DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.13) 結果

3位キウム、5連敗から脱出

 LG-NC(昌原)は3回表開始前に雨天ノーゲーム。

 

SSG 9-5 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)パク・チョンフン 1勝  (セーブ)パク・ミンホ 1勝1敗1S  (敗)イ・ヨンハ 6勝6敗

本塁打) トゥサン : ヤン・ソックァン 10号 

 SSGは1回表にトゥサンの先発イ・ヨンハから3番チェ・ジョンのタイムリーで1点を先制した。トゥサンは2回裏にSSGの先発パク・チョンフンから5番ヤン・ソックァンの本塁打で1-1の同点に追いついた。SSGは3回表に5番パク・ソンフンの犠牲フライで1点を勝ち越した。トゥサンは3回裏に4番フェルナンデスのタイムリーで2-2の同点に追いついた。SSGは4回表に9番キム・ミンシクのタイムリーで1点を勝ち越しイ・ヨンハをノックアウトすると、代わったトゥサンの2番手チャン・ウォンジュンから3番チェ・ジョンへの押し出しの四球などで2点を追加した。SSGは5回表にキム・ミンシクのタイムリー、代わったトゥサンの3番手キム・ミョンシンから1番チュ・シンスの犠牲フライなどで2点を追加した。

 SSGの先発パク・チョンフンは5回裏まで無失点に抑えた。SSGの2番手キム・テッキョンは6回裏を無失点に抑えた。SSGは7回表にトゥサンの4番手キム・ジヨンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの5番手イ・スンジンから2番チェ・ジフンのタイムリーで1点を追加した。トゥサンの6番手イ・ヒョンボムは9回表に追加点を与えなかった。SSGの3番手パク・ミンホは9回裏まで無失点に抑え、首位SSGが勝利した。パク・チョンフンはシーズン初勝利。パク・ミンホは2020年7月以来のセーブ。6位トゥサンではイ・ヨンハが4回途中4失点で降板した。

 

 

キウム 8-6 ハンファ  (大田)

(勝)エップラー 5勝7敗  (セーブ)キム・ジェウン 2勝3S  (敗)ナム・ジミン 1勝9敗

本塁打) ハンファ : キム・インファン 14号  キウム : イ・ジョンフ 17,18号、プイーグ 14号、イム・ジヨル 1号

 ハンファは2回裏にキウムの先発エップラー(元オリックス)から4番キム・インファンの本塁打で1点を先制した。キウムは4回表にハンファの先発ナム・ジミンから3番イ・ジョンフと4番プイーグの2者連続本塁打、8番キム・ジェヒョン1番イ・ヨンギュ、2番キム・ヘェソンのタイムリーで6-1と逆転しナム・ジミンをノックアウトした。ハンファは4回裏に5番ハ・ジュソクのタイムリーで1点を返した。キウムは5回表にハンファの2番手チャン・ミンジェから6番イム・ジヨルの本塁打で1点を追加した。ハンファの3番手ユン・サンフムは6回表に追加点を与えなかった。ハンファは6回裏に相手の暴投で1点を返した。

 ハンファの4番手ユン・サンフムは7回表に追加点を与えなかった。ハンファは7回裏にキウムの2番手イ・スンホから2番チョン・ウヌォンへの押し出しの四球、代わったキウムの3番手ムン・ソンヒョンから3番ノ・シファンのタイムリーで計3点を返した。ハンファの5番手キム・ボムスは8回表に追加点を与えなかった。キウムは9回表にハンファの6番手カン・ジェミンから3番イ・ジョンフのこの試合2本目の本塁打で1点を追加した。キウムの4番手キム・ジェウンは9回裏を無失点に抑え、3位キウムが勝利し5連敗から脱出した。6回を3失点に抑えたエップラーは5勝目。キウム打線ではイ・ジョンフが2本塁打2打点と活躍。最下位ハンファでは先発ナム・ジミンが4回途中6失点で降板した。ハンファ打線ではノ・シファンが3安打2打点と活躍。

 

 

サムソン 1-8 KT  (水原)

(勝)オム・サンベク 7勝2敗  (敗)ファン・ドンジェ 1勝3敗

本塁打) KT : アルフォード 9号

 KTは2回裏にサムソンの先発ファン・ドンジェから8番シン・ボンギと1番チョ・ヨンホのタイムリーなどで4点を先制した。サムソンは4回表にKTの先発オム・サンベクから6番イ・ウォンソクの内野ゴロの間に1点を返した。KTは4回裏に3番アルフォードの本塁打で3点を追加した。サムソンの2番手キム・ユンスは6回裏、3番手パク・チュヒョクは7回裏にに追加点を与えなかった。KTの2番手シム・ジェミンは8回表まで追加点を与えなかった。

 KTは8回裏にサムソンの4番手チェ・チュンヨンからアルフォードの犠牲フライで1点を追加した。KTの3番手イ・チェホは9回表を無失点に抑え、4位KTが勝利した。7回途中まで1失点に抑えたオム・サンベクは7勝目。KT打線ではアルフォードが1本塁打4打点、2番キム・ミンヒョクが4安打と活躍。9位サムソンでは先発ファン・ドンジェが5回7失点で降板した。

 

 

ロッテ 0-9 キア  (光州)

(勝)イ・ウィリ 7勝6敗  (敗)ナ・ギュナン 2勝4敗

本塁打) キア : パク・チャンホ

 キアは3回裏にロッテの先発ナ・ギュナンから4番チェ・ヒョンウと5番ソクラテスのタイムリーで3点を先制し、4回裏に1番パク・チャンホ本塁打で2点を追加した。ロッテの2番手カン・ユングは5回裏に追加点を与えなかった。キアは6回裏にロッテの3番手チン・ミョンホからチャンスを作ると、代わった4番手キム・デウから3番ナ・ソンボムとチェ・ヒョンウのタイムリーで3点を追加した。キアの先発イ・ウィリは7回表まで無失点に抑えた。

 ロッテの5番手ムン・ギョンチャンは7回裏に追加点を与えなかった。キアの2番手イ・ジュニョンは8回表を無失点に抑えた。ロッテの6番手キム・ウォンジュンは8回裏に追加点を与えなかった。キアの3番手パク・チュンピョは9回表を無失点に抑え、5位キアが勝利した。イ・ウィリは7勝目。キア打線ではチェ・ヒョンウが3打点と活躍。先発ナ・ギュナンが4回5失点で降板し打線が沈黙した8位ロッテは連勝が3で止まった。

7回無失点のイ・ウィリ(キア)は7勝目

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(8月13日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   104 70  31  3  .693

.LG    99  60  38  1  .612

.キウム   105 60  43  2  .583

4.KT    101 54  45  2  .545

5.キア    101 50  50  1  .500

6.トゥサン  100 44  54  2  .449

.ロッテ   104 44  56  4  .440

8.NC    99  42  54  3  .438

9.サムソン  102 42  58  2  .420

10.ハンファ  101 31  68    2   .313

 

(文責 : ふるりん