DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.24) 結果

2位SK、延長11回を制し3連勝  最下位キア8連敗

  

 

トゥサン 3-8 キウム  (ソウル・高尺)
(勝)ハン・ヒョンヒィ 3勝2敗  (敗)イ・ヒョンスン 1敗

 (本塁打)トゥサン : キム・ジェファン 6号  キウム : サンズ 3号

 キウムは2回裏にトゥサンの先発フランコフから8番イ・ジヨンの内野ゴロの間に1点を先制し、9番キム・ギュミンのタイムリーで1点を追加した。トゥサンは4回表にキウムの先発ヨキシュから4番キム・ジェファンの本塁打で1点を返した。キウムは5回裏に2番キム・ハソンのタイムリーで1点を追加した。トゥサンは6回表にキム・ジェファンと5番オ・ジェイルのタイムリーで3-3の同点に追いついた。

 2番手ハン・ヒョンヒィは7回表を無失点に抑え、キウムは7回裏にトゥサンの2番手イ・ヒョンスン、3番手イ・ヒョンボムからチャンスを作り、代わった4番手パク・チグクから4番サンズの満塁本塁打で4点を勝ち越した。3番手キム・サンスは8回表を無失点に抑え、キウムは8回裏にトゥサンの5番手チェ・ウォンジュンから途中出場の8番パク・トンウォンのタイムリーで1点を追加し、4番手ユン・ヨンサムが9回表に相手の反撃を断ち5位キウムが勝利した。キウム打線ではキム・ハソンが3安打1打点と活躍。首位トゥサンは連勝が4で止まった。

 

 

SK 9-8 サムソン  (大邱

 (勝)ハ・ジェフン 4勝1敗  (セーブ)チェ・ビョンニョン 1S  (敗)ウ・ギュミン 3敗2S

 (本塁打)SK : ロマック 4号、キム・ガンミン 3号、チェ・ジョン 5号

 サムソンの先発ヘイリーは1回表途中に腰の痛みを訴え降板した。サムソンは1回裏にSKの先発ダイクソーンから2番キム・サンスのタイムリーで1点を先制し、2回裏に1番パク・ヘミンのタイムリーで1点を追加した。さらに4回裏には パク・ヘミンのタイムリーなどで2点を追加し、代わったSKの2番手カン・ジグァンから相手のエラーで5-0とリードを広げた。SKは5回表にサムソンの2番手キム・デウから6番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で1点を返した。

 SKは6回表にサムソンの3番手チャン・ジフンから3番チェ・ジョンのタイムリーで1点を返した。サムソンの4番手チェ・ジグァンは追加点を与えなかった。3番手キム・テッキョンは6回裏まで無失点に抑え、SKは7回表にサムソンの5番手チェ・チュンヨンから代打イ・ジェウォンの犠牲フライ、1番キム・ガンミンの本塁打で6-6の同点に追いついた。

 SKの4番手チョン・ヨンイルは7回裏を、サムソンの6番手イ・スンヒョンは8回表まで、SKの5番手ソ・ジニョンは8回裏を無失点に抑えた。SKは9回表にサムソンの7番手チャン・ピルジュンから相手の暴投、途中出場の4番チョン・ジンギのタイムリーで3点を勝ち越した。サムソンは9回裏にSKの6番手キム・テフンから9番パク・ケェボムと1番パク・ヘミンのタイムリーで9-9の同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。

 サムソンの8番手クォン・オジュンと9番手イム・ヒョンジュンは10回表に勝ち越し点を与えなかった。SKの7番手ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)は10回裏まで無失点に抑えた。2位SKは11回表にサムソンの10番手ウ・ギュミンから3番チェ・ジョンの本塁打で1点を勝ち越し、8番手チェ・ビョンニョンは11回裏に相手の反撃を断ち3連勝となった。SK打線ではチェ・ジョンが3安打1本塁打2打点と活躍。8位サムソンは10回裏のチャンスを生かしきれず11回表に勝ち越しを許してしまった。サムソン打線ではパク・ヘミンが5安打3打点と活躍。

 

f:id:takefumif:20190425061954p:plain

SKのチェ・ジョンは11回表に決勝の5号本塁打を放つ(http://www.osen.co.kr/article/G1111128999 より)。

 

 

NC 10-2 KT  (水原)

