DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.10) 結果

SSG開幕8連勝  キウム3連勝

 

キア 2-11 SSG  (仁川)

(勝)ノ・ギョンウン 2勝  (敗)ロニー 1敗

本塁打) SSG : パク・ソンハン 1号、チェ・ジュファン 1号、チェ・ジフン 1号

 SSGは2回裏にキアの先発の新外国人ロニーから相手のエラー、7番パク・ソンハンのタイムリーで2点を先制し、3回裏に3番チェ・ジョンのタイムリーで1点を追加した。SSGは4回裏にパク・ソンハンの本塁打、代わったキアの2番手ユ・スンチョルからチェ・ジョンへの押し出しの四球、5番チェ・ジュファンの本塁打などで計6点を追加した。キアは5回表にSSGの先発ノ・ギョンウンから8番キム・ミンシクのタイムリーで1点を返した。キアの3番手ユン・ジュンヒョンは5回裏に追加点を与えなかった。キアは6回表にSSGの2番手キム・テフンからチャンスを作り、代わったSSGの3番手チャン・ジフンから5番ファン・デインのタイムリーで1点を返した。

 SSGは6回裏にキアの4番手イ・ジュニョンから2番チェ・ジフンの本塁打で1点、7回裏にキアの5番手キム・ヒョンスから8番イ・ジェウォンのタイムリーで1点を追加した。SSGの4番手チェ・ミンジュンは8回表、5番手キム・サンスは9回表をそれぞれ無失点に抑え、SSGが勝利し開幕8連勝となった。5回まで1失点に抑えたノ・ギョンウンは2勝目。SSG打線ではパク・ソンハンが3安打1本塁打2打点と活躍。先発ロニーが4回途中7失点で降板したキアは3連敗。

 

 

NC 3-5 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ケリー 1勝  (セーブ)コ・ウソク 5S  (敗)シン・ミンヒョク 2敗

本塁打) NC : マティーニ 1号  LG : キム・ヒョンス 4号

 LGは1回裏にNCの先発シン・ミンヒョクから3番キム・ヒョンスの本塁打で1点を先制した。NCは3回表にLGの先発ケリーから4番の新外国人マティーニ本塁打で3-1と逆転した。LGは3回裏に相手の暴投とキム・ヒョンスのタイムリーで3-3の同点に追いついた。LGは4回裏に8番ムン・ソンジュのタイムリーで4-3と逆転し、5回裏に5番ユ・ガンナムのタイムリーで1点を追加しシン・ミンヒョクをノックアウトした。LGの2番手チン・ヘスは6回表から登板した。

 LGの3番手イ・ジョンヨンは7回表まで無失点に抑えた。NCの2番手キム・ヨンギュは7回裏途中まで追加点を与えなかった。LGの4番手チョン・ウヨンは8回表を無失点に抑えた。NCの3番手キム・シフンは8回裏まで追加点を与えなかった。LGの5番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、LGが勝利した。5回を3失点に抑えたケリーはシーズン初勝利。LG打線ではキム・ヒョンスが3安打1本塁打2打点、ムン・ソンジュは4安打1打点と活躍。NCでは先発シン・ミンヒョクが5回途中5失点で降板した。

 

 

トゥサン 4-3 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キム・ガンニュル 1勝  (セーブ)イム・チャンミン 1S  (敗)ムン・ギョンチャン 1敗

本塁打) ロッテ : ハン・ドンヒィ 1号

 ロッテは2回裏にトゥサンの先発イ・ヨンハから7番ハン・ドンヒィの本塁打で2点を先制した。ロッテの先発の新外国人スパークマン(元オリックス)は4回表まで無失点に抑えた。ロッテは5回裏に8番コ・スンミンの内野ゴロの間に1点を追加した。ロッテの2番手イ・インボクは6回表まで無失点に抑えた。ロッテの3番手ク・スンミンは7回表を無失点に抑えた。トゥサンの2番手キム・ミョンシンは7回裏途中から登板した。トゥサンは8回表にロッテの4番手チェ・ゴンから1番ホ・ギョンミンのタイムリー、代わったロッテの5番手キム・ユヨンから相手のエラーで計2点を返した。

