DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

ポストシーズン速報(11.2)

トゥサンがワイルドカード決定戦で勝利、準プレーオフ進出

2021年 ワイルドカード決定戦 第2戦


キウム 8-16 トゥサン  (ソウル・蚕室)
(勝)イ・ヨンハ  (敗)チョン・チャンホン

 勝ったほうがLGとの準プレーオフに進出するワイルドカード決定戦第2戦は、トゥサンの本拠地・蚕室野球場で行われた。

 トゥサンは1回裏にキウムの先発チョン・チャンホンから5番ヤン・ソックァンのタイムリーで2点を先制し、2回裏にキウムの2番手ハン・ヒョンヒィから2番フェルナンデスのタイムリーで2点を追加した。キウムは4回表にトゥサンの先発キム・ミンギュから5番ソン・ソンムンのタイムリーで1点を返した。トゥサンは4回裏にフェルナンデス、3番パク・コヌ、ヤン・ソックァン、6番ホ・ギョンミンのタイムリーで5点を追加した。キウムは5回表にトゥサンの2番手イ・ヒョンスンから3番イ・ジョンフの走者一掃となるタイムリーで3点を返した。

 トゥサンの3番手イ・ヨンハは6回表まで無失点に抑えた。トゥサンは6回裏にキウムの3番手チェ・ウォンテから7番カン・スンホのタイムリー、代わったキウムの4番手キム・ジェウンから8番パク・セヒョク、フェルナンデスのタイムリーなどで6点を追加した。トゥサンは7回裏にキウムの5番手イ・スンホからカン・スンホのタイムリーで1点を追加した。キウムは8回表にトゥサンの4番手キム・ミョンシンからソン・ソンムンのタイムリー、代わったトゥサンの5番手クォン・ヒィから7番チョン・ビョンウのタイムリー、8番パク・トンウォンの犠牲フライで計3点を返した。

 キウムの6番手の大卒新人キム・ソンジンは8回裏に追加点を与えなかった。キウムは9回表にトゥサンの6番手の高卒新人チェ・スンヨンからソン・ソンムンのタイムリーで1点を返したが、トゥサンが20安打と打線の爆発で勝利し、2年連続でLGとの準プレーオフに進出した。トゥサン打線ではフェルナンデスが3安打5打点、ヤン・ソックァンが3安打4打点、パク・セヒョクが3安打2打点と活躍。キウムは先発チョン・チャンホンが2回途中4失点で降板すると他の投手たちも失点を重ね、ポストシーズンは2年連続でワイルドカード決定戦で敗退となった。キウム打線ではイ・ジョンフが4安打3打点、ソン・ソンムンが3安打3打点と活躍。

f:id:takefumif:20211103032335j:plain

フェルナンデス(トゥサン)は3安打5打点 https://newsis.com/view/?id=NISI20211102_0018111421

 

 準プレーオフ:LG-トゥサンは第1戦が11月4日18時半より蚕室野球場で開始され、先に2勝したほうが11月9日よりサムソンとのプレーオフに出場する。

 

 

(文責:ふるりん