DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.26) 結果

首位SSG4連勝

 

NC 3-7 SSG  (仁川)

(勝)イ・テヤン 5勝2敗  (セーブ)ソ・ジニョン 3勝1敗9S  (敗)キム・シフン 2勝3敗

本塁打) NC : クォン・ヒィドン 2号、ヤン・ウィジ 9号  SSG : ハン・ユソム 10号

 NCは4回表にSSGの先発イ・テヤンから2番クォン・ヒィドンの本塁打で1点を先制した。SSGは4回裏にNCの先発シン・ミンヒョクから4番ハン・ユソムの本塁打で1-1の同点に追いついた。NCは6回表に4番ヤン・ウィジの本塁打で2-1と勝ち越した。SSGは6回裏にNCの2番手ハ・ジュニョンからハン・ユソムのタイムリーで2-2の同点に追いついた。SSGは7回裏にNCの3番手キム・シフンから9番キム・ソンヒョンの内野ゴロの間に3-2と勝ち越すと、代わったNCの4番手キム・ヨンギュからハン・ユソムと5番パク・ソンハンのタイムリーで3点を追加した。

 SSGの2番手キム・テッキョンは8回表から登板した。SSGは8回裏にNCの5番手リュ・ジヌクから2番チェ・ジフンの犠牲フライで1点を追加した。NCは9回表にSSGの3番手ソ・ジニョンから3番パク・ミヌの内野ゴロの間に1点を返したが、首位SSGが勝利し4連勝となった。7回を2失点に抑えたイ・テヤンは5勝目。SSG打線ではハン・ユソムが3安打1本塁打4打点と活躍。9位NCは3連敗。

 

 

キウム 9-4 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キム・テフン 2勝1敗8S   (敗)ク・スンミン 2敗

本塁打) キウム : ソン・ソンムン 7号、イ・ジョンフ 13号

 ロッテは1回裏にキウムの先発エップラー(元オリックス)から3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)のタイムリーで1点を先制した。キウムは2回表にロッテの先発バーンズから7番イ・ジヨンのタイムリーで1-1の同点に追いつくと、8番イ・ヨンギュの内野ゴロの間に2-1と逆転した。ロッテは3回裏に1番アン・チホンのタイムリー、イ・デホの犠牲フライで3-2と逆転した。ロッテは4回裏にキウムの2番手ヤン・ヒョンから5番ハン・ドンヒィの内野ゴロの間に1点を追加した。キウムは6回表にロッテの2番手ナ・ギュナンから1番キム・ジュヌァンの2点タイムリーで4-4の同点に追いついた。ロッテの3番手キム・ドギュは無失点に抑えた。

 キウムの3番手キム・テフンは6回裏を無失点に抑えた。キウムは7回表にロッテの4番手ク・スンミンから4番ソン・ソンムンの本塁打で1点を勝ち越した。キウムの4番手イ・スンホは7回裏を無失点に抑えた。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは8回表に追加点を与えなかった。キウムの5番手キム・ジェウンは8回裏を無失点に抑えた。キウムは9回表にロッテの6番手チェ・ジュニョンから3番イ・ジョンフの本塁打、イ・ジヨンと9番パク・チュンテのタイムリーで4点を追加した。

 キウムの6番手の高卒新人イ・ミョンジョンは9回裏を無失点に抑え、2位キウムが勝利した。キウム打線ではイ・ジヨンが3安打2打点、ソン・ソンムンが3安打1本塁打1打点、5番キム・ヘェソンが3安打と活躍。リリーフが機能しなかったロッテは8位に後退した。ロッテ打線ではイ・デホが3安打2打点と活躍。

 

 

LG 3-1 KT  (水原)

(勝)イ・ミンホ 7勝4敗  (セーブ)コ・ウソク 1勝1敗21S  (敗)ベンジャミン 1敗

本塁打) LG : キム・ヒョンス 14号  KT : パク・ピョンホ 22号 

 LGは1回表にKTの先発の新外国人ベンジャミンから3番キム・ヒョンスの本塁打で2点を先制し、2回表に1番ホン・チャンギの内野ゴロの間に1点を追加した。KTは4回裏にLGの先発イ・ミンホから4番パク・ピョンホの2試合連続本塁打で1点を返した。KTの2番手オム・サンベクは6回表まで追加点を与えなかった。KTの3番手チュ・グォンは7回表に追加点を与えなかった。LGの2番手チョン・ウヨンは7回裏を無失点に抑えた。