 トゥサンの3番手ホン・ゴンヒィは8回裏に追加点を与えなかった。トゥサンは9回表にロッテの6番手チェ・ジュニョンから9番チョン・スビンの犠牲フライで3-3の同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。トゥサンの4番手キム・ガンニュルは10回裏まで無失点に抑えた。トゥサンは11回表にロッテの7番手ムン・ギョンチャンからチャンスを作ると、代わったロッテの8番手チン・ミョンホからチョン・スビンのタイムリーで1点を勝ち越した。トゥサンの5番手イム・チャンミンは11回裏を無失点に抑え、トゥサンが勝利した。イム・チャンミンはNC在籍時の2018年4月以来のセーブ。トゥサン打線では4番キム・ジェファンが3安打と活躍。ロッテ打線ではハン・ドンヒィが3安打1本塁打2打点と活躍。

 

 

キウム 6-5 サムソン  (大邱

(勝)キム・ジェウン 1勝  (セーブ)キム・テフン 3S  (敗)キム・ユンス 1敗

本塁打) キウム : ソン・ソンムン 1号、パク・チャンヒョク 1号、イ・ジョンフ 1号  サムソン : キム・サンス 1号

 キウムは1回表にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから3番イ・ジョンフのタイムリー、5番ソン・ソンムンの本塁打で3点を先制した。サムソンは3回裏にキウムの先発の新外国人エップラー(元オリックス)から1番ク・ジャウクのタイムリーで1点を返した。キウムは5回表に9番の高卒新人パク・チャンヒョクのプロ初本塁打で1点を追加した。サムソンは5回裏に9番キム・サンスの本塁打で2点を返した。キウムの2番手イ・スンホは6回裏途中から登板した。サムソンは7回裏にキウムの3番手ムン・ソンヒョンから1番ク・ジャウクと3番ピレラ(元広島)のタイムリーで5-4と逆転した。

 キウムは8回表にサムソンの2番手イ・スンヒョン(背番号54)からイ・ジョンフの本塁打で5-5の同点に追いついた。サムソンの3番手ウ・ギュミンは無失点に抑えた。キウムの4番手キム・ジェウンは8回裏を無失点に抑えた。キウムは9回表にサムソンの4番手キム・ユンスから1番イ・ヨンギュの犠牲フライで6-5と逆転した。キウムの5番手キム・テフンは9回裏を無失点に抑え、キウムが勝利し3連勝となった。キム・ジェウンは2020年10月以来の勝利。サムソンは4連敗。サムソン打線ではク・ジャウクが3安打2打点と活躍。

 

 

KT 4-6 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ジョンス 1勝  (セーブ)チョン・ウラム 1S  (敗)デスパイネ 2敗

本塁打) ハンファ : ノ・シファン 1号

 KTは1回表にハンファの先発ハン・スンジュから5番キム・ビョンヒィの犠牲フライで1点を先制した。ハンファは1回裏にKTの先発デスパイネから4番ノ・シファンの2点タイムリーで逆転した。KTは4回表に7番ペ・ジェソンの内野ゴロの間に2-2の同点に追いつくと、代わったハンファの2番手チャン・ミンジェから9番シン・ボンギのタイムリーで3-2と逆転した。ハンファの3番手チュ・ヒョンサンは5回表、4番手キム・ジョンスは6回表に追加点を与えなかった。ハンファは6回裏に6番キム・テヨンの内野ゴロの間に3-3の同点に追いつくと、7番ハ・ジュソクのタイムリーで4-3と逆転しデスパイネをノックアウトした。

 ハンファの5番手キム・ボムスは7回表を無失点に抑えた。KTの2番手チュ・グォンは7回裏まで追加点を与えなかった。ハンファの6番手チャン・シファンは8回表を無失点に抑えた。ハンファは8回裏にKTの3番手パク・シヨンからノ・シファンの本塁打、途中出場の9番チャン・ウンホのタイムリーで2点を追加した。KTは9回表にハンファの7番手チョン・ウラムから4番ファン・ジェギュンのタイムリーで1点を返したが、ハンファが勝利した。ハンファ打線ではノ・シファンが3安打1本塁打3打点と活躍。KTでは先発デスパイネが6回途中4失点で降板した。

f:id:takefumif:20220410212933j:plain

ノ・シファン(ハンファ)は8回裏の本塁打など3安打3打点 https://www.yna.co.kr/view/PYH20220410105300063?input=1196m

 

(文責 : ふるりん