DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  ノ・ギョンウン、コ・ウォンジュンのトレード成立

 トゥサンとロッテは31日、ノ・ギョンウン投手(32)とコ・ウォンジュン投手(25)とのトレード成立を発表した。
 右腕ノ・ギョンウンは高校卒業後2003年トゥサンへ入団し、2011年から一軍に定着した。2012年先発で起用され自己最多の12勝を記録し、2013年にはWBC(ワールドベースボールクラシック)に韓国代表として出場し、シーズンでは10勝をあげ2年連続の2ケタ勝利も記録した。だが2014年に3勝15敗と成績が悪化し、最多敗戦投手となってしまった。2015年は主にリリーフで47試合に登板した。2016年シーズンは先発として復活を期したが、一軍で3試合に登板し2敗、防御率11.17と結果を残していなかった。5月に球団へ現役引退を申し出たが、のちに撤回し二軍の練習に合流していた。5月31日までのプロ14年間の通算成績は267試合に登板、37勝47敗7セーブ11ホールド、防御率5.07。
 右腕コ・ウォンジュンは高校卒業後2009年ヒーローズへ入団し、2010年名前を改めたネクセンヒーローズで先発として起用され5勝と活躍したが、トレードでロッテへ移籍した。2011年には自己最多の9勝をあげた。2013年シーズン終了後軍へ入隊し、2015年に除隊され復帰していた。2016年シーズンは4試合に登板し0勝1敗、防御率5.59の成績だった。プロ8年間の通算成績は102試合に登板、18勝26敗2セーブ、防御率4.38。
 ノ・ギョンウンは先発投手不足で上位争いから遠ざかっているロッテで、これまでの経験をもとに活躍の場が与えられると思われる。まだ成長の可能性を残すコ・ウォンジュンは2012年以降伸び悩んでおり、新天地での奮起が期待される。
 
(文責:ふるりん