(勝)ルチンスキー 2勝1敗  (敗)アルカンタラ 2勝2敗

本塁打)NC : イ・ウォンジェ 3,4号、ベタンコート 4号

  KTは1回裏にNCの先発ルチンスキーから4番ロハスのタイムリーで1点を先制した。NCは2回表にKTの先発アルカンタラから7番イ・ウォンジェの本塁打で2-1と逆転した。KTは3回裏に2番ファン・ジェギュンの併殺打の間に2-2の同点に追いついた。NCは4回表に1番パク・ミヌのタイムリーで2点を勝ち越した。NCは7回表にKTの2番手チョン・ユスから相手のエラー、代わった3番手チョ・グンジョンから4番ヤン・ウィジの犠牲フライ、イ・ウォンジェのこの試合2本目の本塁打で計5点を追加した。

 KTの4番手キム・デユは8回表、NCの2番手キム・ジンソンは8回裏にそれぞれ追加点を与えなかった。NCは9回表にKTの5番手の大卒新人イ・サンドンから5番ベタンコート本塁打で1点を追加し、3番手ユ・ウォンサンは9回裏に相手の反撃を断ち3位NCが勝利し3連勝となった。7回を2失点に抑えたルチンスキーは2勝目。NC打線ではイ・ウォンジェが3安打2本塁打5打点と活躍。9位KTでは先発アルカンタラが6回4失点で降板し打線がつながらなかった。

 

 

キア 3-10 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)チャ・ウチャン 4勝   (敗)ターナー 3敗

  LGは1回裏にキアの先発ターナーから4番チェ・ウンソンの犠牲フライで1点を先制し、5番ユ・ガンナムの内野ゴロの間に1点を追加した。さらに2回裏には2番オ・ジファン、3番キム・ヒョンス、チェ・ウンソンのタイムリーで4点を追加した。LGは4回裏にキム・ヒョンスの内野ゴロの間に1点、5回裏に8番キム・ヨンウィのタイムリーで2点を追加しターナーをノックアウトした。LGは6回裏にキアの2番手パク・チョンスからキム・ヒョンスの併殺打の間に1点を追加した。

 キアは7回表にLGの先発チャ・ウチャンから6番キム・ソンビンのタイムリーで1点を返し、3番手キム・セヒョンは7回裏を無失点に抑えた。LGの2番手チン・ヘスは8回表、キアの3番手コ・ミョンチャンは8回裏をそれぞれ無失点に抑えた。キアは9回表にLGの3番手イ・ウチャンから5番ナ・ジワンのタイムリーなどで2点を返したが、反撃もここまでで3位LGが勝利し3連勝となった。7回を1失点に抑えたチャ・ウチャンは開幕4連勝。LG打線ではオ・ジファンが3安打2打点、1番イ・チョヌンが3安打と活躍。最下位キアは8連敗で、先発ターナーは5回途中9失点と乱調だった。

 

 

ロッテ 4-5 ハンファ  (大田)

(勝)チョン・ウラム 3勝1S  (敗)コ・ヒョジュン 2敗

本塁打)ハンファ : チョン・ウヌォン 2号

 ロッテは1回表にハンファの先発チャド・ベルから2番アスアヘのタイムリーで1点を先制した。ハンファは4回裏にロッテの先発ラリーから5番チェ・ジンヘンと7番チェ・ジェフンのタイムリーで3-1と逆転した。ロッテは5回表に9番シン・ボンギの併殺打の間に1点を返すと、アスアヘのタイムリーで3-3の同点に追いついた。ロッテは8回表にハンファの2番手アン・ヨンミョンからチャンスを作ると、代わった3番手キム・ギョンテから3番ソン・グァンミンのタイムリーで1点を勝ち越した。ハンファの4番手パク・サンウォンは追加点を与えなかった。

 ハンファは8回裏にロッテの2番手ク・スンミンから2番チョン・ウヌォンの本塁打で4-4の同点に追いつき、5番手ソン・ウンボムは9回表を無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。ハンファの6番手チョン・ウラムは11回表まで無失点に抑えた。6位ハンファは11回裏にロッテの3番手コ・ヒョジュンからチャンスを作ると、代わった4番手オ・ヒョンテクから途中出場の6番キム・フェソンのタイムリーでサヨナラ勝ちした。ロッテは7位に後退。ロッテ打線ではアスアヘが3安打2打点と活躍。

 

f:id:takefumif:20190425062326j:plain

ハンファは延長11回裏にキム・フェソンのタイムリーでサヨナラ勝ち(http://www.osen.co.kr/article/G1111128966 より)。

 【レギュラーシーズン 順位表】

(4月24日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.トゥサン   27  18  9   0  .667

2.SK     26  16  9   1  ,640

3.LG     27  16  11  0  .593

3.NC     27  16  11  0  .593

5.キウム    27  15  12  0  .556

6.ハンファ   26  12  14  0  .462

7.ロッテ    26  11  15  0  .423

8.サムソン   26  10  16  0  .385

9.KT     28  10  18    0   .357

10.キア     26  8   17  1  .320


(文責 : ふるりん