DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.19) 結果

サムソン3位、キウム4位浮上

 

SSG 9-3 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)フォント 5勝3敗  (セーブ)ソ・ジニョン 1勝1S  (敗)チェ・スンヨン 2勝2敗

本塁打) SSG : クロン 9号

  SSGは2回表にトゥサンの先発チェ・スンヨンから7番ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)の韓国初打点となるタイムリーで1点を先制し、3回表に5番パク・ソンハンのタイムリーで1点を追加した。トゥサンは3回裏にSSGの先発フォントから1番アン・グォンスと4番キム・ジェファンのタイムリーで3-2と逆転した。SSGは4回表にトゥサンの2番手パク・チョンスから3番チェ・ジョンへの押し出しの四球と相手の暴投、代わったトゥサンの3番手パク・シンジからパク・ソンハンのタイムリーで6-3と逆転した。トゥサンの4番手キム・ドンジュは7回表まで追加点を与えなかった。

 SSGの2番手キム・テフンは8回裏から登板した。SSGは9回表にトゥサンの5番手クォン・ヒィから4番クロン(元広島)の本塁打、7番キム・ソンヒョンと8番ハン・ユソムのタイムリーで3点を追加した。トゥサンの6番手イ・ヒョンボムは追加点を与えなかった。SSGの3番手ソ・ジニョンは9回裏まで無失点に抑え、首位SSGが勝利した。7回を3失点に抑えたフォントは5勝目。SSG打線ではパク・ソンハンが3打点と活躍。先発チェ・スンヨンが4回途中5失点で降板したトゥサンは引き分け1つを挟んで4連敗で5位に後退。トゥサン打線では2番フェルナンデスが3安打と活躍。

 

 

LG 7-3 KT  (水原)

(勝)イム・チャンギュ 3勝3敗  (敗)コ・ヨンピョ 2勝5敗

 LGは1回表にKTの先発コ・ヨンピョから4番チェ・ウンソンのタイムリーで1点を先制し、3回表にチェ・ウンソンのタイムリーで2点、5回表に5番オ・ジファンのタイムリーで1点を追加した。LGの先発イム・チャンギュは5回裏まで無失点に抑えた。LGは6回表にKTの2番手キム・テオから3番キム・ヒョンス、チェ・ウンソン、オ・ジファンのタイムリーで3点を追加した。LGの2番手チェ・ドンファンは6回裏を無失点夷抑えた。KTの3番手リュ・ヒィウンは7回表、4番手の高卒新人パク・ヨンヒョンは8回表に追加点を与えなかった。

 KTは8回裏にLGの3番手ぺ・ジェジュンからチャンスを作ると、代わったLGの4番手チェ・ソンフンから代打シム・ウジュンのタイムリーなどで3点を返した。LGの5番手チョン・ウヨンは無失点に抑えた。KTの5番手チ・ミョンソンは9回表に追加点を与えなかった。LGの6番手コ・ウソクは9回裏を無失点に抑え、2位LGが勝利した。イム・チャンギュは3勝目。LG打線ではチェ・ウンソンが3安打4打点、オ・ジファンが3安打2打点、1番ホン・チャンギが3安打と活躍。8位KTでは先発コ・ヨンピョが6回途中5失点で降板した。

 

 

サムソン 2-1 ハンファ  (大田)

(勝)イ・スンヒョン(背番号54) 1勝2敗1S  (セーブ)オ・スンファン 2勝11S  (敗)ユン・ホソル 2勝3敗

 サムソンは1回表にハンファの先発ナム・ジミンから5番イ・ウォンソクのタイムリーで1点を先制した。ハンファは1回裏にサムソンの先発ウォン・テインから4番ノ・シファンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。ハンファの2番手キム・ギジュンと3番手シン・ジョンナクは6回表を無失点に抑えた。ハンファの4番手カン・ジェミンは7回表を無失点に抑えた。ハンファの5番手キム・ボムスは8回表から登板し、途中で6番手チャン・シファンに交代した。

