥサンと同率5位に後退した。

 

 

キア 0-7 サムソン  (大邱

(勝)ペク・チョンヒョン 5勝4敗  (セーブ)オ・スンファン 1敗18S  (敗)イ・ウィリ 2勝2敗

 サムソンは1回裏にキアの先発の高卒新人イ・ウィリから4番カン・ミンホと6番イ・ウォンソクのタイムリーなどで3点を先制した。サムソンの先発ペク・チョンヒョンは6回表途中まで無失点に抑えた。サムソンの2番手シム・チャンミンと3番手チェ・ジグァンも無失点に抑えた。サムソンは7回裏にキアの2番手ホン・サンサムから2番ピレラ(元広島)のタイムリーで1点を追加した。サムソンの4番手ウ・ギュミンは8回表途中まで無失点に抑えた。

 サムソンは8回裏にキアの3番手ソ・ドグォンから8番キム・ジチャンと9番キム・サンスのタイムリーで3点を追加した。サムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)は9回表まで無失点に抑え、サムソンが完封リレーで勝利しLGとの同率2位を維持した。ペク・チョンヒョンは5勝目。先発イ・ウィリが7回途中4失点で降板し打線が沈黙した8位キアは3連敗。

f:id:takefumif:20210609045419j:plain

サムソンのペク・チョンヒョンは5勝目 https://newsis.com/view/?id=NISI20210608_0017536224

 

 

トゥサン 9-18 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)フランコ 4勝3敗  (敗)パク・チョンス 3勝1敗

本塁打) ロッテ : チュ・ジェヒョン 3号、チョン・フン 6号

 ロッテは1回裏にトゥサンの先発パク・チョンスから3番チョン・ジュヌと4番チョン・フンのタイムリー、6番マチャドの犠牲フライで3点を先制した。トゥサンは3回表にロッテの先発フランコから9番チャン・スンヒョンと1番チョン・スビンのタイムリー、2番キム・インテの犠牲フライで3-3の同点に追いついた。ロッテは4回裏に8番キム・ミンスのタイムリー、1番チュ・ジェヒョンの本塁打で4点を勝ち越し、5回裏にトゥサンの2番手チョ・ジェヨンから9番チ・シワン、チュ・ジェヒョン、2番ソン・アソプ、チョン・ジュヌ、5番カン・ロハンのタイムリーで7点を追加した。ロッテの2番手チン・ミョンホは6回表を無失点に抑えた。

 トゥサンは7回表にロッテの3番手イ・スンホンから途中出場の9番チェ・ヨンジェのタイムリーで1点を返した。ロッテは7回裏にトゥサンの3番手コ・ボンジェからチョン・フンの満塁本塁打で4点を追加した。トゥサンの4番手キム・ミョンシンは追加点を与えなかった。トゥサンは8回表にロッテの4番手ハン・スンヒョクからチェ・ヨンジェ、チョン・スビン、2番パク・コヌのタイムリーで5点を返した。トゥサンの5番手イ・ヒョンボムは8回裏に追加点を与えなかった。

 ロッテの5番手キム・デウは9回表まで無失点に抑え、最下位ロッテが勝利した。5回を3失点に抑えたフランコは4勝目。ロッテ打線ではチョン・フンが4安打1本塁打5打点、チュ・ジェヒョンが4安打1本塁打4打点、チョン・ジュヌが3安打2打点と活躍。NCから移籍後初登板となった先発パク・チョンスが5回途中8失点で降板したトゥサンはNCと同率5位に後退した。トゥサン打線ではチョン・スビンとチェ・ヨンジェが3打点と活躍。

 

 

キウム 2-4 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ミヌ 7勝3敗  (セーブ)カン・ジェミン 2敗3S  (敗)ブリガム 2勝3敗

 ハンファは3回裏にキウムの先発ブリガム(元東北楽天)から1番チョン・ウヌォンのタイムリーで1点を先制し、4回裏に相手のエラーで1点を追加した。キウムは5回表にハンファの先発キム・ミヌから9番イ・ヨンギュの2点タイムリーで2-2の同点に追いついた。ハンファは6回裏に相手のエラーで2点を勝ち越しブリガムをノックアウトした。キウムの2番手イ・スンホは追加点を与えなかった。ハンファの2番手ユン・ホソルは7回表を無失点に抑えた。

 キウムの3番手の大卒新人キム・ソンジンは7回裏まで追加点を与えなかった。ハンファの3番手ユン・ホソルは8回表途中まで無失点に抑えた。キウムの4番手ムン・ソンヒョンは追加点を与えなかった。ハンファの4番手カン・ジェミンは9回表まで無失点に抑え、9位ハンファが勝利した。6回を2失点に抑えたキム・ミヌ最多勝争いトップタイの7勝目。7位キウムでは味方のエラーに足を引っ張られ先発ブリガムが6回途中4失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月8日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG    51  29  22  0  .569

2.LG     53  30  23  0  .566

2.サムソン   53  30  23  0  .566

4.KT     51  28  23  0  .549

5.NC     52  27  24  1  .529

5.トゥサン   51  27  24  0  .529

7.キウム    54  26  28  0  .481

8.キア     51  21  30  0  .412

9.ハンファ      52  21  31    0     .404

10.ロッテ    52  20  31    1   .392

 

 (文責 : ふるりん