DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.24) 結果

最下位ハンファ、10連敗から脱出

NC 2-14 SSG  (仁川)

(勝)フォント 9勝4敗  (敗)ルチンスキー 5勝5敗

本塁打) NC : ヤン・ウィジ 8号、キム・ジュウォン 3号  SSG : チェ・ジフン 4号、ハン・ユソム 9号、チョン・ウィサン 3号

 SSGは1回裏に2番チェ・ジフンの本塁打で1点を先制し、3回裏に4番ハン・ユソムの2試合連続本塁打、6番チョン・ウィサンの本塁打で4点、4回裏に3番チェ・ジョンとチョン・ウィサンのタイムリーで3点を追加した。SSGは5回裏にNCの2番手リュ・ジヌクからチェ・ジフンとチェ・ジョンのタイムリー、相手のエラーで5点、6回裏にNCの3番手パク・トンスから代打チェ・ギョンモのタイムリーで1点を追加した。NCは7回表にSSGの先発フォントから4番ヤン・ウィジの本塁打で1点を返した。

 NCは8回表にSSGの2番手シン・ジェヨンから6番キム・ジュウォンの本塁打で1点を返した。NCの4番手ハ・ジュニョンは追加点を与えなかった。SSGの3番手パク・シフは9回表を無失点に抑え、首位SSGが勝利した。7回を1失点に抑えたフォントは最多勝争いトップタイの9勝目。SSG打線ではチェ・ジョンが3安打4打点、チェ・ジフンが3安打1本塁打2打点、チョン・ウィサンが1本塁打3打点と活躍。9位NCでは先発ルチンスキーが4回8失点で降板した。

 

 

キウム 1-6 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)イ・インボク 6勝7敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 1勝1敗1S  (敗)ハン・ヒョンヒィ 3勝2敗

 ロッテは1回裏にキウムの先発ハン・ヒョンヒィから4番チョン・ジュヌと5番イ・ホヨンのタイムリーで2点を先制し、2回裏に1番アン・チホン、2番ファン・ソンビン、3番ハン・ドンヒィのタイムリーで3点を追加した。キウムは6回表にロッテの先発イ・インボクから5番ソン・ソンムンのタイムリーで1点を返した。キウムの2番手キム・ソンギは6回裏に追加点を与えなかった。ロッテの2番手ナ・ギュナンは7回表を無失点に抑えた。キウムの3番手の高卒新人イ・ヨンジョンは7回裏に追加点を与えなかった。

 ロッテの3番手ク・スンミンは8回表から登板した。キウムの4番手パク・スンジュは8回裏に追加点を与えなかった。ロッテの4番手キム・ウォンジュンは9回表まで無失点に抑え、ロッテが勝利しトゥサンと同率6位に並んだ。6回を1失点に抑えたイ・インボクは6勝目。ロッテ打線ではイ・ホヨンが3安打1打点と活躍。先発ハン・ヒョンヒィが5回5失点で降板した2位キウムは連勝が3で止まった。

 

 

LG 6-9 KT  (水原)

(勝)チュ・グォン 2勝2敗1S  (セーブ)キム・ジェユン 2勝3敗15S  (敗)チョン・ウヨン 1勝1敗

本塁打) KT : カン・ベッコ 2号、チャン・ジュヌォン 2,3号、アルフォード 3号、シム・ウジュン 1号

 LGは1回表にKTの先発コ・ヨンピョから3番キム・ヒョンスと6番ムン・ボギョンのタイムリーで2点を先制した。KTは1回裏にLGの先発イム・チャンギュから3番カン・ベッコの本塁打で2-2の同点に追いついた。LGは2回表に2番パク・ヘミンのタイムリーで3-2と勝ち越した。LGは5回表に7番イ・ジェウォンへの押し出しの四球、9番ソン・ホヨンの犠牲フライで2点を追加しコ・ヨンピョをノックアウトした。KTは5回裏に8番チャン・ジュヌォンと2番の新外国人アルフォードの本塁打で2点を返した。

