DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.23) 結果

2位キウム3連勝

 トゥサン-SSG(仁川)、ハンファ-LG(ソウル・蚕室)、NC-KT(水原)は雨天中止。

 

キウム 6-1 サムソン  (大邱

(勝)アン・ウジン 8勝4敗  (敗)ウォン・テイン 3勝5敗

 キウムは1回表にサムソンの先発ウォン・テインから3番イ・ジョンフのタイムリーで1点を先制した。キウムは6回表に8番イ・ビョンギュの走者一掃のタイムリーなどで4点を追加した。サムソンの2番手イ・スンヒョン(背番号20)は7回表、3番手パク・チョンヒョンは8回表に追加点を与えなかった。サムソンは8回裏にキウムの先発アン・ウジンから1番キム・ヒョンジュンのタイムリーで1点を返した。

 キウムの2番手キム・ジェウンは無失点に抑えた。キウムは9回表にサムソンの4番手チェ・チュンヨンからイ・ジョンフのタイムリーで1点を追加した。キウムの3番手キム・テフンは9回裏を無失点に抑え、2位キウムが勝利し3連勝となった。8回途中まで1失点に抑えたアン・ウジンは8勝目。先発ウォン・テインが6回5失点で降板したサムソンは3連敗で7位に後退した。

 

 

ロッテ 4-7 キア  (光州)

(勝)キム・ジェヨル 1勝1S  (セーブ)チョン・サンヒョン 5勝3敗1S  (敗)ナ・ギュナン 1勝3敗

 ロッテは4回表にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから4番チョン・ジュヌのタイムリーで1点を先制し、5回表に1番アン・チホンのタイムリーなどで3点を追加した。キアは6回裏にロッテの先発パク・セウンから4番ナ・ソンボムのタイムリーで2点を返した。キアの2番手ユン・ジュンヒョンは7回表に追加点を与えなかった。キアの3番手イ・ジュニョンと4番手キム・ジェヨルは8回表に追加点を与えなかった。

 キアは8回裏にロッテの2番手ナ・ギュナンから1番パク・チャンホと3番ソクラテスのタイムリーで4-4の同点に追いつくと、代わったロッテの3番手キム・ユヨンからナ・ソンボムと5番チェ・ヒョンウのタイムリーで6-4と逆転した。さらにこの回代わったロッテの4番手キム・ドギュから7番リュ・ジヒョクのタイムリーで1点を追加した。キアの5番手チョン・サンヒョンは9回表を無失点に抑え、4位キアが勝利した。チョン・サンヒョンは2020年10月以来のセーブ。キア打線ではナ・ソンボムが3打点、ソクラテスが3安打1打点と活躍。8位ロッテではリリーフが機能しなかった。ロッテ打線では2番ファン・ソンビンが3安打と活躍。

チョン・サンヒョン(キア)は2020年以来のセーブ https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202206230100176240011164&servicedate=20220623

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月23日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   70  43  24  3  .642

2.キウム   70  42  27  1  .609

.LG    69  40  28  1  .588

4.キア    68  36  31  1  .537

5.KT    69  33  34  2  .493

6.トゥサン  67  31  35  1  .470

7.サムソン  69  32  37  0  .464

.ロッテ   68  30  36  2  .455

9.NC    68  27  39  2  .409

10.ハンファ  68  22  45    1   .328

 

(文責 : ふるりん