DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.3) 結果

首位KT、4連敗から脱出  8位ロッテ4連勝

 

KT 8-6 SSG (仁川)

(勝)イ・デウン 3勝1敗1S  (セーブ)キム・ジェユン 4勝3敗29S  (敗)チャン・ジフン 2勝4敗1S

本塁打) KT : ぺ・ジョンデ 11号  SSG : チェ・ジョン 30号、オ・テゴン 7号

 KTは2回表にSSGの先発チョ・ヨンウから6番ぺ・ジョンデの本塁打、2番ファン・ジェギュンのタイムリーで3点を先制し、4回表にファン・ジェギュンのタイムリーで1点を追加した。SSGは5回裏にKTの先発ソ・ヒョンジュンから1番チェ・ジフンの犠牲フライで1点を返した。KTは6回表にSSGの2番手キム・サンスから3番カン・ベッコのタイムリーで1点を追加した。SSGは6回裏にKTの2番手パク・シヨンから代打チェ・ジョンの本塁打で2点を返した。KTの3番手チュ・グォンは無失点に抑えた。SSGの3番手ソ・ドンミン、4番手シン・ジェウン、5番手パク・ミンホは追加点を与えなかった。

 SSGは8回裏にKTの4番手キム・ミンスから2番オ・テゴンの本塁打で1点を返すと、代わったKTの5番手チョ・ヒョヌからチャンスを作り、さらに代わったKTの6番手イ・デウン(元千葉ロッテ)から相手のエラーで6-5と逆転した。KTは9回表にSSGの6番手の大卒新人チャン・ジフンから7番チャン・ソンウと8番パク・キョンスのタイムリーで7-6と逆転すると、カン・ベッコへの押し出しの四球で1点を追加した。KTの7番手キム・ジェユンは9回裏を無失点に抑え、首位KTが勝利し引き分け1つを挟んでの4連敗から脱出した。先発全員安打の17安打を記録したKT打線ではファン・ジェギュンが3安打2打点、1番キム・ミンヒョクが3安打と活躍。6位SSGは8回裏に逆転するもリードを守り切れなかった。

f:id:takefumif:20211003173234j:plain

KTは9回表にパク・キョンスのタイムリーで逆転 http://mksports.co.kr/view/2021/938618/

 

 

LG 3-3 キウム  (ソウル・高尺)

本塁打) LG : イ・ヨンビン 2号  キウム : ソン・ソンムン 6号

 キウムは2回裏にLGの先発ソン・ジュヨンから9番シン・ジュヌと1番イ・ヨンギュのタイムリーで2点を先制した。LGは3回表にキウムの先発キム・ソンギから8番イ・ヨンビンの本塁打で1点を返し、2番手キム・ユンシクは4回裏まで追加点を与えなかった。LGは5回表にキウムの2番手イ・スンホから4番チェ・ウンソンへの押し出しの四球で2-2の同点に追いつくと、代わったキウムの3番手の大卒新人キム・ソンジンから5番オ・ジファンの犠牲フライで3-2と逆転した。LGの3番手チェ・ソンフンは5回裏途中まで無失点に抑えた。

 LGの4番手イ・ジョンヨンは7回裏途中まで無失点に抑えた。キウムの4番手キム・ジェウンは8回表まで追加点を与えなかった。LGの5番手キム・デユは8回裏まで無失点に抑え5番手チョン・ウヨンに交代した。キウムの5番手キム・ドンヒョクは9回表に追加点を与えなかった。5位キウムは9回裏に2位LGの6番手コ・ウソクから途中出場の6番ソン・ソンムンの本塁打で3-3の同点に追いつき、試合は9回を終えても同点だったが規定により引き分けとなった。

 

 

サムソン 13-9 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ムン・ヨンイク 1勝  (セーブ)オ・スンファン 2敗37S  (敗)ユ・ヒィグァン 4勝6敗

 サムソンは1回表にトゥサンの先発ユ・ヒィグァンから4番オ・ジェイルのタイムリー、5番イ・ウォンソクの犠牲フライ、7番カン・ハヌル、9番キム・ホンゴンのタイムリーで5点を先制しユ・ヒィグァンをノックアウトすると、代わったトゥサンの2番手イ・ギョフンから1番パク・ヘミン、2番キム・サンス、オ・ジェイルのタイムリーと打者一巡の猛攻で4点を追加した。トゥサンは1回裏にサムソンの先発イ・スンミンから4番キム・ジェファンと6番ホ・ギョンミンのタイムリーで4点を返した。サムソンは2回表にトゥサンの2番手パク・チョンギからキム・ホンゴンの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンは3回裏にサムソンの2番手キム・デウからホ・ギョンミンのタイムリーなどで2点を返した。

 サムソンは4回表にトゥサンの4番手の高卒新人チェ・スンヨンからパク・ヘミンのタイムリーで2点を追加した。サムソンの3番手ノ・ソンホは4回裏途中で4番手ムン・ヨンイクに交代した。サムソンは6回表にトゥサンの5番手キム・ミョンシンからキム・サンスの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンの6番手イ・スンジンは7回表に追加点を与えなかった。サムソンの5番手シム・チャンミンは7回裏を無失点に抑えた。トゥサンの7番手の高卒新人キム・ドユンは8回表に追加点を与えなかった。トゥサンは8回裏にサムソンの6番手イ・サンミンから途中出場の4番チョ・スヘンのタイムリー、代わったサムソンの7番手チェ・ジグァンから途中出場のパク・チフンのプロ2年目での初打点となるタイムリーで計3点を返した。

