DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

示範競技 結果(3.22)

キア 7-0 NC  (昌原)

(勝)ブルックス 1勝  (敗)イ・ジェハク 1敗

 キアは4回表にNCの先発イ・ジェハクから9番パク・チャンホのタイムリーで2点を先制し、5回表にNCの2番手カン・ドンヨンから6番キム・ミンシクのタイムリーで2点を追加した。キアの先発ブルックスは5回裏途中まで無失点に抑え、代わった2番手キム・ヒョンジュンも無失点に抑えた。キアの3番手パク・チュンピョは6回裏を無失点に抑えた。

 キアは7回表にNCの3番手イム・ジョンホから途中出場の5番イ・ウソンの犠牲フライで1点を追加し、4番手キム・ジェユルは7回裏を無失点に抑えた。キアは8回表にNCの4番手ムン・ギョンチャンから途中出場の9番キム・ギュソンの犠牲フライで1点を追加し、5番手コ・ヨンチャンは8回裏を無失点に抑えた。キアは9回表にNCの5番手イム・チャンミンからイ・ウソンの内野ゴロの間に1点を追加し、6番手の大卒新人イ・スンジェは9回裏を無失点に抑え勝利した。

 

 

ハンファ 12-5 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ミヌ 1勝  (敗)ミランダ 1敗

 ハンファは1回表にトゥサンの先発の新外国人ミランダ(元福岡ソフトバンク)から4番の新外国人ヒーリー、8番イ・へチャンへの押し出しの四球、9番ユ・ジャンヒョク、1番チョン・ウヌォンのタイムリーで7点を先制した。トゥサンは2回裏にハンファの先発キム・ミヌから9番シン・ソンヒョン(元広島)の犠牲フライ、1番オ・ジェウォンのタイムリーなどで3点を返した。トゥサンの2番手キム・ミョンシンは3回表まで無失点に抑えた。トゥサンは4回裏にハンファの2番手キム・ボムスから3番フェルナンデスのタイムリーで1点を返し、3番手ムン・デウォンは5回表まで無失点に抑えた。トゥサンの4番手クォン・ヒィは6回表、ハンファの3番手キム・ジヌクは6回裏を無失点に抑えた。

 ハンファは7回表にトゥサンの5番手イ・ヒョンスンからチャンスを作ると、代わった6番手ホン・ゴンヒィからヒーリーのタイムリーで1点を追加した。ハンファの4番手キム・ジョンスは7回裏から登板した。ハンファは8回表に途中出場の8番ホ・グァンフェのタイムリー、代わったトゥサンの7番手パク・チョンギから途中出場の2番イ・ドユンの犠牲フライ、途中出場の3番パク・チョンヒョンと途中出場の4番チェ・インホのタイムリーで計4点を追加した。トゥサンは8回裏にハンファの5番手ソ・ギュンから代打キム・ミンヒョク併殺打の間に1点を返した。トゥサンの8番手イ・スンジンは9回表を無失点に抑えた。6番手ユン・デギョンは9回裏まで無失点に抑え、ハンファが勝利した。ハンファ打線ではヒーリーが3打点、トゥサン打線ではオ・ジェウォンが3安打1打点と活躍。

 

 

LG 3-9 KT  (水原)

(勝)アン・ヨンミョン 1勝  (敗)リュ・ウォンソク 1敗

本塁打) KT : イ・ホング 1号、ソン・ミンソプ 1号 

 KTの先発チュ・グォンは2回表まで無失点に抑えた。KTは2回裏にLGの先発ぺ・ジェジュンから7番パク・キョンスの犠牲フライで1点を先制した。LGは3回表にKTの2番手アン・ヨンミョンから3番キム・ヒョンスへの押し出しの四球で1-1の同点に追いついた。KTは3回裏にLGの2番手リュ・ウォンソクから途中出場の6番イ・ホングの満塁本塁打で4点を勝ち越し、3番手ハ・ジュンホは4回表を無失点に抑えた。KTは4回裏に3番カン・ベッコのタイムリーで1点を追加した。