 LGは6回表にKTの2番手シム・ジェミンからチャンスを作ると、代わったKTの3番手キム・ミンスから8番ムン・ボギョンの内野ゴロの間に1点を追加した。LGの2番手イ・ジョンヨンは6回裏を無失点に抑えた。KTは7回裏にLGの3番手キム・ジンソンからチャン・ジュヌォンの2打席連続本塁打、9番シム・ウジュンの2者連続本塁打で6-6の同点に追いつくと、代わったLGの4番手チョン・ウヨンから5番チャン・ソンウと6番ファン・ジェギュンのタイムリーで9-6と逆転した。LGの5番手キム・デユは追加点を与えなかった。KTの4番手チュ・グォンは8回表まで無失点に抑えた。

 LGの6番手チェ・ドンファンは8回裏に追加点を与えなかった。KTの5番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑え、5位KTが勝利した。KT打線ではチャン・ジュヌォンが2本塁打2打点と活躍。3位LGは連勝が3で止まった。LG打線ではムン・ボギョンが3安打2打点、4番チェ・ウンソンが3安打と活躍。

 

 

キア 4-3 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ジョンビン 1勝  (セーブ)チャン・ヒョンシク 1勝2敗1S  (敗)チョン・チョルォン 2勝2敗

 キアは2回表にトゥサンの先発ストックから2番イ・チャンジンと3番ソクラテスのタイムリーで3点を先制した。トゥサンは3回裏にキアの先発ハン・スンヒョクから3番フェルナンデスの内野ゴロの間に1点を返した。トゥサンは6回裏にキアの2番手ユン・ジュンヒョンから7番パク・セヒョクのタイムリーで1点を返した。トゥサンの2番手キム・ミョンシンは7回表から登板し途中で3番手チェ・スンヨンに交代した。トゥサンは7回裏にキアの3番手キム・ジェヨルからチャンスを作ると、代わったキアの4番手キム・ジョンビンから3番フェルナンデスの犠牲フライで3-3の同点に追いついた。

 キアは8回表にトゥサンの4番手チョン・チョルォンから8番パク・トンウォンのタイムリーで1点を勝ち越し、トゥサンの5番手パク・チグクが登板した。キアの5番手パク・チュンピョは8回裏から登板した。トゥサンの6番手イ・ヒョンスンと7番手イム・チャンミンは追加点を与えなかった。キアの6番手チャン・ヒョンシクは9回裏まで無失点に抑え、4位キアが勝利した。キム・ジョンビンはキウム在籍時の2020年8月イラの勝利。キア打線では1番パク・チャンホが3安打と活躍。トゥサンはロッテと同率6位に並ばれた。

 

 

サムソン 0-3 ハンファ  (大田)

(勝)チャン・ミンジェ 3勝4敗  (セーブ)チャン・シファン 1敗12S  (敗)ブキャナン 6勝4敗

本塁打) ハンファ : トークマン 4号

 ハンファは3回裏にサムソンの先発ブキャナン(元東京ヤクルト)から1番トークマンのタイムリーで1点を先制した。ハンファの先発チャン・ミンジェは6回表途中まで無失点に抑え、2番手ユン・サンフムに交代した。ハンファの3番手キム・ボムスは7回表を無失点に抑えた。ハンファは7回裏にトークマンの本塁打、3番チョン・ウヌォンのチアムリーで2点を追加しブキャナンをノックアウトした。サムソンの2番手チャン・ピルジュンは追加点を与えなかった。

 ハンファの4番手カン・ジェミンは8回表を無失点に抑えた。サムソンの3番手ファン・ドンジェは8回裏に追加点を与えなかった。ハンファの5番手チャン・シファンは9回表を無失点に抑え、最下位ハンファが完封リレーで引き分け1つを挟んでの10連敗から脱出した。チャン・ミンジェは3勝目。ハンファ打線ではトークマンが3安打1本塁打2打点と活躍。先発ブキャナンが7回途中3失点で降板したサムソンは4連敗で8位に後退した。

チャン・シファン(ハンファ)は12セーブ目 https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202206240100181850011585&servicedate=20220624

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月24日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   71  44  24  3  .647

2.キウム   71  42  28  1  .600

.LG    70  40  29  1  .580

4.キア    69  37  31  1  .544

5.KT    70  34  34  2  .500

6.トゥサン  68  31  36  1  .463

.ロッテ   69  31  36  2  .463

8.サムソン  70  32  38  0  .457

9.NC    69  27  40  2  .403

10.ハンファ  69  23  45    1   .338

 

(文責 : ふるりん