 トゥサンの8番手クォン・ヒィは9回表に追加点を与えなかった。サムソンの8番手ウ・ギュミンと9番手オ・スンファン(元阪神)は9回裏を無失点に抑え、3位サムソンが勝利した。ムン・ヨンイクはプロ6年目にして初勝利。先発全員安打の19安打を記録したサムソン打線ではパク・ヘミンとオ・ジェイルが3安打3打点、キム・サンスが3打点と活躍。4位トゥサンでは先発ユ・ヒィグァンが1回途中7失点で降板した。トゥサン打線ではホ・ギョンミンが4打点と活躍。

 

 

NC 7-11 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ク・スンミン 6勝4敗  (敗)キム・ジンソン 2勝3敗1S

本塁打) NC : パク・チュニョン 7号、アルテール 27号

 ロッテは2回裏にNCの先発ソン・ミョンギから7番チョン・フンのタイムリーで1点を先制した。NCは3回表にロッテの先発イ・スンホンから4番アルテールのタイムリーで1-1の同点に追いついた。NCは5回表に相手の暴投で1点を勝ち越すと、代わったロッテの2番手フランコから3番ヤン・ウィジのタイムリーで1点を追加した。NCは6回表に7番パク・チュニョンの本塁打で1点を追加した。ロッテの3番手カン・ユングは6回表途中から4番手チェ・ヨンファンに交代した。ロッテは6回裏にNCの2番手ウォン・ジョンヒョンから1番マチャドと2番キム・ジェユのタイムリーで2点を返した。

 ロッテの5番手ク・スンミンは7回表に追加点を与えなかった。ロッテは7回裏にNCの3番手キム・ジンソンから8番アン・ジュンヨルのタイムリー、マチャドの犠牲フライで6-4と逆転した。ロッテの6番手チェ・ジュニョンは8回表を無失点に抑えた。ロッテは8回裏にNCの4番手キム・ヨンギュからチャンスを作ると、代わったNCの5番手イム・チャンミンからアン・ジュンヨルへの押し出しの四球、さらに代わったNCの6番手キム・テヒョンから相手のエラーや暴投、マチャドのタイムリーで計5点を追加した。

 NCは9回表にロッテの7番手キム・デウからアルテールの2試合連続本塁打で3点を返したが、8位ロッテが勝利し引き分け1つを挟み4連勝となった。ロッテ打線ではマチャドが4打点、アン・ジュンヨルが3打点と活躍。6位NCは引き分け2つを挟んでの連勝が3で止まった。NC打線ではアルテールが3安打1本塁打4打点と活躍。

 

 

ハンファ 6-9 キア  (光州)

(勝)チョン・サンヒョン 1勝  (セーブ)チョン・ヘヨン 5勝4敗23S  (敗)ファン・ヨングク 2敗

 ハンファは1回表にキアの先発ハン・スンヒョクから4番ノ・シファンの内野ゴロの間に1点を先制し、6番キム・テヨンのタイムリーで1点を追加した。ハンファは2回表に1番チョン・ウヌォンの犠牲フライで1点、3回表に5番ぺレスのタイムリーで1点を追加した。キアの2番手コ・ヨンチャンは5回表まで追加点を与えなかった。キアは5回裏にハンファの先発カーペンターから4番ファン・デインのタイムリーなどで2点を返し、3番手イ・ジュニョンは6回表に追加点を与えなかった。キアは6回裏にハンファの2番手ユン・デギョンから2番キム・ソンビンの2点タイムリーで4-4の同点に追いついた。

 キアの4番手チョン・サンヒョンは7回表を無失点に抑えた。キアは7回裏にハンファの3番手ファン・ヨングクと4番手オ・ドンウクからチャンスを作ると、代わったハンファの5番手キム・ギタクから代打キム・ミンシクのタイムリー、途中出場の9番イ・ウソンの犠牲フライ、代わったハンファの6番手シン・ジョンナクからファン・デインのタイムリーで計5点を勝ち越した。ハンファは8回表にキアの5番手ソ・ドグォンからチョン・ウヌォンのタイムリーで2点を返した。キアの6番手チャン・ヒョンシクは無失点に抑えた。

 ハンファの7番手ユン・サンフムは8回裏に追加点を与えなかった。キアの7番手チョン・ヘヨンは9回表を無失点に抑え、9位キアが勝利した。キア打線ではファン・デインが3安打3打点、1番チェ・ウォンジュンが3安打と活躍。最下位ハンファではリリーフが機能しなかった。ハンファ打線ではチョン・ウヌォンが3打点と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(10月3日時点)

            試合   勝   敗   分   勝率

1.KT     123  69  48  6      .590

2.LG     118  63  49  6   .563

3.サムソン   126  66  52  8   .559

4.トゥサン   120  60  55  5   .522

5.キウム    125  60  59  6   .504

6.NC     120  56  58  6   .491

6.SSG    125  56  58  11  .491

8.ロッテ       124    57     62    5      .479

9.キア        119    46     66       7      .411

10.ハンファ     126     45       71     10     .388

 

 (文責 : ふるりん