DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

2022年保留選手名簿発表 除外された選手は自由契約に

 KBO韓国野球委員会)は11月30日、プロ野球10球団が11月27日までに提出した2022年保留選手名簿532名を発表した(2022年FA選手、フューチャースリーグFA選手の計16名を除く)。この選手たちは2022年の再契約対象者となる。なお、保留選手名簿から除外された55名の選手は自由契約選手となった。今回発表された選手たちの中には、2021年シーズン中にウェーバー公示され自由契約となった選手たちは含まれていない。

 

【202年保留選手名簿から除外された主な選手】

(※は外国人選手)

KT : ユ・ハンジュン、※ ホイング(以上外野手)

トゥサン : ※ ロケット(投手)、ペク・トンフン(外野手)

サムソン : イム・ヒョンジュン、※ モンゴメリー(以上投手)、キム・ジェヒョンぺク・スンミン(以上内野手

LG : キム・ジヨンコ・ヒョジュン(以上投手)、イ・ソンウ(捕手)、キム・ヨンウィ、※ ボーア(以上内野手

SSG : ※ ガビグリオシン・ジェウンチョン・スミンチョン・ヨンイル(以上投手)、チョン・サンホ(捕手)、ナム・テヒョク、※ ロマック(以上内野手)、コ・ジョンウクキム・ギョンホチョン・ウィユン(以上外野手)

NC : キム・ジンソンパク・チヌイム・チャンミン(以上投手)、チ・ソックン内野手

ロッテ : カン・ドンホソン・スンジュンチョン・テスン、※ フランコハン・スンヒョク(以上投手)、※ マチャド内野手)、ミン・ビョンホン(外野手)

キア : ユ・ミンサンファン・ユンホ、※ タッカー(以上内野手

ハンファ : ※ ぺレス内野手

 

 保留選手名簿から除外された選手のうち、韓国シリーズ初優勝に貢献したユ・ハンジュン(KT)、40歳になっても控え捕手として起用されたイ・ソンウ(LG)、2012年から内外野のユーティリティープレイヤーとして活躍していたキム・ヨンウィ(LG)、2013年から2019年まで韓国代表でも活躍した外野手ミン・ビョンホン(ロッテ)などは現役引退を表明している。

 

 2021年シーズン終了時点で契約していた外国人選手では、シーズン途中の6月に契約し韓国シリーズで活躍したKTのホイング(△68試合・打率.239・11本塁打・52打点・5盗塁)、韓国1年目で10月以降は故障により離脱しポストシーズンで登板しなかったトゥサンのロケット(△21試合・9勝9敗・防御率2.98)、シーズン途中の6月から契約したサムソンのモンゴメリー(△11試合・2勝5敗・防御率5.37)、シーズン途中の6月より契約したLGのボーア(△32試合・打率.170・3本塁打・17打点・0盗塁)、シーズン途中の6月より契約したSSGのガビグリオ(△15試合・6勝4敗・防御率5.86)、韓国での5年間で通算155本塁打を記録し現役引退を表明したSSGのロマック(△107試合・打率.225・20本塁打・52打点・1盗塁)、韓国1年目のロッテのフランコ(△37試合・9勝8敗1ホールド・防御率5.40)、韓国2年目のロッテのマチャド(△134試合・打率.279・5本塁打・58打点・8盗塁)、韓国3年目のキアのタッカー(△127試合・打率.237・9本塁打・59打点・0盗塁)、7月から契約したハンファのぺレス(△59試合・打率.268・5本塁打・33打点・4盗塁)は保留選手名簿から除外され、2022年シーズンの再契約を見送られた。

(注:△は2021年シーズンの成績)

 

(文責:ふるりん