 LGは6回表にKTの4番手キム・ジェユンから5番イ・チョヌンのタイムリーで1点を返した。KTは6回裏にLGの3番手イ・サンギュから途中出場の3番ムン・サンチョルのタイムリーで1点を追加し、5番手チョン・ユスは7回表を無失点に抑えた。KTは7回裏に途中出場の8番ソン・ミンソプの本塁打で2点を追加した。LGは8回表にKTの5番手チョ・ヒョヌから代打ユ・ガンナムの内野ゴロの間に1点を返し、4番手チェ・ソンフンは8回裏を無失点に抑えた。7番手イ・ボグンは9回表を無失点に抑え、KTが勝利した。

 

 

キウム 5-5 サムソン  (大邱

本塁打) キウム : イ・ヨンギュ 1号、キム・ヘェソン 1号

 サムソンは2回裏にキウムの先発ヨキシュから7番キム・ホンゴンのタイムリーで2点を先制した。ハンファは3回表にサムソンの先発ライブリーから1番イ・ヨンギュ本塁打で2-2の同点に追いつき、4回表に7番キム・ヘェソンの本塁打で4-2と逆転した。4回裏途中から登板したキウムの2番手キム・ドンヒョクは無失点に抑えた。サムソンの2番手オ・スンファン(元阪神)は5回表を無失点に抑えた。サムソンは5回裏にキウムの3番手ヤン・ヒョンから3番ク・ジャウクの犠牲フライで1点を返した。

 サムソンの3番手ウ・ギュミンは6回表、キウムの4番手の高卒新人キム・ジュンヒョンは6回裏を無失点に抑えた。キウムは7回表にサムソンの4番手ホ・ユンドンから相手のパスボールの間に1点を追加し、5番手キム・ソンミンは7回裏を無失点に抑えた。サムソンは8回裏にキウムの6番手キム・ソンギから途中出場の7番ソン・ジュンソク、8番キム・ジチャンのタイムリーで5-5の同点に追いついた。18時開始だったこの試合は寒さのため8回で終了し引き分けとなった。

 

 

SSG 3-10 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)チン・ミョンホ 1勝  (敗)キム・テフン 1敗

本塁打) SSG : ロマック 1号

 SSGは1回表にロッテの先発ノ・ギョンウンから4番ロマック(元横浜DeNA)の犠牲フライで1点を先制し、3回表にロマックの本塁打で1点を追加した。ロッテは3回裏にSSGの先発オ・ウォンソクから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)と5番チョン・フンのタイムリーで2-2の同点に追いついた。SSGの2番手チェ・ミンジュンは4回裏を無失点に抑えた。SSGは5回表にロッテの2番手キム・ゴングクから途中出場の3番の高卒新人コ・ミョンジュンの併殺打の間に1点を勝ち越した。 ロッテは5回裏にSSGの3番手イ・テヤンから途中出場の4番キム・ジュンテのタイムリーで3-3の同点に追いつき、3番手チン・ミョンホは6回表を無失点に抑えた。

 ロッテは6回裏にSSGの4番手キム・テフンから途中出場の1番キム・ミンスのタイムリーで2点を勝ち越し、4番手イ・インボクは7回表を無失点に抑えた。ロッテは7回裏にSSGの5番手キム・サンスから途中出場の5番オ・ユンソク、途中出場の7番の高卒新人ナ・スンヨプキム・ミンス、途中出場の2番キム・ジェユのタイムリーで5点を追加した。ロッテの5番手パク・チンヒョンは8回表、SSGの6番手ソ・ジニョンは8回裏を無失点に抑えた。6番手ク・スンミンは9回表を無失点に抑え、ロッテが勝利した。ロッテ打線ではキム・ミンスが3打点、オ・ユンソクが3安打1打点と活躍。

 

(文責 : ふるりん