DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.10) 結果

サムソン、LGと同率首位に並ぶ

 

 KT-SSG(仁川)は雨天中止。

 

NC 6-0 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ルチンスキー 6勝3敗  (敗)イ・ミンホ 3勝4敗

本塁打) NC : カン・ジンソン 2号

 NCは3回表にLGの先発イ・ミンホから1番パク・ミヌの犠牲フライで1点を先制し、4回表に7番ノ・ジンヒョクのタイムリー、8番カン・ジンソンの本塁打で3点を追加した。LGの2番手チン・ヘスは6回表から7回表まで追加点を与えなかった。NCの先発ルチンスキーは7回裏まで無失点に抑えた。NCの2番手イム・ジョンホは8回裏を無失点に抑えた。

 NCは9回表にLGの3番手ソン・ジュヨンから7番ノ・ジンヒョクの犠牲フライ、カン・ジンソンのタイムリーで2点を追加した。NCの3番手イム・チャンミンは9回裏を無失点に抑え、NCが勝利し3連敗から脱出、トゥサンと同率5位に浮上いた。ルチンスキーは6勝目。NC打線ではカン・ジンソンが3安打1本塁打3打点と活躍。先発イ・ミンホが5回4失点で降板し打線が沈黙したLGは連勝が4で止まりサムソンと同率首位に並ばれた。LG打線では7番キム・ミンソンが3安打と活躍。

f:id:takefumif:20210610235658j:plain

NCのカン・ジンソンは4回表の本塁打など3安打3打点 https://sports.donga.com/article/all/20210610/107376937/1

 

 

キア 2-4 サムソン  (大邱

(勝)ブキャナン 7勝2敗  (敗)イム・ギヨン 1勝3敗

本塁打) サムソン : ク・ジャウク 7号、ピレラ 14号

 サムソンは1回裏にキアの先発イム・ギヨンから3番ク・ジャウクの2試合連続本塁打で2点を先制した。サムソンの先発ブキャナン(元東京ヤクルト)は7回表途中まで無失点に抑えた。サムソンの2番手チェ・ジグァンも無失点に抑えた。サムソンは7回裏にキアの2番手ホン・サンサムから2番ピレラ(元広島)の本塁打で2点を追加した。サムソンの3番手シム・チャンミンは8回表を無失点に抑えた。

 キアの3番手ユン・ジュンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。キアは9回表にサムソンの4番手オ・スンファン(元阪神)から2番キム・ソンビンのタイムリーで2点を返したが、サムソンが勝利しLGと同率首位に浮上した。ブキャナンは7勝目。8位キアでは先発イム・ギヨンが7回途中4失点で降板した。キア打線ではキム・ソンビンが4安打2打点と活躍。

 

 

トゥサン 4-5 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キム・ウォンジュン 2勝3敗8S  (敗)ホン・ゴンヒィ 2勝3敗1S

本塁打) トゥサン : キム・ジェファン 14号

 トゥサンは6回表にロッテの先発パク・セウンから4番キム・ジェファンの2試合連続本塁打で1点を先制した。ロッテは6回裏にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンから3番チョン・ジュヌの2点タイムリーで2-1と逆転し、7回裏に9番マチャドのタイムリーで1点を追加しチェ・ウォンジュンをノックアウトした。トゥサンの2番手チャン・ウォンジュンは追加点を与えなかった。ロッテの2番手ク・スンミンは8回表を無失点に抑えた。

 ロッテは8回裏にトゥサンの3番手イ・スンジンから6番ハン・ドンヒィのタイムリーで1点を追加した。トゥサンは9回表にロッテの3番手キム・ウォンジュンから6番パク・コヌのタイムリー、9番パク・セヒョクの犠牲フライ、1番ホ・ギョンミンのタイムリーで4-4の同点に追いついた。最下位ロッテは9回裏にトゥサンの4番手ホン・ゴンヒィから2番ソン・アソプのタイムリーでサヨナラ勝ちした。ロッテ打線では4番チョン・フンが3安打と活躍。トゥサンはNCと同率5位に並ばれた。

 

 

キウム 0-1 ハンファ  (大田)

(勝)チョン・ウラム 1勝6S  (敗)チョ・サンウ 1勝2敗9S

 ハンファの先発ユン・デギョンは4回表まで無失点に抑えた。ハンファの2番手キム・ボムスは5回表を無失点に抑えた。キウムの先発ハン・ヒョンヒィは5回裏まで無失点に抑えたが、試合はここで雨によりしばらく中断した。キウムの2番手イ・スンホは6回裏を無失点に抑えた。ハンファの3番手シン・ジョンナクは7回表途中まで無失点に抑えた。

 キウムの3番手キム・テフンは7回裏を無失点に抑えた。ハンファの4番手カン・ジェミンは8回表まで無失点に抑えた。キウムの4番手キム・ソンミンは8回裏、ハンファの5番手チョン・ウラムは9回表を無失点に抑えた。9位ハンファはキウムの5番手チョ・サンウから相手の暴投でサヨナラ勝ちした。7位キウムでは打線が沈黙した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月10日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.LG     55  31  24  0  .564

1.サムソン   55  31  24  0  .564

3.KT     52  29  23  0  .558

3.SSG    52  29  23  0  .558

5.NC     54  28  25  1  .528

5.トゥサン   53  28  25  0  .528

7.キウム    56  27  29  0  .482

8.キア     53  22  31  0  .415

9.ハンファ      54  22  32    0     .407

10.ロッテ    54  21  32    1   .396

 

 (文責 : ふるりん