 サムソンの2番手イ・スンヒョン(背番号54)は9回裏を無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。サムソンは10回表にハンファの7番手ユン・ホソルから相手の暴投で1点を勝ち越した。サムソンの3番手オ・スンファン(元阪神)は10回裏を無失点に抑え、サムソンが勝利し3位に浮上した。オ・スンファンは韓国でのプロ12年目にして史上初の個人通算350セーブを達成。NCと同率最下位のハンファは打線がつながらなかった。

韓国通算350セーブを達成したオ・スンファン、カン・ミンホ捕手(サムソン) https://www.xportsnews.com/article/1578692

 

 

キア 4-2 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ヤン・ヒョンジョン 3勝2敗  (セーブ)チョン・ヘヨン 2勝2敗11S  (敗)イ・インボク 3勝5敗

本塁打) キア : イ・チャンジン 1号  ロッテ : イ・デホ 6号

 ロッテは1回裏にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で2点を先制した。キアは2回表にロッテの先発イ・インボクから相手のエラー、7番リュ・ジヒョクのタイムリーで2-2の同点に追いつき、5回表に3番ナ・ソンボムのタイムリーで3-2と逆転した。ロッテの2番手ソ・ジュヌォンは7回表、3番手キム・ユヨンは8回表に追加点を与えなかった。キアの2番手チョン・サンヒョンは8回裏途中から登板した。

 キアは9回表にロッテの4番手キム・ドギュから8番イ・チャンジンの本塁打で1点を追加した。キアの3番手チョン・ヘヨンは9回裏を無失点に抑え、キアが3連勝で6位に浮上した。8回途中まで2失点に抑えたヤン・ヒョンジョンはシーズン3勝目で、韓国でのプロ15年間で史上4人目となる個人通算150勝を達成。先発イ・インボクが6回を3失点に抑えるもロッテは4連敗で7位に後退。

韓国通算150勝を達成したヤン・ヒョンジョン(キア) http://www.namdonews.com/news/articleView.html?idxno=682571

 

 

キウム 3-1 NC  (昌原)

(勝)アン・ウジン 5勝3敗  (セーブ)イ・スンホ 1勝1敗1S  (敗)ルチンスキー 3勝4敗

本塁打) キウム : ソン・ソンムン 5号

 キウムは5回表にNCの先発ルチンスキーから4番ソン・ソンムンの本塁打で1点を先制し、6回表に相手のエラーで1点を追加した。キウムの先発アン・ウジンは6回裏まで無失点に抑えた。キウムの2番手ムン・ソンヒョンは7回裏を無失点に抑えた。キウムは8回表にNCの2番手イ・ヨンジュンからチャンスを作ると、代わったNCの3番手ウォン・ジョンヒョンからソン・ソンムンの犠牲フライで1点を追加した。

 キウムの3番手キム・ジェウンは8回裏を無失点に抑えた。NCの4番手キム・ゴンテは9回表に追加点を与えなかった。NCは9回裏にキウムの4番手イ・スンホから2番イ・ミョンギのタイムリーで1点を返したが、キウムが勝利し4位に浮上した。アン・ウジンは5勝目。イ・スンホはプロ6年目にして初セーブ。ハンファと同率最下位のNCでは先発ルチンスキーが7回を2失点に抑えるも打線の援護に恵まれなかった。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(5月19日時点)

        試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG   41  27  12  2  .692

2.LG    41  25  16  0  .610

.サムソン  40  22  18  0  .550

4.キウム   41  22  19  0  .537

.トゥサン  39  20  18  1  .526

6.キア    40  21  19  0  .525

.ロッテ   40  20  19  1  .513

8.KT    40  17  23  0  .425

9.NC    41  13  28    0   .317

9.ハンファ  41  13  28  0  .317

 

(文責 : ふるりん