DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

 FAキム・グァンヒョンと再契約

 SKは29日、2017年のFA(フリーエージェント)選手となっていたキム・グァンヒョン投手(28)と契約期間4年、契約金32億ウォン、年俸53億と総額85億ウォンで再契約した。
 キム・グァンヒョンは高校卒業後の2007年SKへ入団し、同年一軍で3勝を記録、韓国シリーズ第4戦で好投しSKの韓国シリーズ初優勝に貢献した。翌2008年、2010年と2度の最多勝、2009年には最優秀防御率のタイトルを獲得し、SKの3度の韓国シリーズ優勝(2007年,2008年,2010年)に貢献、2008年にはシーズンMVP(最優秀選手)も受賞した。その間には2008年北京オリンピック優勝、2009年WBC(ワールドベースボールクラシック)準優勝など出場した国際大会での栄誉も味わった。2011年以降故障に悩まされ本領を発揮できなかったが、2013年は復活を印象付ける10勝を記録、2016年シーズンは27試合に登板、11勝8敗、防御率3.88の成績で4年連続2ケタ勝利を記録した。また2014年仁川アジア大会、2015年WBSCプレミア12と2年連続で国際大会での優勝も経験した。プロ通算10年間の成績は242試合に登板、108勝63敗、防御率3.41。
 2014年シーズンオフにポスティングでメジャーリーグベースボール(MLB)へポスティングで移籍を推進し、応札したサンディエゴパドレスと交渉したが合意に至らなかった。この2016年シーズンオフにFAを行使し韓国を代表する左腕としてその去就が注目されていたが、結局10年ほど活躍を続けてきたSKに残留することになった。
 
(11月29日現在の為替レート:10万ドルが1128万6000円。10億ウォンが9616万5000円。)

(文責:ふるりん)