 LGの3番手イ・ジョンヨンは8回裏を無失点に抑えた。KTの4番手キム・ミンスは9回表まで追加点を与えなかった。LGの4番手コ・ウソクは9回裏を無失点に抑え、3位LGが勝利した。6回を1失点に抑えたイ・ミンホは7勝目。5位KTでは先発ベンジャミンが4回3失点で降板した。

投手コ・ウソクと捕手ホ・ドファン(LG) https://isplus.joins.com/2022/06/26/sports/baseball/20220626200122607.html

 

 

キア 4-8 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)イ・ヒョンスン 1勝  (敗)イム・ギヨン 2勝5敗

本塁打) キア : キム・ソンビン 2号  トゥサン : アン・ジェソク 1号

 トゥサンの先発チェ・ウォンジュンは6回表途中まで無失点に抑え、2番手イ・ヒョンスンに交代した。トゥサンは6回裏にキアの先発イム・ギヨンから3番フェルナンデスの犠牲フライ、5番ヤン・ソックァンのタイムリーで2点を先制しイム・ギヨンをノックアウトした。キアの2番手イ・ジュニョンは追加点を与えなかった。トゥサンは7回裏にキアの3番手ユン・ジュンヒョンから2番ヤン・チャニョルとフェルナンデスのタイムリーで3点を追加した。トゥサンの3番手チョン・チョルォンは8回表まで無失点に抑えた。トゥサンは8回裏にキアの4番手キム・ジェヨルから9番アン・ジェソクの本塁打で3点を追加した。

 キアは9回表にトゥサンの4番手ホン・ゴンヒィから8番パク・トンウォンのタイムリー、途中出場の9番キム・ソンビンの本塁打で4点を返したが、トゥサンが勝利し3連敗から脱出し単独7位に浮上した。トゥサン打線ではフェルナンデスが3打点と活躍。先発イム・ギヨンが6回途中2失点で降板した4位キアは連勝が3で止まった。

 

 

サムソン 6-2 ハンファ  (大田)

(勝)ホ・ユンドン 3勝  (敗)ナム・ジミン 1勝7敗

本塁打) サムソン : オ・ソンジン 3号、カン・ミンホ 2号

 ハンファは1回裏にサムソンの先発ホ・ユンドンから5番イ・ジニョンの犠牲フライで1点を先制した。サムソンは3回表にハンファの先発ナム・ジミンから9番キム・ホンゴンのタイムリー、2番オ・ソンジンの本塁打で3-1と逆転した。ハンファは5回裏に3番チョン・ウヌォンの犠牲フライで1点を返した。ハンファの2番手ユン・ホソルは6回表に追加点を与えなかった。サムソンの2番手ウ・ギュミンは6回裏を無失点に抑えた。ハンファの3番手キム・ジョンスは7回表に追加点を与えなかった。サムソンの3番手イ・スンヒョン(背番号54)は7回裏を無失点に抑えた。

 サムソンは8回表にハンファの4番手キム・ボムスからチャンスを作ると、代わったハンファの5番手カン・ジェミンから5番カン・ミンホの本塁打で3点を追加した。サムソンの4番手キム・ユンスは8回裏を無失点に抑えた。ハンファの6番手シン・ジョンナクは9回表に追加点を与えなかった。サムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)は9回裏を無失点に抑え、6位サムソンが勝利した。5回を2失点に抑えたホ・ユンドンは3勝目。最下位ハンファでは先発ナム・ジミンが4回3失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月26日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   73  46  24  3  .657

2.キウム   73  44  28  1  .611

.LG    72  42  29  1  .592

4.キア    71  38  32  1  .543

5.KT    72  34  36  2  .486

6.サムソン  72  34  38  0  .472

7.トゥサン  70  32  37  1  .464

.ロッテ   71  31  38  2  .449

9.NC    71  27  42  2  .391

10.ハンファ  71  23  47    1   .329

 

(文責 : ふるりん